出走表詳細 松戸G1 レース情報

2019年05月03日の開催レース情報一覧へもどる

松戸競輪 日本選手権競輪

  • LIVE映像
  • 発売
    終了

8R 出走表詳細(05月03日 4日目)

ダイジェスト映像

予想担当記者
赤競 本吉 慶司
情報提供
赤競

援軍充実

S級

発走予定
14:30
投票締切
14:25






選手名
府県/年齢/期別


ギヤ
倍数
直近4ヶ月の成績
競走得点 S B 1
2
3


2連
対率
3連
対率
10 1 1 近藤 隆司
千 葉/35/90
S1 3.92 108.24 0 6 1 7 1 0 8 1 4 12 32.0 36.0 52.0
× 12 2 2 井上 昌己
長 崎/39/86
S1 3.92 109.56 1 2 1 3 4 1 6 3 2 14 24.0 36.0 44.0
13 3 3 岡村 潤
静 岡/37/86
S1 3.92 109.64 4 0 0 0 7 2 3 6 4 12 12.0 36.0 52.0
13 4 4 池田 憲昭
香 川/37/90
S1 3.92 107.50 1 0 0 3 3 2 6 2 2 18 21.4 28.5 35.7
16 5 成清 貴之
千 葉/45/73
S1 3.92 108.72 0 0 0 0 3 3 3 3 5 11 13.6 27.2 50.0
16 5 6 永澤 剛
青 森/33/91
S1 3.92 105.40 1 0 0 1 2 1 3 1 5 18 11.1 14.8 33.3
11 7 山中 秀将
千 葉/32/95
S1 3.92 118.33 0 1 0 1 0 0 0 1 1 1 0.0 33.3 66.6
12 6 8 小嶋 敬二
石 川/49/74
S1 3.92 106.25 2 4 2 5 1 0 4 4 0 13 19.0 38.0 38.0
11 9 坂本 貴史
青 森/30/94
S1 3.92 107.53 0 4 2 7 2 0 4 7 2 13 15.3 42.3 50.0
並び予想
1逃げ 7追込 5追込 3追込 2まくり 4追込 9まくり 6追込 8まくり

※各項目トップの数値は赤字で表示されます。

レース評

前後充実の山中が、近藤を目標に差し切る。成清-岡村が後位を固めて強力カルテットを形成。混戦なら井上の台頭も。

天候 晴/風速 1.5m




選手名 着差 上り 決ま
り手
S

B
勝敗因
× 1 2 井上 昌己 9.4 小嶋使い捲
2 4 池田 憲昭 1車輪 9.3 井上に続き
3 7 山中 秀将 3車身 9.5 競られ斬も
4 5 成清 貴之 1車身 9.4 山中に続き
5 3 岡村 潤 1/2車身 9.3 大勢のまま
6 9 坂本 貴史 2車身 9.4 内粘り失敗
7 6 永澤 剛 1車身 9.4 坂本と共倒
8 8 小嶋 敬二 微差 10.2 SB 裸逃捲られ
9 1 近藤 隆司 4車身 9.6 叩れ捨られ

レースダイジェスト映像

ダイジェスト映像を見る
2

2=4
920円(4)
2

2=4
1,150円(3)
3

2=4=7
2,450円(5)


2=4
700円(8)
2=7
470円(4)
4=7
840円(9)
2-4
1,360円(4)
2-4
1,570円(3)
2-4-7
7,410円(15)

戦い終わって

戦い終わって写真

 近藤隆司が押さえて出ると、前受けの坂本貴史が番手で粘り南関ラインの分断を図る。近藤後位が併走になり赤板を迎える。先行態勢の近藤がペースを落としたところを、単騎の小嶋敬二が1センター過ぎにカマす。小嶋に井上昌己ラインが続いて、山中秀将が4番手に切り替える。腹を固めて駆ける小嶋を絶好の展開が巡った井上が、番手からまくる。池田憲昭が流れ込んでラインでワンツーを決めた。
 「自分が小嶋さんの位置でも(仕掛けて)行くんで、小嶋さんは行くって思った。あとは付いていって番手まくりですからね。冷静にできた」
 池田憲昭は、井上を1輪差まで詰めたところがゴール。
 「小嶋さんが行かなくても、(井上)昌己さんが行ってたと思う。昌己さんは同じタイミングで踏み込んでましたから。自分はいっぱいです。むちゃくちゃ、昌己さんが強い。余裕があったみたいで、踏み直された」
 「本当は後ろから押さえて行きたかった。それで突っ張れるならと…」との、坂本貴史。前受けからの南関分断策も、山中の切り替えで後方に置かれた。
 「前を取って引いても近藤さんのペースだし。それで井上さんと(中団)併走に勝ったとしても、(南関勢が)番手まくりになると思った。ただ、あんだけ(近藤が)流したら、絶対にカマすだろうとは思った」

ページの先頭へ戻る