出走表詳細 名古屋G1 レース情報

2019年08月17日の開催レース情報一覧へもどる

名古屋競輪 オールスター競輪

  • LIVE映像
  • 発売
    終了

5R 出走表詳細(08月17日 4日目)

ダイジェスト映像

予想担当記者
赤競 小山 裕哉
情報提供
競輪情報協会

南関作戦

S級

発走予定
12:22
投票締切
12:17
勝ち上がり条件
1~3着は優秀、4~6着は特選、以下は選抜

【誘導員】山内 卓也







選手名
府県/年齢/期別


ギヤ
倍数
直近4ヶ月の成績
競走得点 S B 1
2
3


2連
対率
3連
対率
× 12 1 1 南 修二
大 阪/37/88
S1 3.93 112.59 1 1 0 4 5 2 7 4 4 8 30.4 47.8 65.2
12 2 2 岩本 俊介
千 葉/35/94
S1 3.93 108.82 1 10 4 6 0 0 5 5 2 11 21.7 43.4 52.1
13 3 3 松岡 貴久
熊 本/35/90
S1 3.92 110.93 2 0 0 1 7 0 5 3 5 18 16.1 25.8 41.9
9 4 4 野口 裕史
千 葉/36/111
S2 3.93 106.86 0 16 8 4 0 0 11 1 2 9 47.8 52.1 60.8
15 4 5 山口 富生
岐 阜/49/68
S1 3.92 109.15 1 0 0 0 5 2 1 6 5 14 3.8 26.9 46.1
10 5 6 河端 朋之
岡 山/34/95
S1 3.93 104.50 0 2 0 0 0 0 0 0 0 4 0.0 0.0 0.0
12 5 7 稲垣 裕之
京 都/42/86
S1 3.92 110.44 3 4 0 2 6 0 7 1 5 13 26.9 30.7 50.0
17 6 8 芦澤 大輔
茨 城/37/90
S1 3.92 105.11 2 1 0 1 4 1 3 3 1 19 11.5 23.0 26.9
12 6 9 桐山 敬太郎
神奈川/37/88
S1 3.92 109.30 0 5 0 3 2 3 3 5 2 13 13.0 34.7 43.4
並び予想
6まくり 3追込 7まくり 1追込 5追込 8追上 4逃げ 2追込 9追込

※各項目トップの数値は赤字で表示されます。

レース評

野口は初G1で内容を求め先行に迷いなく、タテ型の岩本-桐山で抜け出す。経験値豊富な稲垣-南の近畿勢が第2勢力。

天候 晴/風速 0.5m




選手名 着差 上り 決ま
り手
S

B
勝敗因
1 2 岩本 俊介 11.0 B B前番手捲
2 9 桐山 敬太郎 1/2車身 10.9 岩本を巧追
3 7 稲垣 裕之 3/4車身 10.9 中団取動ず
× 4 1 南 修二 1/2車身 10.8 稲垣に続き
5 5 山口 富生 1車身 10.7 芦澤割込れ
6 8 芦澤 大輔 1/2車輪 10.8 単騎で苦戦
7 3 松岡 貴久 3/4車身 10.5 河端と共倒
8 6 河端 朋之 3車身 11.0 車下げ後方
9 4 野口 裕史 大差 13.0 番手捲され

レースダイジェスト映像

ダイジェスト映像を見る
2

2=6
230円(1)
2

2=9
230円(1)
3

2=7=9
1,210円(5)


2=7
550円(8)
2=9
150円(1)
7=9
990円(17)
2-6
290円(1)
2-9
280円(1)
2-9-7
1,840円(5)

レース後記

レース後記写真

 車間を空けて発進の準備を整えた野口裕史が赤板でスパート。稲垣裕之は前受けからけん命に抵抗するも、飛び付けずに中団へ。最終2コーナーから、岩本俊介が渾身の番手まくりを放つと追走する桐山敬太郎の追撃も振り切った。
 「(野口に)しびれました。先輩(年上の意味)なのにあそこまでやってくれて。僕は普段やる側だけど、あそこまではなかなかできない。苦しい中、2コーナーで『行けっ!』って感じで。ホントに涙が出そうなくらい。後ろもあれだけ強いキリさん(桐山)が固めてくれた。今日はラインのおかげです」
 桐山敬太郎も野口の逃げっぷりに賛辞を贈る。
 「面白いの(野口)が出てきましたね。飛び付かれないように駆けてくれた。走る前に岩本が「粘られたらどうしよう」って感じで言ってきたので、『そんな弱い気持ちなら、俺が番手を回る!』と喝を入れて。稲垣さんも飛び付いてきたけど、俺の横はスルーでしたね(笑)。最後は抜きたかったけど、岩本の踏み直しが凄かった。あれを抜くには、まくり気味に仕掛けるしかない。でも、優秀まで進めたし、調子の良い3人で連係して結果を出せたので良かった」

ページの先頭へ戻る