シリーズ展望/記者の推しメン 前橋 F1 レース情報

2021年02月23日の開催レース情報一覧へもどる

前橋競輪 報知新聞社杯

  • LIVE映像
  • 発売
    終了

シリーズ展望・記者の推しメン

2021年02月08日時点の記事です。

前橋競輪場F1シリーズ

大石剣が押し切る!!

大石 剣士

 全日本選抜の裏開催で傑出者は不在。ここは大石剣士、近藤保らの南関勢を重視したい。大石はS級での優勝こそまだ1回だけながら、G戦でも勝ち星を重ねている南関期待の次世代レーサー。直近の1月小倉でも11着で勝ち上がったように安定して力を発揮している。短走路の今回も、何度も踏み直せる持ち前の先行パワーを存分に発揮しよう。近藤保も1月立川記念で決勝に乗るなどしぶといレース運びが光る。大石の番手なら初優勝(ブロックセブンを除く)のチャンス到来で力が入る。ただ、近藤隆司が勝ち上がってくれば、大石の番手は近藤隆だろう。こちらも2年近く優勝からは遠ざかっており、勝って巻き返しの一歩としたいところ。
 雨谷一樹らの関東勢が黙っていない。しっかり位置を取っての自力戦が板に付いた雨谷も昨年V2。前橋の開催だけに関東勢は層が厚い。勝ち上がったメンバー次第で出方は変わってくるが、勝ちパターンに持ち込めれば南関勢を一蹴することも。
 まくり一辺倒ながら、中井太祐も一発あっていい選手。1月豊橋記念でも2連対と存在感を示していた。渡部幸訓が軸の北勢や、完調なら川口公太朗もV戦線を賑わす。

ページの先頭へ戻る