シリーズ展望/記者の推しメン 宇都宮 G3 レース情報

2023年05月18日の開催レース情報一覧へもどる

宇都宮競輪 ワンダーランドカップ

  • LIVE映像
  • 発売
    終了

シリーズ展望・記者の推しメン

2023年05月17日時点の記事です。

宇都宮競輪場 ワンダーランドカップ

 宇都宮競輪GⅢ「開設74周年記念 宇都宮ワンダーランドカップ争奪戦」が18~21日の日程で開催される。参戦予定だった平原康多は武雄GⅢでの落車の傷が癒えず残念ながら欠場。S級S班は新山響平、佐藤慎太郎、松浦悠士と3人の参戦。地元はレジェンド神山雄一郎、神山拓弥、長島大介、眞杉匠、坂井洋、中川貴徳、橋本瑠偉の7選手が参戦。地元の牙城を守りたいところだ

新山響ー佐藤慎太郎はダービー優出の2人

新山 響平
佐藤 慎太郎
松浦 悠士

 新山響平は平塚競輪場で開催された日本選手権競輪GⅠで決勝に進出。決勝は犬伏湧也の先行策、そして清水裕友の番手まくりの前に6着に終わってしまったが、前半戦の不振を払拭するのには十分な走り。包囲網があるなかでも「先行」で勝負する気持ちも戻ってきた。
 佐藤慎太郎も日本選手権競輪G1の決勝に進んだ。準決は新山の突っ張り先行をマーク。そして差し込み1着で突破。決勝も新山をマークから、最後はコースを探して3着に突っ込み健在の走りを披露。賞金アップに成功させ、S級S班にグッと近づいた。優勝こそないものの存在感は十分。今回も新山との連係からズバッと差し脚を伸ばしたい。
 松浦悠士は4月の武雄記念競輪GⅢの準決で落車。日本選手権に間に合うかが心配されたが、急止上がりであっただろうが出場にこぎつけた。結果は二次予選敗退。そしてシリーズ未勝利に終わってしまったが、この一走で必ず変わるはず。今が底の状態なら上向くしかない。クレバーな走りでシリーズを盛り上げる。

ページの先頭へ戻る