シリーズ展望/記者の推しメン 和歌山 F1 レース情報

2020年09月22日の開催レース情報一覧へもどる

和歌山競輪 WBS和歌山放送杯

  • LIVE映像
  • 発売
    終了

シリーズ展望・記者の推しメン

2020年09月12日時点の記事です。

和歌山競輪場F1シリーズ

地元Vは譲れぬ椎木尾拓

椎木尾 拓哉

 地元の椎木尾拓哉が主役を務める。最近の椎木尾はまくり兼備の差し脚が冴え渡っている。7月富山記念1422着、8月函館G3は6115着、同月松阪122着、そして9月豊橋では完全Vを飾った。同期生の山田久徳をはじめとして藤井栄二、福永大智ら近畿の機動型もそろっているのも椎木尾には追い風だ。山田も調子は良好。7月富山で211着と今年初Vを達成すると、8月松戸記念では1616着と決勝に進出。準決ではSS班の清水裕を撃破している。積極的な藤井は持ち味の自力攻撃に磨きがかかった印象だ。7月福井で3連勝すると、同月富山記念、8月松戸記念は共に予選を22着で準決に駒を進めている。椎木尾とは富山の初日にワンツーを決めている。
 パワー溢れる根田空史も有力な優勝候補。最近の動きも良好で、8月弥彦211着、9月伊東212着と機動力を遺憾なく発揮している。しっかりしたラインが形成されれば主導権を握って押し切りもありうる。

ページの先頭へ戻る