シリーズ展望/記者の推しメン 松山 F1 レース情報

2020年06月22日の開催レース情報一覧へもどる

松山競輪 ジャパンカップスポニチ杯争奪戦

  • LIVE映像
  • 発売
    終了

シリーズ展望・記者の推しメン

2020年06月14日時点の記事です。

松山競輪場F1シリーズ

自力攻撃冴え渡る島川将

島川 将貴

 「地区内あっせん」のため中国、四国、九州勢によるV争い。
 ランクはS2班の島川将貴だが、自力攻撃の破壊力は今節一番だ。全プロ記念の初日は坂井洋の逃げを上がり10秒8の快速まくりで仕留めると、6月久留米記念では1612着と3連対。先行とまくりを使い分けて力強い走りを披露している。このメンバーなら今年初Vのチャンスと見て中心視した。北村信明も6月久留米記念1463着の伸びは悪くなかった。徳島ワンツーは十分だろう。
 実力者の大塚健一郎からいく手もある。2カ月実戦から離れたが、5月別府161着、6月武雄211着と連がらみが多く動きに問題はない。5月別府で予選、最終日と連係した山田庸平と一緒だが、山田は別府の最終日に落車していて体調には一抹の不安が残る。九州勢では北津留翼、大坪功一の福岡勢も侮れない勢力だ。
 先手を取れないと脆い面がある竹内翼だが、主導権を握るとしぶとく粘る。久留米記念最終日の落車が影響なければ一発怖い。

ページの先頭へ戻る