シリーズ展望/記者の推しメン 小倉 F1 レース情報

2020年12月02日の開催レース情報一覧へもどる

小倉競輪 西日本スポーツ杯

  • LIVE映像
  • 発売
    終了

シリーズ展望・記者の推しメン

2020年11月18日時点の記事です。

小倉競輪場ナイター

復調著しい宮本隼

宮本 隼輔

 好調な機動型が数多く参戦するシリーズ。ドームの高速バンクでスピードバトルが繰り広げられる。主役の座に最も近いのは宮本隼輔か。10月久留米F1は今年2度目のV。続く11月地元の防府記念は3連勝で勝ち上がった。今年の中盤にリズムを崩したが、ここに来て急復調している。年末に控えるヤンググランプリに向けて、優勝して弾みをつける。久保田泰弘は今期に入って、競走得点が急上昇中だ。10月久留米F1は3日間、宮本の番手を回ってすべてワンツー。今シリーズも宮本をしっかり援護してマッチレースに持ち込む。
 松本貴治は10月熊本記念in久留米で決勝3着と好走。続く同月の寬仁親王牌でも2勝を挙げるなど破壊力抜群の攻めを見せている。高原仁志は差し脚好調。11月名古屋F1では3年ぶりの優勝を飾った。松本と連係できそうな今シリーズもチャンスだ。
 九州勢は上田尭弥がラインをけん引する。10月高松では待望のS級初優勝を飾るなど着実にパワーアップしている。底力ある荒井崇博が上田を目標に勝機を見出す。
 小原太樹や坂本貴史ら東日本の遠征勢も軽視できない。

ページの先頭へ戻る