ワンダーランドカップ

グレードレース

 開設69周年記念「宇都宮ワンダーランドカップ争奪戦」が、6月28日~7月1日の日程で開催される。平原康多、武田豊樹、桑原大志のS班3名を筆頭に、地元の神山雄一郎や神山拓弥、古性優作、中川誠一郎ら豪華メンバーが参戦。長走路を舞台に白熱した戦いが繰り広げられる。また、最終日の6レースではブフリらが出走する「ケイリンエボリューション」が行われる。

ワンダーランドカップ過去開催

開催年 レース名称 優勝者
2018年 ワンダーランドカップ 中川 誠一郎
2017年 被災地支援ワンダーランドカップ 北津留 翼
2016年 被災地支援競輪 開設67周年記念宇都宮競輪 園田 匠
2015年 宇都宮ワンダーランドカップ 佐藤 慎太郎
バンクの特徴  バック側とホーム側が反転した新バンクで大幅な変更点が4つ。見なし直線が約5メートル短くなり2角の金網越しにオーロラビジョンが設置され先行選手はビジョンを見ながら駆けられ、追い込み有利は過去の話。新素材のウォークトップを塗り、軽くなったと評判。バック側の建造物が撤去されて風向きが変わった。
バンクデータ

方角

周長 500m

見なし直線距離 63.3m
センター部路面傾斜 25゜47´44″
直線部路面傾斜 2゜51´44″
ホーム幅員 10.3m
バック幅員 11.3m
センター幅員 8.3m

最高上がりタイム:13.10秒 中川 誠一郎 2018/06/28

ワンダーランドカップ発売情報

レースプログラム

初日(2018年06月28日)

1R 2R 3R 4R 5R 6R 7R 8R 9R 10R 11R 12R
S級
結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果
映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像

2日目(2018年06月29日)

1R 2R 3R 4R 5R 6R 7R 8R 9R 10R 11R 12R
S級
結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果
映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像

3日目(2018年06月30日)

1R 2R 3R 4R 5R 6R 7R 8R 9R 10R 11R 12R
S級
結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果
映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像

最終日(2018年07月01日)

1R 2R 3R 4R 5R 6R 7R 8R 9R 10R 11R 12R
S級 Kエボリューション S級
結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果
映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像

あっせん情報

S級12R4日制

SS 地区 選手名 府県 選手名 府県 選手名 府県
関東 武田 豊樹 88 茨城 平原 康多 87 埼玉
中国 桑原 大志 80 山口
S1 地区 選手名 府県 選手名 府県 選手名 府県
北日本 佐藤 博紀 96 岩手 竹内 智彦 84 宮城 大槻 寛徳 85 宮城
早坂 秀悟 90 宮城 守沢 太志 96 秋田 佐々木 雄一 83 福島
小野 大介 91 福島 小松崎 大地 99 福島
関東 神山 雄一郎 61 栃木 神山 拓弥 91 栃木 長島 大介 96 栃木
金子 幸央 101 栃木 阿部 大樹 94 埼玉
南関東 江守 昇 73 千葉 根田 空史 94 千葉 武田 憲祐 93 神奈川
小原 太樹 95 神奈川 東 龍之介 96 神奈川
中部 伊藤 正樹 71 愛知 笠松 信幸 84 愛知 竹内 雄作 99 岐阜
坂口 晃輔 95 三重
近畿 川村 晃司 85 京都 畑段 嵐士 105 京都 椎木尾 拓哉 93 和歌山
古性 優作 100 大阪
中国 三宅 達也 79 岡山 松浦 悠士 98 広島
四国 池田 憲昭 90 香川 戸田 康平 101 香川
九州 山田 庸平 94 佐賀 中川 誠一郎 85 熊本 松川 高大 94 熊本
S2 地区 選手名 府県 選手名 府県 選手名 府県
北日本 開坂 秀明 79 青森 阿部 秀樹 89 青森 坂本 周作 105 青森
紺野 哲也 69 宮城 松沢 敬輔 97 宮城 有坂 直樹 64 秋田
谷津田 将吾 83 福島 真船 圭一郎 94 福島 伊藤 勝太 95 福島
相笠 翔太 96 福島 中田 雄喜 97 福島
関東 関 貴之 93 茨城 杉本 正隆 96 茨城 小林 申太 101 茨城
伊早坂 駿一 105 茨城 小坂 敏之 74 栃木 真崎 新太郎 85 栃木
今泉 薫 89 群馬 尾崎 剛 79 埼玉 台 和紀 83 埼玉
柿沼 信也 91 埼玉 岸沢 賢太 91 埼玉 岡 光良 94 埼玉
土屋 壮登 101 埼玉 小宮 剛 82 東京 内田 英介 91 東京
藤原 憲征 85 新潟
南関東 藤田 大輔 91 千葉 岩本 俊介 94 千葉 斎藤 宗徳 100 千葉
大関 祐也 107 千葉 川口 直人 84 神奈川 近藤 俊明 87 神奈川
川崎 健次 88 神奈川 上野 真吾 93 神奈川 巴 直也 101 神奈川
海野 敦男 69 静岡 田中 孝彦 91 静岡 伊藤 拓人 94 静岡
渡邉 豪大 107 静岡
中部 島野 浩司 62 愛知 田中 雅史 79 愛知 佐藤 亙 85 愛知
愛敬 博之 94 愛知 浜口 高彰 59 岐阜 谷田 泰平 93 岐阜
山田 祥明 97 岐阜 神田 龍 105 三重 大庭 正紀 70 富山
岡崎 景介 87 石川
近畿 伊原 弘幸 90 福井 鷲田 幸司 92 福井 南 潤 111 和歌山
肥後 尚己 83 大阪 神田 絋輔 100 大阪 岸川 哲也 105 大阪
筒井 裕哉 89 兵庫 角 令央奈 98 兵庫 藤井 栄二 99 兵庫
中国 近藤 修康 67 岡山 月森 亮輔 101 岡山 吉本 哲郎 84 広島
大瀬戸 潤一郎 95 広島
四国 福島 武士 96 香川 藤原 浩 87 高知 林 成人 73 愛媛
佐々木 豪 109 愛媛
九州 野田 源一 81 福岡 西田 大志 98 福岡 牧 剛央 80 大分
大西 貴晃 101 大分 中村 圭志 86 熊本

KEIRIN EVOLUTION

S1 地区 選手名 府県 選手名 府県 選手名 府県
南関東 岡村 潤 86 静岡
中部 川口 聖二 103 岐阜 小嶋 敬二 74 石川
S2 地区 選手名 府県 選手名 府県 選手名 府県
北日本 佐藤 一伸 94 福島
関東 吉田 裕全 90 埼玉
中国 大川 龍二 91 広島
外国 マティエス ブフリ 999 外国

※6月28日現在に取得した情報となります。閲覧時の正確な情報と異なっている可能性がございますのでご了承ください。

レース展望・推奨選手

2018年6月26日時点の記事です。

開設69周年記念 宇都宮ワンダーランドカップ

 開設69周年記念「宇都宮ワンダーランドカップ争奪戦」が、6月28日~7月1日の日程で開催される。平原康多、武田豊樹、桑原大志のS班3名を筆頭に、地元の神山雄一郎や神山拓弥、古性優作、中川誠一郎ら豪華メンバーが参戦。長走路を舞台に白熱した戦いが繰り広げられる。また、最終日の6レースではブフリらが出走する「ケイリンエボリューション」が行われる。

地元関東勢がV戦線リード

平原 康多
武田 豊樹
中川 誠一郎

 最強のオールラウンダー・平原康多がシリーズをリードする。3月名古屋記念の落車で一頓挫あったが、続くウィナーズカップを2722着。「決勝までに修正できたけど、3日目まで自転車と体がマッチングしてなかった」と話すが、高い修正能力で決勝は武田豊樹とワンツーを決めた。さらに、近況は怪我も癒えて状態上向き。5月京王閣記念は関東の結束力を見せ付ける完全V。全プロ記念でも、SPR賞を吉澤純の番手から見事に制覇。再び軌道に乗り出している。当所でも上手さと強さでライバルを圧倒する。ウィナーズカップを制した武田は、あっ旋をしない処置でダービーを不参加。1カ月間を練習に充てた。「体力トレーニング、持久トレーニングに重点を置いてやった。(内容が)合っているか間違っているかは、これから結果が出る」。久しぶりのレースとなった函館記念は5364着も、高松宮記念杯、そして当所で成果が出てくるはずだ。盟友の平原の番手から、再び好機をつかむ。輪界のレジェンド神山雄一郎や神山拓弥、長島大介ら現状で考えられる最高の面子をそろえた地元勢も、地の利を生かした走りで勝ち上がりVを狙う。
 対抗するのは古性優作だ。今や近畿を背負う機動型にまで成長を遂げている。全日本では2度目のG1優出に成功。続く静岡記念は平原を撃破してVと、S班にも引けを取らない。全プロ記念でもSPR賞に勝ち上がり、変わらぬ俊敏な動きを見せた。当所でも縦横無尽に暴れ回る。南潤にも注目だ。初の記念参戦となった地元・和歌山記念でいきなり優出。さらに、4月函館G3は、後位のもつれを尻目に堂々の逃げ切り。デビュー後、最速のG3優勝記録を更新と、ファンの注目を一気に集めた。他にも椎木尾拓哉、川村晃司と近畿は戦力が充実している。
 中川誠一郎も怖い。追い込みに転身を図るが、目標不在なら迷わず自分で動いている。5月名古屋記念の決勝では、単騎でまくって準V。全プロ記念の2走目でもまくり追い込みで白星と、まだまだ自慢のスピードは健在だ。さらに、今シリーズは松川高大の番手を回れるようならチャンスが拡大する。
 竹内雄作は、6月函館で今年初の記念優出。準決は木暮安、郡司浩を完封する逃げ切り。復活を予感させる先行策を見せてくれた。坂口晃輔、笠松信幸らを引き連れて上位独占を狙う。
 S班・桑原大志は、ダービー後の度重なるトラブルで全プロ記念は99着。しかし、直前に宮杯があるだけに、状態を上げてくるだろう。松浦悠士は、函館記念の最終日に三谷竜―村上義を撃破。「状態は良い」と心技体が整っている。持ち前の変幻自在な走りで強敵撃破も十分。
 岩本俊介、根田空史の千葉勢や、早坂秀悟、小松崎大地の機動型を擁する北日本勢も虎視眈々と逆転を目論む。

開設69周年記念 宇都宮ワンダーランドカップ

真崎 新太郎【栃木/85期/S2】

真崎 新太郎

 4月函館G3では2日目に4番手から伸びるなど、日毎に状態を上げて2234着。続く広島でも、目標の菅田壱に付け切って優出と上昇気流に乗りつつある。気合の入る地元戦でも、結果を残すか。

野田 源一【福岡/81期/S2】

野田 源一

 2月松山では全日本の裏開催ながら完全V。その後は3月玉野記念での落車こそあったが、5月小倉を113着や、続く取手G3を3711着と再びリズムを取り戻している。上位戦でも侮れない存在だ。

佐々木 豪【愛媛/109期/S2】

佐々木 豪

 今年から初のS級戦も、コンスタントに決勝進出。5月名古屋記念では、2度目の記念参戦で4125着と存在を一層アピールした。若手台頭が目立つ中四国の一翼を担う存在。今シリーズも暴れる回る。

選手インタビュー

2018年6月15日時点の記事です。

開設69周年記念 宇都宮ワンダーランドカップ

長島 大介【栃木/96期/S1】

長島 大介

 1、2月が全然で3月くらいから良くなってきた。それまでも練習はやってたんですけど、なんとなく体のリズムが悪かった。それがちょっとずつ動くようになってきた。地元記念は2回経験しているけど、去年は落車の怪我で出られなかった。今年は決勝に乗って、チャンスがあれば獲れるくらいの準備をしていたい。

金子 幸央【栃木/101期/S1】

金子 幸央

 今年は全日本選抜、ウィナーズカップ、ダービーと大きい大会で走って、得るものがたくさんある。力のなさを感じるけど、焦ってもしょうがない。毎走、毎走、振り絞って、課題をつぶしていくしかない。地元記念だから勝ちたい。でも、勝ちたい、勝ちたいって思うよりは、まずは力を出し切れるように。

新規会員登録

ロイヤルメンバーズサービス

エントリーはこちら

現在の払戻総額トップ

  • K3

    弥彦

    15370

K5

弥彦 ワイズスクウェア賞

  • 520

    0キャリー

Dokanto!発売中

川崎競輪桜花賞・海老澤清杯

  • 3589350

    3589350キャリー

  • 27926400

    27926400キャリー

ページの先頭へ戻る