Kドリームス サポート

閉じる

久留米競輪 シリーズ展望・記者の推しメン情報

F1 日本名輪会C第18回 戸上守杯

2018年08月20日~2018年08月22日 シリーズ展望・記者の推しメン情報

2018年8月11日時点の記事です。

日本名輪会C第18回 戸上守杯

スピード光る佐藤幸

佐藤 幸治
紫原 政文
高久保 雄介
佐方 良行

 オールスター直後の開催でトップクラスは不在。ならば佐藤幸治のスピードがものをいうとみて、佐藤を中心視した。6月四日市112着の決勝は、逃げ切ったブフリに上がり11秒1のまくりで詰め寄ると、続く同月函館では3連勝。決勝は目標の北津留翼が落車するアクシデントはあったが、避けて自力に転じると上がり11秒フラのまくりで前団を飲み込んだ。直近4カ月の連がらみは約9割がまくりによるものなので、全幅の信頼は寄せにくい面はあるものの、快速まくりは魅力的だ。地元の紫原政文は今期S1班に復帰した。7月弥彦記念では2728着と2連対を果たしている。意地で佐藤に続き九州ワンツーを決めるか。
 7月弥彦記念1444着の動きがよかった高久保雄介も好勝負が見込める。今年の優参2回はやや物足りない数字ながら、6月武雄から7月弥彦記念まで初日予選は4連勝している。高間悠平に、連対多い坂上樹大まで加勢ならラインも強固。好位確保してのまくりなら単も望める。
 中国勢は大ベテラン三宅伸の体調が気になる。三宅は5月川崎の決勝で落車し、8月川崎G3でようやく復帰したばかりだ。竹内翼は8月松戸記念1814着と2勝するなど好調キープ。竹内は積極さでは今節一番なので、三宅の体調に問題がないようなら侮れない勢力だ。

日本名輪会C第18回 戸上守杯

渡部 幸訓【福島/89期/S2】

 S級に復帰し、8月松戸記念では2492着と2連対。好位確保してのまくり、差しで善戦した。同格戦は連の対象から外せない。

伊早坂 駿一【茨城/105期/S2】

 最近は決勝に乗れていないが、7月大宮では191着と2勝を挙げている。ペースで駆けた時の末脚は強じんで、上位戦でも怖い。

にじいろ競輪TV

新規会員登録

ロイヤルメンバーズサービス

エントリーはこちら

現在の払戻総額トップ

  • K3

    西武園

    46420

K5

弥彦 スポーツニッポン賞・小橋正義杯

  • 60520

    0キャリー

Dokanto!発売中

高知競輪よさこい賞争覇戦

  • 12605850

    12125250キャリー

  • 998700

    851550キャリー

ページの先頭へ戻る