朝日新聞社杯競輪祭(G1) 2022年11月22日〜27日開催

リベンジ!金川光浩教授が
再び回収率対決!

開催4日目までの回収率対決でKR予想に勝利したら、金川さんを小倉競輪場にご招待(本気の競輪TV出演)!?
今開催は勝つのはどっちだ!?

金川 光浩

元競輪選手(56期)/ 競輪解説者

33年競輪選手として走り続けて得た知識をもとに競輪予想・解説をおこなう。愛称「教授」とも呼ばれている。

並び予想をグラフィカルに
独自の選手指標も登場

独自の指標「Kレーティング(ケイレーティング)TM」が登場しました。膨大なデータから出した独自指標と見せ方で、初心者の方にも競輪がわかりやすくなりました。

今回の特集は、小倉競輪「朝日新聞社杯競輪祭(G1)」のみとなります。

ライングラフィックの見方

連携強度やバック数、Kレーティング
がひと目でわかりやすい!

1
連携強度
同ラインの前の選手にどれだけついていけるかを表します。
先行選手が連対したときの番手としての成績から算出しています。
0~100の値をとり、50を超えている選手は連携能力が高いことがわかります。
2
前輪
バック数を表します。車輪の大きさが強さによって変わるので、選手の実力がひと目でわかります。
3
後輪
Kレーティングを表します。車輪の大きさが強さによって変わるので、選手の実力がひと目でわかります。
4
競り
競り(ライン内のポジション争い)が発生してい場合はバトルマークで表します。

着順がひと目でわかりやすい!

5
着順
着差も反映されたグラフィックで見ることができます。

Kレーティングとは?

『競技の結果』と『対戦相手との力の差』から、 1走毎にレーティングを計算し、
相対的な評価を算出するKドリームス独自の指標です。
レーティングの高い選手に勝った場合とレーティングの低い選手に勝った場合で評価を変更、さらにレース毎にレーティングを更新するため、選手の最新の実力が反映されます。

楽天Kドリームス独自指標
Kレーティング解説動画

競輪界のレジェンド
中野浩一さん解説動画