Kドリームス サポート

閉じる

富山競輪 シリーズ展望・記者の推しメン情報

F2 麻雀プロ競輪部×チャリ・ロト杯

2021年10月14日~2021年10月16日 シリーズ展望・記者の推しメン情報

2021年10月8日時点の記事です。

富山競輪場 麻雀プロ競輪部×チャリ・ロト杯

下井竜が圧倒!!

大谷 靖茂
鈴木 謙二
小原 唯志

 デビュー2年目、三重の下井竜が中心だ。中部連係で大谷靖茂が下井に加勢。対するは関東の小原唯志と鈴木謙二。

 39歳の大谷靖茂は積極策。前期S級でも風を斬っていた大谷が、下井竜の番手なら中部二段駆け。両者は7月松阪の決勝で連結を外していて、今回はキッチリ決めたい。ホーム戦の笹倉慎也も前期S級レーサー。伸びを欠いている近況だが、地元ファンの声援は熱い。7月富山の雪辱を期す。

 101期在校1位の小原唯志が今期降級。前期S級では自力でも勝ち星をあげていた実力者。当地富山は昨年7月S級シリーズで初日1着。ホームカマシが決まって後続6車身の圧勝だった。今期はまだ大きい着が多いものの、そろそろ本領発揮だ。

 東京の鈴木謙二は前期4回の優勝。現在は追い込み主体で捲りも少し。5月青森の優勝は下井竜と連係して直線で交わした。今シリーズの鈴木が任せるのは埼玉の山田雄大。下井竜と同期の山田は現在21歳で、今年4月に特別昇班。今期は準Vが2回で初優勝まであと一歩。戦法はカマシ捲り。

 北日本からは大崎和也が伸びて来る。今期2班の大崎だが、近況の3連対率は下井竜に次ぐ78%。

富山競輪場 麻雀プロ競輪部×チャリ・ロト杯

下井 竜【三重/117期/A2】

下井 竜

 26歳の下井竜は養成所順位こそ61位に甘んじたが、昨年末のレインボーカップ3着で特別昇班。今年5月名古屋でA級1・2班戦初Vを先行3連勝で達成した。その後は6月京王閣と8月佐世保で優勝。直近の勝率70%は今開催の断然トップだ。

新規会員登録

ロイヤルメンバーズサービス

エントリーはこちら

現在の払戻総額トップ

  • K3

    現在発売中のK3はありません

K5

取手 全日本選抜メモリアル・報知杯

  • 1627800

    1627800キャリー

Dokanto!発売中

松山競輪金亀杯争覇戦

  • 7875900

    7223100キャリー

  • 1262550

    828300キャリー

ページの先頭へ戻る