シリーズ展望/記者の推しメン 松戸 G3 レース情報

2021年08月21日の開催レース情報一覧へもどる

松戸競輪 燦燦ダイヤモンド滝澤正光杯

  • LIVE映像
  • 発売
    終了

シリーズ展望・記者の推しメン

2021年08月19日時点の記事です。

松戸競輪場 燦燦ダイヤモンド滝澤正光杯

 松戸競輪場 滝澤正光杯
燦燦ダイヤモンド滝澤正光杯が8月21日から24日で行われる。S班からは新田祐大、佐藤慎太郎、和田健太郎、松浦悠士の4名が参戦。S級一班からも吉田拓矢、諸橋愛、中川誠一郎などG1ファイナリスト級のメンバーが出場予定で激しいレースが予想される。

高速バンクで世界のスピードを発揮する新田祐大が中心

新田 祐大
佐藤 慎太郎

 今シリーズの目玉選手は何といっても新田祐大だろう。日の丸を背負って世界で闘ってきた精神力に加えて脚力は輪界トップクラス。自慢のスピードを生かしたい新田祐大とって当地のバンク特性はプラスになる。「世界の脚」で狙うのは完全優勝か。
 その新田を全面的にサポートするのは北の総帥である佐藤慎太郎。マーク屋としての高い技術はもちろん、決め脚やヨコの動き、そして何と言っても絶対的な安心感だ。新田祐大とタッグを組めば今シリーズ最強のラインと言っても過言ではないだろう。
 意地を見せたいのは地元の和田健太郎。今年は波に乗り切れていない感じだが今回は地元戦。一走入魂で上位争いは間違いない。更に根田空史や岩本俊介、野口裕史など破壊力のある自力選手がいて目標に困ることもなさそうだ。地元エースとして走りに注目したい。
 安定感一番は松浦悠士だろう。自力でも番手戦でも常に上位争いしている勝負強さは超一流。年頭から目標に掲げていたダービー王になるという目標を見事に達成し、改めて存在感を示した。位置取りがカギとなる33バンクだけに「ヨコ」解禁の総力戦で活路を開くか。

ページの先頭へ戻る