Kドリームス サポート

閉じる

青森競輪 シリーズ展望・記者の推しメン情報

2021年09月23日~2021年09月26日 シリーズ展望・記者の推しメン情報

2021年9月22日時点の記事です。

青森競輪場 みちのく記念 善知鳥杯争奪戦

 青森競輪場開設71周年記念「善知鳥杯争奪戦」が9月23日~26日の日程で開催される。直前に共同通信社杯が行われる為に、SSは不在となったが深谷知広や山田英明といった実力者が顔を揃える。ただ誰にでもVチャンスが巡ってきそうなので参加選手は誰もが目の色を変えてくる大激戦が繰り広げられよう。
 なお、最終日6Rではルーキーシリーズで好成績を収め選ばれた新人が出場するルーキーシリーズ+(プラス)が一発勝負で行われる。こちらも注目だ。

SS不在で、大混戦のG3!

深谷 知広
山田 英明
東口 善朋

 混戦の開催だが、近年はナショナルチームに所属し、パワーもスピードも更に磨きがかかった深谷知広の力量が一枚上か。とはいえ落車明けの不安がつきまとうのも確か。そこは直前の地元・静岡で優勝を成し遂げ勢いのある岡村潤がきっちりサポート。
 近況の実績から言えばG1の初日特選も走っている山田英明の力量が一歩リード。8月小松島ではF1戦とはいえ久々の優勝を飾り、ようやく目に見える形で結果を残し上昇ムード。積極的な上田尭弥やスピード十分な岩谷拓磨と言った後輩機動型に加え、井上昌己や合志正臣と精神的なサポートも受けられる先輩が揃うのも心強い。
 近畿勢からは捲りも兼備する好回転の差し脚を発揮する東口善朋が同県後輩の南潤との連係から鋭い突っ込みを狙う。
 吉田敏洋は今年1月の豊橋記念を制し8月平ASでも勝ち星を挙げ、8月富山では完全Vとまだまだ意気軒昂。援護役も山口泰生や柴崎俊光と揃う中部勢も十分に怖い。
 長欠後、復帰2戦目の8月川崎G3で復活のV、更に直前の西武園F1でもVを遂げた吉沢純平のカマシ捲りも走る度に磨きがかかり、当地で今期2度目のG3制覇は十分。心身共にサポートが期待できる武田豊樹との茨城師弟コンビも健在振りをアピールへ。
  これら別線勢を迎え撃つ北勢は地元の点数上位・永沢剛を中心に、スピード十分な坂本貴史、嵯峨昇喜郎、的確差しの佐藤和也や鋭さ抜群の佐々木雄一、鹿内翔とこちらも充実布陣。

青森競輪場 みちのく記念 善知鳥杯争奪戦

鹿内 翔【青森/95期/S2】

鹿内 翔

 8月頭の小田原で落車し松戸、弥彦と2戦。弥彦では敗者戦回りだったとはいえ最終日には、この人らしい鋭い突っ込みを見せての1着。更なる上積みが見込める今開催は地元記念だけに、気持ちも乗ってこよう。

隅田 洋介【栃木/107期/S2】

隅田 洋介

 昨年の6月青森・国際自転車トラック競技支援G3では長島大介の後方捲りに乗り最後は鋭い突っ込みで初のG3を奪取。長欠でリズムを欠いていたが復帰4戦目となり、験の良い青森で再度の一発を狙う。

競輪ルーキーシリーズ プラス

上杉 嘉槻【福井/119期/A2】

上杉 嘉槻

 1・2班昇班一発目の9月弥彦で完全V。続く西武園決勝では単騎でも7番手から豪快な捲りを決め2場所連続完全V。在所順位は26位だったが、デビュー後は更に磨きがかかるスピードを武器に今開催もVを狙う。

新規会員登録

ロイヤルメンバーズサービス

エントリーはこちら

現在の払戻総額トップ

  • K3

    大宮

    79120

K5

四日市 CTC杯 中日スポーツ賞

  • 336900

    283200キャリー

Dokanto!発売中

青森競輪坂本勉カップ争奪戦・サンスポ杯

  • 52414200

    52414200キャリー

  • 0

    0キャリー

ページの先頭へ戻る