出走表詳細 大宮G3 レース情報

2022年01月18日の開催レース情報一覧へもどる

大宮競輪 東日本発祥倉茂記念杯

  • LIVE映像
  • 発売
    終了

11R 出走表詳細(01月18日 最終日)

ダイジェスト映像

予想担当記者
アオケイ 長谷川 剛由
情報提供
アオケイ

将来大物

S級特秀

発走予定
15:34
投票締切
15:29
賞金
1着:337,000円、2着:274,000円、3着:234,000円、4着:214,000円、5着:203,000円、6着:193,000円、7着:184,000円、8着:175,000円、9着:167,000円

【誘導員】宿口 潤平 S2







選手名
府県/年齢/期別


ギヤ
倍数
直近4ヶ月の成績
競走得点 S B 1
2
3


2連
対率
3連
対率
4 1 1 犬伏 湧也
徳 島/26/119
S2 3.92 101.44 3 14 6 10 0 0 14 2 0 2 77.7 88.8 88.8
3 2 2 高久保 雄介
京 都/35/100
S1 3.92 105.50 4 8 2 4 3 3 7 5 5 7 29.1 50.0 70.8
× 3 3 3 伏見 俊昭
福 島/45/75
S2 3.92 109.31 1 0 0 1 8 1 7 3 1 11 31.8 45.4 50.0
4 4 4 北野 武史
石 川/49/78
S2 3.93 100.86 2 0 0 0 2 3 1 4 6 13 4.1 20.8 45.8
4 5 酒井 雄多
福 島/25/109
S2 3.92 103.04 0 15 7 3 1 0 4 7 1 14 15.3 42.3 46.1
5 5 6 佐藤 礼文
茨 城/30/115
S2 3.92 95.23 7 3 2 3 6 1 9 3 2 3 52.9 70.5 82.3
3 7 志智 俊夫
岐 阜/49/70
S1 3.92 104.90 3 0 0 0 2 2 0 4 3 13 0.0 20.0 35.0
4 6 8 石塚 孝幸
神奈川/41/89
S2 3.92 99.12 1 0 0 0 2 3 1 4 8 12 4.0 20.0 52.0
2 9 井上 昌己
長 崎/42/86
S1 3.92 112.95 2 0 0 0 10 2 7 5 3 5 35.0 60.0 75.0
並び予想
1先行 9追込 2押え先 7追込 4追込 6自在 5押え先 3追込 8追込

※各項目トップの数値は赤字で表示されます。

レース評

準決の犬伏は負けても強しのレース。自慢のスピードを存分に見せつけ3勝目だ。2日目にハコ3の井上が今度こそぴったり。

天候 晴/風速 4.0m




選手名 着差 上り 決ま
り手
S

B
勝敗因
1 2 高久保 雄介 14.7
2 6 佐藤 礼文 1車身 15.0
2 7 志智 俊夫 1車身 14.6
4 8 石塚 孝幸 1車身 14.9
5 4 北野 武史 1/4車輪 14.6
6 9 井上 昌己 1/4車輪 14.5
× 7 3 伏見 俊昭 1/8車輪 15.0
8 1 犬伏 湧也 1車身1/2 14.9 S
9 5 酒井 雄多 1車身1/2 15.5 B

レースダイジェスト映像

ダイジェスト映像を見る
2

2=5
2,660円(10)
2

2=6
4,260円(17)
2=7
2,060円(10)
3

2=6=7
11,660円(28)


2=6
1,760円(17)
2=7
980円(10)
6=7
1,780円(19)
2-5
8,410円(19)
2-6
14,770円(38)
2-7
3,930円(18)
2-6-7
72,210円(192)
2-7-6
41,680円(125)

戦い終わって

戦い終わって写真

 後攻めの酒井雄多が打鐘過ぎに斬ってペースを緩め、酒井ラインを追った単騎の佐藤礼文がホームで空いた内をスルスル行って番手の伏見俊昭をドカす。五番手の位置になった高久保雄介が最終バックから捲って一着。二着は高久保マークの志智俊夫、酒井の番手を奪った佐藤が同着。人気の犬伏湧也は後方から捲るも不発に終わった。
 一着の高久保は「作戦通りにいきました。ホームで犬伏君が来ると思ったけど、来なかったですね。自分のタイミングではなかったけど、犬伏君が来る前に踏まなきゃと思って仕掛けて、結果押し切れて良かった。初日はちょっと感じは良かったけど、2、3日目が良くなくて。でも、最終日はうまく決まって良かったです」。
 志智は「高久保君が強かったし、作戦通りにいきましたね。たぶん踏み出しでちょっと遅れたと思うけど、同着でも二着で良かった。ここの前に走ったピスト6は刺激にはなってるしプラスにはなってると思います」。
 佐藤は「いくつか考えてた作戦のうちの本線になりました。番手を取ってから余裕はあって、うまくやれば高久保さんを止められたんだろうけど、高久保さんが強かったということですね。S級戦を二場所走ったけど、A級と違って基本通りに走ってる感じがしましたね。次も記念開催なんで、上位の人達と走りながら力を付けていきたいと思ってます」。

ページの先頭へ戻る