出走表詳細 別府G2 レース情報

2023年03月18日の開催レース情報一覧へもどる

別府競輪 ウィナーズカップ

  • LIVE映像
  • 発売
    終了

7R 出走表詳細(03月18日 初日)

予想担当記者
アオケイ 本田 知己
情報提供
ダービー

別線互角

S級一次予選

発走予定
13:40
投票締切
13:35
勝ち上がり条件
1着〜4着は二次予選、5着〜9着は特一般へ

【誘導員】安東 宏高 S2







選手名
府県/年齢/期別


ギヤ
倍数
直近4ヶ月の成績
競走得点 S B 1
2
3


2連
対率
3連
対率
3 1 1 松岡 辰泰
熊 本/26/117
S1 3.92 107.26 1 4 1 4 3 1 5 4 1 13 21.7 39.1 43.4
3 2 2 高橋 晋也
福 島/28/115
S1 3.92 107.45 2 10 3 5 0 0 7 1 3 13 29.1 33.3 45.8
3 3 3 武田 豊樹
茨 城/49/88
S1 3.92 109.16 1 0 0 1 7 3 6 5 6 14 19.3 35.4 54.8
3 4 4 横山 尚則
茨 城/31/100
S1 3.92 104.50 1 0 0 0 6 1 5 2 5 9 23.8 33.3 57.1
× 3 5 小川 勇介
福 岡/38/90
S1 3.92 109.22 1 0 0 1 8 1 6 4 7 14 19.3 32.2 54.8
5 5 6 藤原 俊太郎
岡 山/26/111
S2 3.92 97.04 4 16 5 2 0 0 5 2 0 18 20.0 28.0 28.0
3 7 和田 圭
宮 城/37/92
S1 3.92 109.16 2 1 0 0 7 2 5 4 4 12 20.0 36.0 52.0
4 6 8 濱田 浩司
愛 媛/44/81
S1 3.92 103.95 9 0 0 0 5 1 3 3 4 13 13.0 26.0 43.4
2 9 渡邉 雄太
静 岡/28/105
S1 3.93 111.77 0 8 4 4 2 0 7 3 2 8 35.0 50.0 60.0
並び予想
1自在 5追込 2押え先 7追込 9押え先 3追込 4追込 6押え先 8追込

※各項目トップの数値は赤字で表示されます。

レース評

待ったなしで◎は渡辺だが前回落車。正直言って不安あり。よって松岡に乗る小川の抜け出しや、大駆け魅力の高橋の自力戦も

天候 曇/風速 1.5m




選手名 着差 上り 決ま
り手
S

B
勝敗因
1 3 武田 豊樹 12.1 内掬い伸び
2 4 横山 尚則 1車輪 12.0 前を巧追し
3 1 松岡 辰泰 1車輪 12.6 B 援護受逃残
3 7 和田 圭 1車輪 12.0 切替直伸び
× 5 5 小川 勇介 3/4車輪 12.4 外張り掬れ
6 9 渡邉 雄太 1/8車輪 12.3 捲り張られ
7 8 濱田 浩司 3/4車輪 12.0 S 目標被って
8 2 高橋 晋也 1車身 12.3 外併走不発
9 6 藤原 俊太郎 7車身 12.7 後方で被る

レースダイジェスト映像

ダイジェスト映像を見る
2

3=4
1,390円(7)
2

3=4
2,940円(11)
3

1=3=4
8,720円(39)
3=4=7
2,950円(19)


1=3
760円(16)
1=4
1,870円(25)
3=4
380円(8)
3=7
260円(4)
4=7
840円(18)
3-4
2,960円(14)
3-4
3,900円(17)
3-4-1
25,310円(138)
3-4-7
12,260円(83)

戦い終わって

戦い終わって写真

 3番手に入った渡邉雄太の捲りは止められるも武田豊樹が内を突いて抜け出す。「渡邉君は何通りも作戦を持っていて安心して任せていた。でもタイミングをずらされて、ずっと風を受けていたので捲り切れなかったのかな。渡邉君は格上だから外を伸び続けるかもと思ったが、自分が内を選ばないと後方から入って来られるかもと。やりがいのあるスポーツで1戦1戦結果を残すためにやっている。力を抜いて欲張り過ぎず、やるべき事を。納得して走れるように」。
 武田マークの横山尚則が2着。「渡邉君が持ち味を活かした作戦でと。思ったような展開にはならなかったが、武田さんの動きを見ながら。内へ行くのが見えて、自分も踏みたい所を行けた。バックで自分の所に降りられそうだったが、集中して凌げた。久々のビッグだが、焦りを抑えながら」。
 逃げた松岡辰泰と外を伸びた和田圭で3着同着。松岡は「切って切ってその上をと。仕掛けなきゃ後方のままだと思って、1回叩いて考えようと思った。前回の大垣が不甲斐なく気合を入れて来て結果を出せた。セッティングを少しいじって練習をひたすら。気持ちが入っていたのが良い方向に。ラインのお陰も。次からはもっと隙がなくなる。気持ちを抜かないように」。
 和田は「高橋晋也君とはコマ切れだから行ける所でと。藤原俊太郎君にすんなり駆けられないようタイミングをずらしたと思うが、結果的に立ち遅れてしまう形に。最後は無我夢中で分からず。自分なりに練習を変えている時期で、その対応に一生懸命。体にきつさはあるが、コンディションは悪くない」。

ページの先頭へ戻る