Kドリームス サポート

閉じる

ふるさとカップ

グレードレース

 弥彦競輪場開設70周年記念「ふるさとカップ」は、7月18日~21日の日程で開催される。今月からG3開催は7車立9レース制。「地区内あっせん」のため第一弾の小松島記念は中国、四国、九州勢のみ参戦したが、第2弾の今シリーズは北日本、関東、南関東勢によるV争い。東日本一色ながら平原康多、郡司浩平、佐藤慎太郎のS班3名をはじめとして吉田拓矢、渡邉一成らなかなかの好メンバー。地元勢は諸橋愛、鈴木庸之らが一丸となって強豪を迎え撃つ。

ふるさとカップ過去開催

開催年 レース名称 優勝者
2020年 ふるさとカップ 平原 康多
2019年 ふるさとカップ 諸橋 愛
2018年 ふるさとカップ 諸橋 愛
2017年 ふるさとカップ 諸橋 愛
2016年 被災地支援競輪開設66周年記念弥彦競輪 浅井 康太
バンクの特徴 ・直線が長く、捲りや追い込みが決まりやすい
・風が吹く時はバック向い風が多い
・直線は中バンクより少し内がよく伸びる
”風に特徴はなく逃げも捲りも決まるクセのないバンク。直線は普通の400より長く感じるね。コーナーはイエロー辺りを走ると伸びますよ。”
バンクデータ

方角

周長 400m

見なし直線距離 63.1m
センター部路面傾斜 32゜24´17″
直線部路面傾斜 2゜51´45″
ホーム幅員 10.1m
バック幅員 9.0m
センター幅員 7.3m

最高上がりタイム:10.60秒 山崎 芳仁 2010/06/15

ふるさとカップ発売情報

レースプログラム

初日(2020年07月18日)

1R 2R 3R 4R 5R 6R 7R 8R 9R
S級予選1 S級特選
結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果
映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像

2日目(2020年07月19日)

1R 2R 3R 4R 5R 6R 7R 8R 9R
S級予選2
結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果
映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像

3日目(2020年07月20日)

1R 2R 3R 4R 5R 6R 7R 8R 9R
S級選抜 S級特選 S級準決勝
結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果
映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像

最終日(2020年07月21日)

1R 2R 3R 4R 5R 6R 7R 8R 9R
S級一般 S級選抜 S級特選 S級決勝
結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果
映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像

あっせん情報

S級7車立て9R4日制

SS 地区 選手名 府県 選手名 府県 選手名 府県
北日本 佐藤 慎太郎 78 福島
関東 平原 康多 87 埼玉
南関東 郡司 浩平 99 神奈川
S1 地区 選手名 府県 選手名 府県 選手名 府県
北日本 大森 慶一 88 北海道 五日市 誠 89 青森 桜井 正孝 100 宮城
渡辺 一成 88 福島 小松崎 大地 99 福島
関東 河野 通孝 88 茨城 吉田 拓矢 107 茨城 金子 哲大 95 埼玉
森田 優弥 113 埼玉 柿沢 大貴 97 長野 諸橋 愛 79 新潟
藤原 憲征 85 新潟
南関東 海老根 恵太 86 千葉 鈴木 裕 92 千葉 根田 空史 94 千葉
大塚 玲 89 神奈川 堀内 俊介 107 神奈川 土屋 裕二 81 静岡
S2 地区 選手名 府県 選手名 府県 選手名 府県
北日本 開坂 秀明 79 青森 工藤 政志 84 青森 佐々木 省司 86 青森
坂本 周作 105 青森 荻原 尚人 89 宮城 早坂 秀悟 90 宮城
安部 貴之 92 宮城 山崎 将幸 92 宮城 太田 将成 113 宮城
鈴木 誠 84 福島 青森 伸也 87 福島 金沢 幸司 91 福島
渡辺 正光 95 福島 山本 恵介 100 福島
関東 木村 貴宏 80 茨城 松永 将 89 茨城 古川 尚耶 92 栃木
岡田 泰地 100 栃木 坂井 洋 115 栃木 金子 真也 69 群馬
三好 恵一郎 99 群馬 片折 亮太 92 埼玉 山田 義彦 92 埼玉
岡本 大嗣 88 東京 柴田 洋輔 92 東京 内田 玄希 94 東京
志村 太賀 90 山梨 末木 浩二 109 山梨 鈴木 庸之 92 新潟
南関東 岡本 英之 85 千葉 山本 健也 89 千葉 染谷 幸喜 111 千葉
三住 博昭 61 神奈川 川口 直人 84 神奈川 川崎 健次 88 神奈川
小菅 誠 90 神奈川 菅原 大也 107 神奈川 新田 康仁 74 静岡
望月 永悟 77 静岡 大塚 英伸 82 静岡 菅原 裕太 100 静岡
大石 剣士 109 静岡

※7月18日現在に取得した情報となります。閲覧時の正確な情報と異なっている可能性がございますのでご了承ください。

シリーズ展望・記者の推しメン

2020年7月9日時点の記事です。

開設70周年記念 ふるさとカップ

 弥彦競輪場開設70周年記念「ふるさとカップ」は、7月18日~21日の日程で開催される。今月からG3開催は7車立9レース制。「地区内あっせん」のため第一弾の小松島記念は中国、四国、九州勢のみ参戦したが、第2弾の今シリーズは北日本、関東、南関東勢によるV争い。東日本一色ながら平原康多、郡司浩平、佐藤慎太郎のS班3名をはじめとして吉田拓矢、渡邉一成らなかなかの好メンバー。地元勢は諸橋愛、鈴木庸之らが一丸となって強豪を迎え撃つ。

東日本一色のV争い

平原 康多
郡司 浩平
諸橋 愛

 東日本地区では初となる7車立9レース制の記念開催。初日、2日目の合計ポイント上位者21名が準決に進出するシステムで、小松島記念では合計7ポイントまで20名と6ポイント1名(6名のうち競走得点最上位者)が準決に駒を進めた。9車立に比べるとレースが単調でスピードレースが多かった印象だが、S班の松浦悠士、清水裕友はともに準決を1着でクリアしている。レース形態や概定番組が変わっても実力を素直に評価すべきだろう。
 S班の3名はさすがの走りを披露しているが、中でも平原康多は抜群の安定感を誇っている。全日本選抜は準V、高松宮記念杯では東日本準決1着で決勝進出。記念開催は1月大宮、3月松山で優勝している。今年の3連対率は76・4%。高いステージのレースばかり走っての数字だけに高く評価していいはずで、優勝に最も近いとみて中心視した。もちろん基本は自力勝負だが、6月取手記念の二次予選Aで前を任せた同県の森田優弥、同じく決勝で前を任せた吉田拓矢らと一緒なら番手戦も考えられる。この開催にかける思いが最も強いのは諸橋愛だろう。地元であるのは言うまでもないが、この大会は67、68、69周年と3連覇中。今シリーズは4連覇がかかるだけに並々ならぬ意欲で臨んでくるはず。高松宮記念杯は二次予選で上位進出の権利を逸したが、最終日特選で1勝。目標にしていた逃げた吉澤純が清水裕―橋本強にまくられると、3番手に切り替えて直線で突き抜けた差し脚は鋭かった。チャンスが巡ってくればものにできる状態にある。地元勢では鈴木庸之も調子は上向き。6月青森G3で4212着、続く同月川崎223着。腰のヘルニアの影響で10カ月近くも実戦から離れたが、徐々に機動力が戻ってきている。
 郡司浩平の躍動感も際立っている。仕掛けどころを逃がさない攻撃的な自力勝負は存在感抜群だし、結果も伴っている。3月玉野記念、6月取手記念の優勝を含み今年は31走して17勝。勝率は5割を上回っている。根田空史、鈴木裕、堀内俊介と今シリーズの南関勢は自力型がそろっているので、幅広い組み立てが可能だ。好連係を決めれば南関勢から優勝者が出てもおかしくない。
 もう一人のS班佐藤慎太郎は、ベテランならではの安定プレーを演じている。今年はまだ優勝には手が届いていないものの、全日本選抜、高松宮記念杯で優参するなど、決勝を外したのはウィナーズカップだけしかない。佐藤には同県の渡邉一成、小松崎大地の存在は心強い。低空飛行が続いていた渡邉は自慢の快速が甦ってきているし、小松崎は高松宮記念杯の東日本準決で先行するなど好気合を見せている。

開設70周年記念 ふるさとカップ

古川 尚耶【栃木/92期/S2】

古川 尚耶

 ここのところ成績安定していて、F1戦は5場所続けて決勝に乗っている。6月宇都宮記念では14着で準決に駒を進めており、連日の伸びは申し分なかった。一次予選、選抜クラスは連の対象から外せない。

大石 剣士【静岡/109期/S2】

大石 剣士

 6月西武園121着では待望のS級初優勝を達成。決勝は単騎だったが、先制した野口裕、芦澤大の3番手をキープすると、最終バックからまくって快勝した。約半年ぶりのGレースで気合も入る。

坂本 周作【青森/105期/S2】

坂本 周作

 3月別府では今年初Vをゲット。その後は予選での取りこぼしも散見するものの、準決での連がらみがあるようにやはり底力はある。仕掛けがツボにはまったときの一発には注意したい。

選手インタビュー

2020年7月7日時点の記事です。

開設70周年記念 ふるさとカップ

藤原 憲征【新潟/85期/S1】

藤原 憲征

 体調はいいし数値も上がってるけど、今はそれが自転車に伝わってない感じ。去年よりは良くないですね。去年の怪我を引きずってるかな。今年は新潟支部の若い子に頑張ってほしい。若手には準備して来いと言ってるし、僕はそれを盛り上げたいです。

鈴木 庸之【新潟/92期/S2】

鈴木 庸之

 去年の今頃はヘルニアで寝たきりの状態だったから感慨深いですね。コロナの自粛の間にだいぶ脚が戻って、5月ぐらいからいいかな。練習の脚が戻って、順調に来てるかなって感じ。去年出られなかったし、その分も決勝目指して頑張りたい。

チャージで楽天ポイント3%還元CP

新規会員登録

ロイヤルメンバーズサービス

エントリーはこちら

現在の払戻総額トップ

  • K3

    函館

    1120

K5

函館 五稜郭杯争奪戦

  • 4800

    0キャリー

Dokanto!発売中

函館競輪五稜郭杯争奪戦

  • 18482850

    18426900キャリー

  • 630900

    619950キャリー

ページの先頭へ戻る