Kドリームス サポート

閉じる

五稜郭杯争奪戦

グレードレース

 開設71周年函館記念「五稜郭杯争奪戦」が5月15日~18日の日程で開催される。直前のダービーにも出場していた松浦悠士、佐藤慎太郎、守澤太志のSS3名に諸橋愛、古性優作、高橋晋也、そして昨年の当地G3覇者の鈴木庸之ら全国のトップスターが集結してのシリーズ。4日間に渡り熱い戦いが繰り広げられる。

五稜郭杯争奪戦発売情報

函館競輪 五稜郭杯争奪戦 初日

1R 2R 3R 4R 5R 6R 7R 8R 9R 10R 11R 12R
S級選抜 S級二予選
出走表 出走表 出走表 出走表 出走表 出走表 出走表 出走表 出走表 出走表 出走表 出走表
オッズ オッズ オッズ オッズ オッズ オッズ オッズ オッズ オッズ オッズ オッズ オッズ
締切時間
10:45
締切時間
11:10
締切時間
11:35
締切時間
12:01
締切時間
12:28
締切時間
12:57
締切時間
13:26
締切時間
13:58
締切時間
14:32
締切時間
15:08
締切時間
15:45
締切時間
16:25

レース情報がありません。

レース情報がありません。

  • Dokanto!発売
  • モーニング
  • ナイター
  • ミッドナイト
  • ガールズ
バンクの特徴 ・特にクセはなく標準的な400バンク
・インが重くイエローラインの外が伸びる
・海が近いので風の影響を受けやすい
”結構、バックが追い風になる事が多いので、ホームくらいからカマせば風の勢いをもらえている印象。それに以前ほど重くはないと思う。”
バンクデータ

方角

周長 400m

見なし直線距離 51.3m
センター部路面傾斜 30゜36´51″
直線部路面傾斜 3゜26´1″
ホーム幅員 10.8m
バック幅員 9.8m
センター幅員 7.8m

最高上がりタイム:10.80秒 神山 雄一郎 1995/06/18

五稜郭杯争奪戦発売情報

レースプログラム

初日(2021年05月15日)

1R 2R 3R 4R 5R 6R 7R 8R 9R 10R 11R 12R
S級一予選 S級初特選
結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果
映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像

2日目(2021年05月16日)

1R 2R 3R 4R 5R 6R 7R 8R 9R 10R 11R 12R
S級選抜 S級二予選
出走表 出走表 出走表 出走表 出走表 出走表 出走表 出走表 出走表 出走表 出走表 出走表
締切時間
10:45
発走時間
10:50
締切時間
11:10
発走時間
11:15
締切時間
11:35
発走時間
11:40
締切時間
12:01
発走時間
12:06
締切時間
12:28
発走時間
12:33
締切時間
12:57
発走時間
13:02
締切時間
13:26
発走時間
13:31
締切時間
13:58
発走時間
14:03
締切時間
14:32
発走時間
14:37
締切時間
15:08
発走時間
15:13
締切時間
15:45
発走時間
15:50
締切時間
16:25
発走時間
16:30

あっせん情報

S級12レース(4日制)(9車立)

SS 地区 選手名 府県 選手名 府県 選手名 府県
北日本 守澤 太志 96 秋田 佐藤 慎太郎 78 福島
中国 松浦 悠士 98 広島
S1 地区 選手名 府県 選手名 府県 選手名 府県
北日本 菊地 圭尚 89 北海道 坂本 周作 105 青森 永澤 剛 91 青森
佐藤 博紀 96 岩手 高橋 晋也 115 福島 伏見 俊昭 75 福島
小松崎 大地 99 福島
関東 坂井 洋 115 栃木 神山 拓弥 91 栃木 金子 哲大 95 埼玉
志村 太賀 90 山梨
南関東 野口 裕史 111 千葉 伊勢崎 彰大 81 千葉 近藤 隆司 90 千葉
田中 晴基 90 千葉 松谷 秀幸 96 神奈川 渡邉 晴智 73 静岡
中部 谷口 遼平 103 三重 坂口 晃輔 95 三重
近畿 村上 義弘 73 京都 椎木尾 拓哉 93 和歌山 稲毛 健太 97 和歌山
古性 優作 100 大阪 稲川 翔 90 大阪
中国 柏野 智典 88 岡山
四国 松本 貴治 111 愛媛 橋本 強 89 愛媛
九州 園田 匠 87 福岡 松尾 信太郎 92 福岡 中本 匠栄 97 熊本
S2 地区 選手名 府県 選手名 府県 選手名 府県
北日本 野木 義規 72 北海道 大森 慶一 88 北海道 中村 敏之輔 91 北海道
藤根 俊貴 113 岩手 泉 慶輔 99 宮城 橋本 智昭 99 宮城
竹村 勇祐 96 秋田 小酒 大勇 103 福島 金澤 幸司 91 福島
真船 圭一郎 94 福島
関東 早坂 秀悟 90 茨城 山下 渡 91 茨城 山口 貴弘 84 栃木
阿久津 修 88 栃木 尾崎 剛 79 埼玉 久木原 洋 97 埼玉
内藤 高裕 96 東京 末木 浩二 109 山梨 伊藤 太一 91 山梨
菊池 岳仁 117 長野 上原 龍 95 長野 鈴木 庸之 92 新潟
南関東 武井 大介 86 千葉 成清 謙二郎 90 千葉 金野 俊秋 92 千葉
蒔田 英彦 93 千葉 須藤 悟 99 千葉 川越 勇星 111 神奈川
石井 毅 74 神奈川 柴田 功一郎 79 神奈川 加藤 圭一 85 神奈川
五十嵐 力 87 神奈川 山田 和巧 87 神奈川 遠藤 勝弥 109 静岡
中井 達郎 74 静岡 土屋 裕二 81 静岡 齋藤 友幸 90 静岡
中部 小林 信晴 83 愛知 村上 卓茂 84 愛知 北野 良栄 95 愛知
伊藤 裕貴 100 三重 倉野 隆太郎 91 三重 坂上 忠克 71 石川
八日市屋 浩之 79 石川
近畿 窓場 千加頼 100 京都 布居 寛幸 72 和歌山 藤田 勝也 94 和歌山
酒井 拳蔵 109 大阪 谷口 友真 109 大阪
中国 月森 亮輔 101 岡山 城戸 俊潔 115 岡山 田中 勇二 95 岡山
才迫 開 101 広島 吉永 和生 80 広島 西田 雅志 82 広島
四国 児玉 慎一郎 76 香川 網谷 竜次 91 香川 田尾 駿介 111 高知
野本 翔太 91 高知 外田 心斗 115 愛媛 葛西 雄太郎 85 愛媛
九州 嶋田 誠也 109 福岡 紫原 政文 61 福岡 中村 良二 81 福岡
原田 礼 90 福岡 柳詰 正宏 97 福岡 橋本 瑠偉 113 佐賀
坂本 晃輝 81 佐賀 瀬戸 栄作 109 長崎 阪本 正和 70 長崎
松岡 孔明 91 熊本 佐方 良行 97 熊本

※5月15日現在に取得した情報となります。閲覧時の正確な情報と異なっている可能性がございますのでご了承ください。

シリーズ展望・記者の推しメン

2021年5月13日時点の記事です。

函館競輪場 五稜郭杯争奪戦

 開設71周年函館記念「五稜郭杯争奪戦」が5月15日~18日の日程で開催される。直前のダービーにも出場していた松浦悠士、佐藤慎太郎、守澤太志のSS3名に諸橋愛、古性優作、高橋晋也、そして昨年の当地G3覇者の鈴木庸之ら全国のトップスターが集結してのシリーズ。4日間に渡り熱い戦いが繰り広げられる。

ダービー王!松浦悠士を中心視

松浦 悠士
守澤 太志
佐藤 慎太郎

 直前の京王閣ダービーを制覇し、各地で捲り、差し、飛び付き、さらには先行策も披露し展開即応のオールラウンダー振りを発揮する松浦悠士。中国勢は手薄なメンバー構成だが、1月和歌山G3決勝で貢献の逃げを打った才迫開がいるのは心強い材料。
 地元地区の北日本勢からはSSの佐藤慎太郎、守澤太志が顔を揃え、直前のダービーでも積極性を見せた高橋晋也やクレバーさある小松崎大地を目標から鋭い追い込みを発揮へ。
 SS不在となった関東勢だが、昨年当地G3を制した鈴木庸之には鋭さ十分な諸橋愛との新潟タッグが牽引へ。
 4月西武園G3で豪快逃げを打った野口裕史も侮れない1人。巧者・松谷秀幸のサポートを受けられるのも有利と言えよう。
 更にこちらもSS不在とはいえ、近畿勢からはいつG1を獲ってもいいと言えるゲリラ戦魅力の古性優作、その古性を心身共にサポートする村上義弘の2人が中心。
 四国勢はお馴染みの徳島ヤング機動型が不在となったが、その分も今期元気な愛媛の松本貴治が気を吐く。
 九州勢はひと頃の勢いはない中本匠栄だが力量は確か、常に鋭い差し脚を披露する園田匠。この両者も展開ひとつでV戦線浮上を狙い、各地区から豪華メンバーが顔を揃えるG3開催だ。

函館競輪場 五稜郭杯争奪戦

菊地 圭尚【北海/89期/S1】

菊地 圭尚

 無冠の帝王と言われ久しいが、特に当地64周年記念では逃げた竹内雄作の番手から追い込むも3番手の明田春喜に交わされ2着。続く65周年記念では山田義彦の番手から捲りを放った武田豊樹に続いての2着。更に66周年記念は逃げた新山響平の番手。しかし抜けずに3年連続の準V。地元記念制覇、G3初制覇に向け、この人ほど優勝が欲しい人はいまい。

選手インタビュー

2021年5月14日時点の記事です。

函館競輪場 五稜郭杯争奪戦

野口 裕史【千葉/111期/S1】

野口 裕史

 「ダービー? とにかく長かっただけ(苦笑)。甘くはなかったですね。それでも以前より無理矢理行くっていう先行はしないで後ろに迷惑をかけない様にっていう考えがきっちり持ててきていましたね。その辺は成長した事かも。それを今回に生かしたいですね。僕は函館の隣の北斗市出身。だから実家から来ましたが、ここはホーム感は勝手にありますね(笑)。地元で良いところを見せたいし、きっちりバックを4日間取って帰りたい」。

五稜郭杯争奪戦レース結果

開催年 レース名称 優勝者
2019年 五稜郭杯争奪戦 新山 響平
2018年 五稜郭杯争奪戦 和田 健太郎
2017年 五稜郭杯争奪戦 新田 祐大
2016年 被災地支援 五稜郭杯争奪戦 新山 響平
2015年 五稜郭杯争奪戦 武田 豊樹

チャージで楽天ポイント3%還元CP

新規会員登録

ロイヤルメンバーズサービス

エントリーはこちら

現在の払戻総額トップ

  • K3

    函館

    150

K5

函館 五稜郭杯争奪戦

  • 4350

    0キャリー

Dokanto!発売中

函館競輪五稜郭杯争奪戦

  • 18454650

    18426900キャリー

  • 626850

    619950キャリー

ページの先頭へ戻る