Kドリームス サポート

閉じる

平安賞

グレードレース

 向日町競輪場開設70周年記念「平安賞」は、9月3日~6日の日程で開催される。今シリーズは輪界を代表するオールラウンダーの平原康多が人気を集めそうだ。地元地区の近畿勢は、村上博幸、稲垣裕之の欠場は残念だが、村上義弘をはじめとして、寺崎浩平、三谷竜生、稲毛健太ら機動力自慢の健脚がズラリとそろっている。他地区にもオールスターで優参を果たした山田英明らの実力者もいて一筋縄ではいきそうにない。興味津々のV争いだ。

平安賞過去開催

開催年 レース名称 優勝者
2020年 平安賞 山田 英明
2019年 平安賞 阿部 力也
2018年 平安賞 藤木 裕
2017年 平安賞 小倉 竜二
2016年 被災地支援競輪 平安賞 稲垣 裕之
2015年 平安賞 新田 祐大
バンクの特徴 ・捲りは決まりにくく先行有利
・全体的に丸いバンクで直線が短い
・風はバック向かい風だがあまり影響は受けない
”自分の感覚では直線の長さは標準的だし、変な風の吹き方っていうのもないと思う。あえて言えば、結構高速バンクのイメージかな。”
バンクデータ

方角

周長 400m

見なし直線距離 47.3m
センター部路面傾斜 30゜29´7″
直線部路面傾斜 3゜26´1″
ホーム幅員 10.3m
バック幅員 9.3m
センター幅員 7.6m

最高上がりタイム:10.40秒 深谷 知広 2014/08/01

平安賞発売情報

レースプログラム

初日(2020年09月03日)

1R 2R 3R 4R 5R 6R 7R 8R 9R
S級予選1 S級特選
結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果
映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像

2日目(2020年09月04日)

1R 2R 3R 4R 5R 6R 7R 8R 9R
S級予選2
結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果
映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像

3日目(2020年09月05日)

1R 2R 3R 4R 5R 6R 7R 8R 9R
S級選抜 S級特選 S級準決勝
結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果
映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像

最終日(2020年09月06日)

1R 2R 3R 4R 5R 6R 7R 8R 9R
S級一般 S級選抜 S級特選 S級決勝
結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果
映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像

あっせん情報

S級7車立て9R4日制

SS 地区 選手名 府県 選手名 府県 選手名 府県
北日本 佐藤 慎太郎 78 福島
関東 平原 康多 87 埼玉
S1 地区 選手名 府県 選手名 府県 選手名 府県
北日本 竹内 智彦 84 宮城 大槻 寛徳 85 宮城
関東 小林 大介 79 群馬 森田 優弥 113 埼玉
南関東 鈴木 裕 92 千葉 桐山 敬太郎 88 神奈川
中部 高橋 和也 91 愛知 北野 武史 78 石川
近畿 村上 義弘 73 京都 畑段 嵐士 105 京都 三谷 竜生 101 奈良
稲毛 健太 97 和歌山
中国 取鳥 雄吾 107 岡山 池田 良 91 広島
四国 室井 健一 69 徳島 高原 仁志 85 徳島 橋本 強 89 愛媛
九州 山田 英明 89 佐賀 松岡 貴久 90 熊本
S2 地区 選手名 府県 選手名 府県 選手名 府県
北日本 佐藤 博紀 96 岩手 坂本 毅 77 秋田
関東 田村 真広 83 群馬 宮内 善光 88 群馬 阿部 大樹 94 埼玉
南関東 田頭 寛之 109 千葉 白戸 淳太郎 74 神奈川 飯尾 主税 81 静岡
大石 剣士 109 静岡
中部 近藤 龍徳 101 愛知 竹田 和幸 78 岐阜 松岡 篤哉 97 岐阜
三宅 裕武 88 三重 皿屋 豊 111 三重 有賀 高士 61 石川
近畿 寺崎 浩平 117 福井 中井 護 74 滋賀 西谷 岳文 93 京都
元砂 勇雪 103 奈良 布居 寛幸 72 和歌山 西岡 正一 84 和歌山
酒井 拳蔵 109 大阪 篠塚 光一 90 兵庫 市村 昌樹 103 兵庫
中国 土井 勲 82 岡山 滝本 泰行 107 岡山 石田 洋秀 64 広島
前反 祐一郎 81 広島 才迫 開 101 広島
四国 大久保 直也 85 徳島 久米 良 96 徳島 吉松 直人 90 高知
宗崎 世連 100 高知 門田 凌 111 愛媛
九州 紫原 政文 61 福岡 中村 良二 81 福岡 小川 賢人 103 福岡
佐々木 翔一 93 佐賀 中村 健志 96 熊本 森山 智徳 98 熊本
上野 優太 113 熊本 曽我 圭佑 113 熊本

※9月3日現在に取得した情報となります。閲覧時の正確な情報と異なっている可能性がございますのでご了承ください。

シリーズ展望・記者の推しメン

2020年9月1日時点の記事です。

開設70周年記念 平安賞

 向日町競輪場開設70周年記念「平安賞」は、9月3日~6日の日程で開催される。今シリーズは輪界を代表するオールラウンダーの平原康多が人気を集めそうだ。地元地区の近畿勢は、村上博幸、稲垣裕之の欠場は残念だが、村上義弘をはじめとして、寺崎浩平、三谷竜生、稲毛健太ら機動力自慢の健脚がズラリとそろっている。他地区にもオールスターで優参を果たした山田英明らの実力者もいて一筋縄ではいきそうにない。興味津々のV争いだ。

平原康VS戦力充実の近畿勢

平原 康多
村上 義弘

 オールスターでは9(落入)8欠着と珍しく大きな数字を並べた平原康多。ドリームレースでは最終回の直線で落車しており、この後遺症があったのか、二次予選は武田豊を引き連れて果敢な先行策に出るも島川将のまくりに屈した。体調には一抹の不安が残るものの、オールスターからこの開催までには2週間以上の日数があるので調整は進むはず。今年は年頭から高いレベルで成績は安定していて、全日本選抜で準V、記念は1月大宮、3月松山、7月弥彦と3Vを達成。現在の獲得賞金ランクは第4位(8月19日)で、8年連続のグランプリ出場に向けて視界は良好だ。ここ中心視は順当だろう。今シリーズの関東勢は自力型が少ないので、先頭で戦うレースが多くなりそうだが、同県の森田優弥と一緒なら前を任せよう。
 地元勢は当所記念Vの実績がある百戦錬磨のベテランがズラリとそろっている。村上義弘は50周年後節、55、59、64周年と4度の向日町記念制覇の実績がある。地元勢だけなく近畿勢はさらに三谷竜生、稲毛健太、寺崎浩平と自力攻撃で他をねじ伏せている健脚を擁する。中でも寺崎は素晴らしいスピードを武器に売り出し中の新鋭で、G1初出場のオールスターでは21着で準決に駒を進めている。二次予選は太田竜の逃げを上がり10秒8のまくりで仕留めていて、後続の村上博幸を置き去りにするほどの快速を披露した。これだけの戦力が整っていれば勝ち上がり戦から有利に戦えるはずなので、近畿勢が大挙して決勝に乗ってくる可能性は大いにある。その場合は地元勢を立てた組み立てになるはずなので、村上義弘が地元記念V回数を伸ばす場面も十分だ。
 攻め口多彩な山田英明も有力な優勝候補のひとりだ。最近の山田は動きが鋭く、7月広島、8月武雄はF1戦ながら6連勝すると、オールスターでは3326着と決勝に乗っている。現在の獲得賞金ランクは第10位(8月19日)で、初のグランプリ出場も狙える位置に付けている。好位置キープして自力を繰り出し勝ち負けに持ち込むか。オールスターからこの開催まであっせんがないので、ゆとりのローテーション。万全な体調で参戦できそうなのも強調材料。松岡貴久はまくりの機動力があるが、山田と一緒なら前を任せよう。7月広島232着の初日特選と決勝は、いずれも山田に好マークしてワンツーを決めている。
 追加配分のS班、佐藤慎太郎も軽視はできない。北日本勢の機動タイプが豊富とは言えないだけに、他地区との連係も含めてどう活路を見出すのか、その動向には注意したい。また、南関地区の鈴木裕も佐藤と同じく追加でのシリーズ参戦。キレのあるまくりは侮れない。
 7月高松で今年3V目を飾った取鳥雄吾も動きはいい。オールスター4921着の走りも力強かった。ただ、今シリーズの中四国勢は総合力で劣勢なのは否定できない。

開設70周年記念 平安賞

元砂 勇雪【奈良/103期/S2】

元砂 勇雪

 病欠で3カ月近く実戦を離れていたが、復帰後は力強い走りを披露している。6月松阪141着、7月福井413着、同月富山記念2226着と連がらみが多い。今の脚勢なら今回も大暴れが期待できる。

大石 剣士【静岡/109期/S2】

大石 剣士

 6月西武園121着では待望のS級初優勝を達成した。その後も勢いに陰りは見られず、7月弥彦記念3271着、8月川崎112着、同月静岡151着と機動力を遺憾なく発揮している。台風の目と化すか。

森山 智徳【熊本/98期/S2】

森山 智徳

 7月別府で落車し次場所を欠場したが、8月函館G3は33着で準決勝に駒を進めた。予選1、予選2ともに最終バックを取っていて落車の影響を感じさせなかった。仕掛けがツボにはまった時の自力攻撃は破壊力がある。

選手インタビュー

選手インタビュがありません。

チャージで楽天ポイント3%還元CP

新規会員登録

ロイヤルメンバーズサービス

エントリーはこちら

現在の払戻総額トップ

  • K3

    函館

    220

K5

函館 五稜郭杯争奪戦

  • 4800

    0キャリー

Dokanto!発売中

函館競輪五稜郭杯争奪戦

  • 18474750

    18426900キャリー

  • 629400

    619950キャリー

ページの先頭へ戻る