Kドリームス サポート

閉じる

「火の国杯争奪戦」IN久留米

グレードレース

 熊本競輪場開設70周年記念「火の国杯争奪戦」in久留米は、10月1日~4日の日程で開催される。SS班の郡司浩平、清水裕友らの強豪を、やはりSS班の中川誠一郎を中心に、共同通信社杯覇者の中本匠栄、松岡貴久、松川高大、上田尭弥らの地元勢が迎え撃つ。今シリーズから記念開催が9車立12レース制に戻されるだけに、ファンの注目を集める4日間となろう。また、最終日第6レースにて第117期生によるルーキー企画レース(7車立)が一発勝負で行われる。こちらも注目だ。

「火の国杯争奪戦」IN久留米過去開催

開催年 レース名称 優勝者
2020年 「火の国杯争奪戦」IN久留米 郡司 浩平
2019年 「火の国杯争奪戦」in久留米 中川 誠一郎
2018年 火の国杯争奪戦 中川 誠一郎
2017年 火の国杯争奪戦 古性 優作
2016年 熊本地震復興競輪火の国杯争奪戦 中川 誠一郎
2015年 火の国杯争奪戦 武田 豊樹
バンクの特徴 走路改修によりクセのないバンク
直線がやや短めなので先行選手に有利
捲りは3角で膨らむ感じがあるので、早めか遅めのどちらか
”直線がちょっと短いくらいで平均的な四百走路。タイムもよく出る。地元選手も他地区の選手も口を揃えて走りやすいって言いますね。”
バンクデータ

方角

周長 400m

見なし直線距離 50.7m
センター部路面傾斜 31゜28´37″
直線部路面傾斜 3゜26´1″
ホーム幅員 11.0m
バック幅員 10.0m
センター幅員 9.0m

最高上がりタイム:10.40秒 マシュー グレーツァー 2019/05/22

「火の国杯争奪戦」IN久留米発売情報

レースプログラム

初日(2020年10月01日)

1R 2R 3R 4R 5R 6R 7R 8R 9R 10R 11R 12R
S級一次予選 S級特選
結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果
映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像

2日目(2020年10月02日)

1R 2R 3R 4R 5R 6R 7R 8R 9R 10R 11R 12R
S級選抜 S級二次予選
結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果
映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像

3日目(2020年10月03日)

1R 2R 3R 4R 5R 6R 7R 8R 9R 10R 11R 12R
S級一般 S級選抜 S級特選 S級準決勝
結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果
映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像

最終日(2020年10月04日)

1R 2R 3R 4R 5R 6R 7R 8R 9R 10R 11R 12R
S級一般 S級選抜 ルーキーシリーズプラス S級特選 S級特別優秀 S級決勝
結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果
映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像

あっせん情報

S級12レース(4日制)

SS 地区 選手名 府県 選手名 府県 選手名 府県
南関東 郡司 浩平 99 神奈川
中国 清水 裕友 105 山口
九州 中川 誠一郎 85 熊本
S1 地区 選手名 府県 選手名 府県 選手名 府県
北日本 佐藤 友和 88 岩手 藤根 俊貴 113 岩手 伏見 俊昭 75 福島
佐々木 雄一 83 福島 小松崎 大地 99 福島
関東 芦沢 辰弘 95 茨城 神山 雄一郎 61 栃木 長島 大介 96 栃木
植原 琢也 113 埼玉
南関東 野口 裕史 111 千葉 東 龍之介 96 神奈川 松谷 秀幸 96 神奈川
土屋 裕二 81 静岡
中部 山内 卓也 77 愛知 吉田 茂生 98 岐阜
近畿 山田 久徳 93 京都 高久保 雄介 100 京都 三谷 竜生 101 奈良
南 修二 88 大阪 神田 絋輔 100 大阪 沢田 義和 69 兵庫
中国 三宅 伸 64 岡山
四国 池田 憲昭 90 香川 湊 聖二 86 徳島 北村 信明 93 徳島
橋本 強 89 愛媛 松本 貴治 111 愛媛
九州 林 慶次郎 111 福岡 山田 英明 89 佐賀 合志 正臣 81 熊本
松岡 貴久 90 熊本 松川 高大 94 熊本 中本 匠栄 97 熊本
S2 地区 選手名 府県 選手名 府県 選手名 府県
北日本 坂本 周輝 100 青森 高木 翔 105 岩手 安部 貴之 92 宮城
佐藤 雅春 94 宮城 坂本 毅 77 秋田 金成 和幸 88 福島
関東 山下 渡 91 茨城 石川 裕二 99 茨城 吉田 昌司 111 茨城
磯田 旭 96 栃木 坂井 洋 115 栃木 小林 潤二 75 群馬
矢口 啓一郎 86 群馬 山信田 学 83 埼玉 岡本 大嗣 88 東京
内藤 高裕 96 東京 伊藤 太一 91 山梨 小林 令 109 山梨
南関東 岡本 英之 85 千葉 田頭 寛之 109 千葉 渡辺 秀明 68 神奈川
五十嵐 力 87 神奈川 副島 和人 105 神奈川 望月 永悟 77 静岡
菊池 竣太朗 111 静岡
中部 島野 浩司 62 愛知 原 真司 86 岐阜 山口 泰生 89 岐阜
神田 龍 105 三重 伊藤 稔真 111 三重 笹倉 慎也 91 富山
吉川 起也 92 富山 小嶋 敬二 74 石川 坂上 樹大 80 石川
近畿 佐野 梅一 78 京都 佐藤 成人 71 奈良 元砂 勇雪 103 奈良
小笹 隼人 105 奈良 山本 巨樹 100 大阪 冨尾 享平 101 大阪
堀 僚介 109 大阪 石口 慶多 103 兵庫
中国 近藤 修康 67 岡山 柳谷 崇 87 岡山 黒田 淳 97 岡山
月森 亮輔 101 岡山 岡崎 景介 87 広島 桶谷 明誉 94 広島
才迫 開 101 広島 佐伯 辰哉 109 広島 国村 洋 80 山口
山下 一輝 96 山口
四国 小川 圭二 68 徳島 吉岡 篤志 82 徳島 野本 翔太 91 高知
宗崎 世連 100 高知 葛西 雄太郎 85 愛媛 門田 凌 111 愛媛
九州 紫原 政文 61 福岡 中村 良二 81 福岡 稲吉 悠大 92 福岡
津村 洸次郎 101 福岡 池田 浩士 86 佐賀 大竹 慎吾 55 大分
安東 宏高 90 大分 松本 大地 81 熊本 中村 圭志 86 熊本
森山 智徳 98 熊本 松岡 孝高 98 熊本 上田 尭弥 113 熊本
上野 優太 113 熊本 曽我 圭佑 113 熊本

ルーキーシリーズプラス

A2 地区 選手名 府県 選手名 府県 選手名 府県
中国 町田 太我 117 広島
九州 阿部 将大 117 大分 松岡 辰泰 117 熊本
A3 地区 選手名 府県 選手名 府県 選手名 府県
北日本 坂本 紘規 117 青森
南関東 鈴木 陸来 117 静岡 渡邉 雅也 117 静岡
九州 青柳 靖起 117 佐賀

※10月1日現在に取得した情報となります。閲覧時の正確な情報と異なっている可能性がございますのでご了承ください。

シリーズ展望・記者の推しメン

2020年9月29日時点の記事です。

開設70周年記念 火の国杯争奪戦in久留米

 熊本競輪場開設70周年記念「火の国杯争奪戦」in久留米は、10月1日~4日の日程で開催される。SS班の郡司浩平、清水裕友らの強豪を、やはりSS班の中川誠一郎を中心に、共同通信社杯覇者の中本匠栄、松岡貴久、松川高大、上田尭弥らの地元勢が迎え撃つ。今シリーズから記念開催が9車立12レース制に戻されるだけに、ファンの注目を集める4日間となろう。また、最終日第6レースにて第117期生によるルーキー企画レース(7車立)が一発勝負で行われる。こちらも注目だ。

9車立12レース制が復活

郡司 浩平
中川 誠一郎
清水 裕友

 今シリーズは9車立だが、オールスター、共同通信社杯などビッグレースは9車立で行われていたので、トップクラスの選手には不安材料にはならない。ここ数場所のレース内容から郡司浩平を中心視するのが順当だろう。最近の郡司は対戦相手に精神的なゆとりを与えない強気な自力攻撃が冴え渡っていて、特にダッシュ力、トップスピードは素晴らしいレベルだ。3連覇を目指した地元の8月小田原記念は、無傷で勝ち上がりながら決勝は無念の失格を喫したものの、9月岐阜記念は圧倒的な強さで4連勝、松浦悠を2タテしている。更に共同通信社杯でも一次予選で快速まくりを決めて圧勝した。二次予選は珍しく後方に置かれて大敗を喫したが、この一戦で評価は落とせない。今の脚勢なら主役を演じる公算が大きい。松谷秀幸が郡司を盛り立てる。松谷は8月小倉では野口裕史の逃げを差して優勝すると、9月伊東は根田空の逃げを交わしてVをゲット。郡司の仕掛けにもしっかり付け切って連の勝負を演じられる。
 もちろん、中川誠一郎も有力な優勝候補だ。この大会では素晴らしい実績を残している。4年前から久留米競輪場で代替開催が行われるようになったが、66、68、69周年で優勝を飾っている。4大会で3Vは実力がなければ成せないことながら、この大会は絶対に譲れないという強い気持ちを持って臨んでいる証しだろう。特に強調できる近況ではないものの、共同通信社杯の一次予選で直線大外を鋭く伸びて2着に突っ込んだスピードは悪くなかった。地元勢は実力者がそろっているだけに、好連係を決めて首位に躍り出る場面は大いにあろう。
 九州では山田英明も好勝負が期待できる。F1戦を6連勝して迎えたオールスターを3326着で決勝に進出。更に9月向日町記念では4121着と今年4V目を達成し、共同通信社杯でも優参している。持ち味の自在戦が奏功しており、うまくレースの流れに乗ってのVゲットは考えておきたい。
 もう一人のSS班である清水裕友も忘れてはならない。本調子を欠いたオールスターは69着と二次予選で姿を消したが、その後は徐々に調子を戻している。共同通信社杯では33着で準決に駒を進めていて、連には届かなかったものの、まくり上げたスピードは悪くなかった。今年は全日本選抜、サマーナイトとビッグレースで2Vの豪脚が炸裂なら他の自力型をねじ伏せても不思議ではない。
 KEIRINグランプリ2018でV、ダービー連覇など輝かしい実績がある三谷竜生だが、なかかな波に乗り切れていない。スピードの切れが今一つ物足りない印象で、共同通信社杯の二次予選では脇本雄の仕掛けに付け切れなかった。

ルーキーシリーズ2020プラス

町田太がライバルを圧倒

町田 太我

 本デビューを前に3場所で実施されたルーキーシリーズ。117期から始まったこのレースで好成績を残した選手を集めた一発勝負がルーキーシリーズプラスだ。在所上位のエリートを中心に、本デビュー後も白星を並べて旋風を巻き起こしている117期勢だが、町田太我が一枚も二枚も抜けている。在所成績は11位ながら、史上初の3回連続ゴールデンキャップ獲得の実力は負けなしの戦績が示す通り。9月24日からの小倉MNでも完全優勝すれば、S級レーサーとして登場を果たす。1・2班戦でも本郷雄、外田心-表原周の四国勢を問題にしなかったように、長い距離を踏んでの勝負を苦にしないし、スピードはすでにS級上位クラスにも匹敵する。単騎戦で、後方からの勝負になる可能性があるが、ロングスパートを決めて脚の違いを示そう。
 松岡辰泰も、8月別府MNを完全V、続く防府を122着など1・2班戦でも機動力を見せ付けている。以前より長い距離を踏めるようになり、レース内容を重視した走りはスケール感がある。九州同士の青柳靖起、阿部将大とは別でも、個の力で町田に最も肉薄しそうな存在だ。もちろん、同じく本デビューから負けなしで特班した阿部や、まだ底を見せていない卒記チャンプの青柳も黙っていない。
 連係実績があり、8月伊東の決勝ではワンツーを決めた鈴木陸来、渡邉雅也の静岡コンビ、ゴールデンキャッッパーの実力をようやく発揮し始めた坂本紘規も展開次第で浮上も。

開設70周年記念 火の国杯争奪戦in久留米

坂井 洋【栃木/115期/S2】

坂井 洋

 デビューして約1年でG1初参戦を果たしたスーパールーキー。そのオールスターでは2走目に選抜戦ながら勝ち星を挙げた。記念では7月弥彦、8月松戸と続けて準決3着で優参を逃がしたがここは優参決めるか。

上田 尭弥【熊本/113期/S2】

上田 尭弥

 恵まれた身体を活かした先行は迫力満点。9月岐阜記念では予選1、予選2を連勝している。準決は4着に沈んだものの、竹内雄、黒沢征らの先行型を沈黙させて荒井崇の勝利に貢献した。今シリーズ注目の一車だ。

森山 智徳【熊本/98期/S2】

森山 智徳

 9月向日町記念では1272着と3連対を果たした。まくりが主武器ながら予選1、予選2はいずれも先行で粘っているのは好調の証しだろう。スピードの切れの良さは相変わらずだし、航続距離も伸びてきた印象だ。

選手インタビュー

2020年9月21日時点の記事です。

開設70周年記念 火の国杯争奪戦in久留米

中川 誠一郎【熊本/85期/SS】

中川 誠一郎

 地元記念は久留米開催になってからいいですね。もう1回、熊本競輪場で走りたいって気持ちでやってるので、この大会は毎年、気持ちが引き締まってる。感じはそんなに変わらないけど、ここだけは譲れないので。今年も優勝目指して頑張ります。

松川 高大【熊本/94期/S1】

松川 高大

 今年は呼ばれると思ってたので、ここに向けてやってました。9車のほうが合ってるし、共同で9車を経験できるのも大きいですね。特別良くもないけど、調子はいいほうだと思う。久留米はけっこう相性がいいので、記念でも結果を出したい。

チャージで楽天ポイント3%還元CP

新規会員登録

ロイヤルメンバーズサービス

エントリーはこちら

現在の払戻総額トップ

  • K3

    函館

    220

K5

函館 五稜郭杯争奪戦

  • 4800

    0キャリー

Dokanto!発売中

函館競輪五稜郭杯争奪戦

  • 18478350

    18426900キャリー

  • 630900

    619950キャリー

ページの先頭へ戻る