Kドリームス サポート

閉じる

金亀杯争覇戦

グレードレース

 松山競輪場開設71周年記念「金亀杯争覇戦」が1月21日~24日の日程で開催される。松浦悠士、郡司浩平とS級S班は2名が参戦。地元勢は松本貴治に橋本強、渡部哲男らが総力を結集して牙城を守る。4日間に渡って繰り広げられるハイレベルなV争いから目が離せない。

金亀杯争覇戦過去開催

開催年 レース名称 優勝者
2021年 金亀杯争覇戦 松本 貴治
2020年 金亀杯争覇戦 平原 康多
2019年 金亀杯争覇戦 渡部 哲男
2017年 被災地支援競輪 金亀杯争覇戦 原田 研太朗
2016年 金亀杯争覇戦 浅井 康太
バンクの特徴 ・標準的な400バンクだが、カントがキツめ
・戦法的な有利不利はない高速バンク。タイムもかなり出るので回転型の自力向き
・直線はイエローラインのやや内よりがよく伸びる
”競輪場の近くに風を遮るものがないので、結構強い風が吹き込むんですよ。しかも風向きもコロコロ変わるので、風次第のバンク。”
バンクデータ

方角

周長 400m

見なし直線距離 58.6m
センター部路面傾斜 34゜1´48″
直線部路面傾斜 2゜51´45″
ホーム幅員 10.3m
バック幅員 9.3m
センター幅員 7.3m

最高上がりタイム:10.50秒 フランソワ ペルビス 2013/05/15

金亀杯争覇戦発売情報

レースプログラム

初日(2021年01月21日)

1R 2R 3R 4R 5R 6R 7R 8R 9R 10R 11R 12R
S級一次予選 S級特選
結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果
映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像

2日目(2021年01月22日)

1R 2R 3R 4R 5R 6R 7R 8R 9R 10R 11R 12R
S級選抜 S級二次予選
結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果
映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像

3日目(2021年01月23日)

1R 2R 3R 4R 5R 6R 7R 8R 9R 10R 11R 12R
S級一般 S級選抜 S級特選 S級準決勝
結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果
映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像

最終日(2021年01月24日)

1R 2R 3R 4R 5R 6R 7R 8R 9R 10R 11R 12R
S級一般 S級選抜 S級特選 S級特別優秀 S級決勝
結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果
映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像

あっせん情報

12R4日制(一予11二予7)

SS 地区 選手名 府県 選手名 府県 選手名 府県
南関東 郡司 浩平 99 神奈川
中国 松浦 悠士 98 広島
S1 地区 選手名 府県 選手名 府県 選手名 府県
北日本 佐藤 康紀 73 青森 佐藤 友和 88 岩手 渡辺 一成 88 福島
渡部 幸訓 89 福島
関東 芦沢 大輔 90 茨城 雨谷 一樹 96 栃木 金子 真也 69 群馬
小林 大介 79 群馬 柿沢 大貴 97 長野
南関東 成清 貴之 73 千葉 山中 秀将 95 千葉 萩原 孝之 80 静岡
中部 吉田 茂生 98 岐阜 柴崎 俊光 91 三重 坂口 晃輔 95 三重
北野 武史 78 石川
近畿 小森 貴大 111 福井 川村 晃司 85 京都 山田 久徳 93 京都
三谷 将太 92 奈良 東口 善朋 85 和歌山 稲毛 健太 97 和歌山
中国 三宅 達也 79 岡山 筒井 敦史 85 岡山 取鳥 雄吾 107 岡山
四国 堤 洋 75 徳島 島川 将貴 109 徳島 渡部 哲男 84 愛媛
橋本 強 89 愛媛 佐々木 豪 109 愛媛 松本 貴治 111 愛媛
九州 北津留 翼 90 福岡 松尾 信太郎 92 福岡 林 慶次郎 111 福岡
大塚 健一郎 82 大分
S2 地区 選手名 府県 選手名 府県 選手名 府県
北日本 野木 義規 72 北海道 佐藤 和也 95 青森 坂本 周輝 100 青森
高木 翔 105 岩手 荻原 尚人 89 宮城 山崎 将幸 92 宮城
佐伯 翔 97 福島 中田 雄喜 97 福島
関東 山岸 佳太 107 茨城 飯嶋 則之 81 栃木 山口 貴弘 84 栃木
小林 泰正 113 群馬 宮下 貴之 81 埼玉 伊藤 亮 92 埼玉
中田 健太 99 埼玉 佐藤 真一 79 東京 岡田 征陽 85 東京
小峰 烈 98 長野
南関東 高橋 雅之 90 千葉 藤田 大輔 91 千葉 山本 紳貴 107 千葉
斉藤 竜也 73 神奈川 大塚 玲 89 神奈川 植木 和広 98 神奈川
土屋 裕二 81 静岡 菅原 裕太 100 静岡 簗田 一輝 107 静岡
中部 伊藤 正樹 71 愛知 佐藤 亙 85 愛知 永井 清史 88 岐阜
森川 大輔 92 岐阜 松岡 篤哉 97 岐阜 松崎 貴久 82 富山
小堺 浩二 91 石川
近畿 渡辺 航平 79 福井 中井 俊亮 103 奈良 藤田 勝也 94 和歌山
石塚 輪太郎 105 和歌山 前田 拓也 71 大阪 肥後 尚己 83 大阪
中国 藤田 昌宏 82 岡山 柳谷 崇 87 岡山 田中 勇二 95 岡山
小玉 拓真 98 岡山 坂本 修一 99 岡山 月森 亮輔 101 岡山
佐伯 亮輔 113 岡山 吉本 哲郎 84 広島 大川 龍二 91 広島
大瀬戸 潤一郎 95 広島
四国 近藤 誠二 80 香川 福島 武士 96 香川 久米 良 96 徳島
野本 翔太 91 高知 坂田 章 93 高知 上田 学 69 愛媛
門田 凌 111 愛媛 吉田 智哉 111 愛媛 薦田 将伍 113 愛媛
外田 心斗 115 愛媛
九州 加倉 正義 68 福岡 原口 昌平 107 福岡 坂本 晃輝 81 佐賀
金ヶ江 勇気 111 佐賀 牧 剛央 80 大分 塚本 大樹 96 熊本
嘉永 泰斗 113 熊本 久島 尚樹 100 宮崎 上吹越 直樹 86 鹿児島
屋良 朝春 94 沖縄 屋宜 浩二 97 沖縄

1・2班戦5R3日制7車立

A1 地区 選手名 府県 選手名 府県 選手名 府県
関東 宮下 貴之 81 埼玉 小峰 烈 98 長野

※1月21日現在に取得した情報となります。閲覧時の正確な情報と異なっている可能性がございますのでご了承ください。

シリーズ展望・記者の推しメン

2021年1月19日時点の記事です。

開設71周年記念 金亀杯争覇戦

 松山競輪場開設71周年記念「金亀杯争覇戦」が1月21日~24日の日程で開催される。松浦悠士、郡司浩平とS級S班は2名が参戦。地元勢は松本貴治に橋本強、渡部哲男らが総力を結集して牙城を守る。4日間に渡って繰り広げられるハイレベルなV争いから目が離せない。

総合力高い松浦悠

松浦 悠士
郡司 浩平

 総合力上位の松浦悠士がシリーズをリードする。昨年は8月オールスターで通算2度目のG1制覇。最強のオールラウンダーとして年間を通して圧巻のパフォーマンスを披露した。年末の平塚グランプリは不発に終わったが、気持ちを新たに再スタートを切る。2年連続のS級S班として迎える今年はさらに進化を遂げる。4日間、主役の座は譲らない。
 四国勢はメンバー次第で松浦との連係がありそう。ラインをけん引するのは松本貴治と島川将貴だ。松本は11月当地F1で完全優勝を飾っている。12月佐世保記念は二次予選で落車に見舞われたが、直後の1月広島F1では逃げ切りで新春Vと不安を一掃している。地元記念は3年連続3度目の出場。まずは決勝までしっかり勝ち上がる。島川は20年に大きく飛躍したひとり。今シリーズもスケールの大きな走りを見せる。追い込み型は橋本強、渡部哲男がV候補に挙げられる。橋本は落車禍に見舞われながらも10月寬仁親王牌ではG1初優出を決めている。2年前の当地記念は準優勝と健闘。記念初優勝は目前だ。渡部は流れさえ向けば勝てる準備はできている。2年ぶり3度目の地元記念制覇へ全身全霊をかけて臨む。
 郡司浩平が松浦と双璧をなす存在だ。20年は記念優勝4回。そして11月の競輪祭で待望のG1初制覇と充実の1年だった。勢いそのままに21年も突っ走る。初戦の1月立川記念は危なげなく優出。決勝は先行策に出るなど、しっかり動けていた。今シリーズも先行も辞さない隙を逃さない仕掛けでライバルたちをねじ伏せよう。成清貴之は安定した戦いぶりが光っている。郡司の番手なら勝機はありそう。萩原孝之は今年初戦の奈良F1で失格したぶんを取り返すべく全力を出し切る。
 渡邉一成、佐藤友和の北日本勢も強力。渡邉はビッグ戦線で存在感がやや薄れてきたが、スピードはまだまだ健在だ。最近はバック数も増えるなど仕掛けが早い。佐藤は今年初戦の1月京王閣F1で準V。状態は確実に上向いてきている。
 山田久徳、東口善朋の近畿勢も侮れない。山田はまくりを主武器に多彩な戦法を上手く使い分けている。東口は1寬仁親王牌で決勝3着と大健闘。その後も好調を維持している。強襲劇は見逃せない。
 坂口晃輔は昨年の終盤戦に落車が続いたが、幸い大きなダメージはなかった。シャープな差し脚を武器に、高いレベルで安定している。展開不問で突っ込めそうだ。

開設71周年記念 金亀杯争覇戦

佐々木 豪【愛媛/109期/S1】

佐々木 豪

 昨年はスランプに陥り、不本意な成績に終わった。だが、11月当地F1では7カ月ぶりの優出。ここに来て復調している。地元記念は2度目の出場。2年前は二次予選で車体故障して敗退している。その悔しさを今大会で晴らす。

外田 心斗【愛媛/115期/S2】

外田 心斗

 地元のホープが今年からS級に初挑戦。その素質はA級時代から高く評価されていた。地元ホームで迎える初めての記念出場でモチベーションは高まるばかりだ。ファンの声援を味方に豪快駆けでアピールする。

石塚 輪太郎【和歌山/105期/S2】

石塚 輪太郎

 11月松阪F1では1年ぶりのV。決勝は強力な同型を相手に会心の逃げ切り勝ちを決めた。ケガから立ち直り、調子、成績とも右肩上がり。21年一発目の記念で大事なシリーズ。内容と結果にこだわって全力で走り抜く。

選手インタビュー

2021年1月9日時点の記事です。

開設71周年記念 金亀杯争覇戦

渡部 哲男【愛媛/84期/S1】

渡部 哲男

 踏み出しを良くしようと思って体をしぼったら筋力が落ちてた。年末に体を作り直して、セッティング、フレームを換えたら久留米でかみ合ってきた。不安要素が減って、悪い状態ではなくなった。さらに上積みして地元記念に臨みたい。

橋本 強【愛媛/89期/S1】

橋本 強

 競輪祭の落車はダメージが大きかったけど、やっと思うように体が動きだした感じ。もう大丈夫です。地元記念で優勝したいし、優勝を狙うなら広島記念で使った新車の方がいい。タテはいいので、追走が甘くならないようにセッティングを煮詰めたい。

チャージで楽天ポイント3%還元CP

新規会員登録

ロイヤルメンバーズサービス

エントリーはこちら

現在の払戻総額トップ

  • K3

    函館

    220

K5

函館 五稜郭杯争奪戦

  • 4800

    0キャリー

Dokanto!発売中

函館競輪五稜郭杯争奪戦

  • 18475350

    18426900キャリー

  • 629400

    619950キャリー

ページの先頭へ戻る