Kドリームス サポート

閉じる

椿賞争奪戦

グレードレース

 伊東競輪場開設69周年記念「椿賞争奪戦」は12月21日~24日の日程で開催される。今シリーズは三谷竜生、村上義弘、武田豊樹のS班3名に加え、柴崎淳、菅田壱道、原田研太朗、木暮安由ら各地区から強豪が参戦。迎え撃つ南関勢も地元の渡邉雄太、簗田一輝をはじめ岩本俊介、中村浩士、桐山敬太郎と豪華な顔ぶれだ。今年の記念開催もいよいよオーラス。最後のG3を制すのは果たして誰か。また、最終日第6レースにてS級ブロックセブンが一発勝負で行われる。こちらも注目だ。

椿賞争奪戦過去開催

開催年 レース名称 優勝者
2019年 椿賞争奪戦 三谷 竜生
2018年 椿賞争奪戦 渡邉 雄太
2017年 椿賞争奪戦 早坂 秀悟
2016年 被災地支援 椿賞争奪戦 松岡 貴久
2015年 椿賞争奪戦 深谷 知広
バンクの特徴 ・33バンクの中では直線は長め。捲り、追い込みも利く
・バンクも軽くはないのでイメージ的に400バンクに近い
・風の影響をほとんど受けず、クセがなく走り易いバンク
”1コーナーと3コーナーに癖があると言う人もいるけど、私は特に何も感じません。他の33より直線が長いくらいで、普通に走りやすい。”
バンクデータ

方角

周長 333m

見なし直線距離 46.6m
センター部路面傾斜 34゜41´9″
直線部路面傾斜 3゜26´1″
ホーム幅員 11.0m
バック幅員 9.3m
センター幅員 7.8m

最高上がりタイム:9.00秒 新田 祐大 2014/04/27

椿賞争奪戦発売情報

レースプログラム

初日(2019年12月21日)

1R 2R 3R 4R 5R 6R 7R 8R 9R 10R 11R 12R
一次予選 特選
結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果
映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像

2日目(2019年12月22日)

1R 2R 3R 4R 5R 6R 7R 8R 9R 10R 11R 12R
選抜 二次予選B 二次予選A
結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果
映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像

3日目(2019年12月23日)

1R 2R 3R 4R 5R 6R 7R 8R 9R 10R 11R 12R
一般 選抜 特選 準決勝
結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果
映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像

最終日(2019年12月24日)

1R 2R 3R 4R 5R 6R 7R 8R 9R 10R 11R 12R
一般 選抜 ブロックセブン 特選 特秀 決勝
結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果 結果
映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像 映像

あっせん情報

12R4日制初特1二予A4B3

SS 地区 選手名 府県 選手名 府県 選手名 府県
関東 武田 豊樹 88 茨城
近畿 村上 義弘 73 京都 三谷 竜生 101 奈良
S1 地区 選手名 府県 選手名 府県 選手名 府県
北日本 永沢 剛 91 青森 竹内 智彦 84 宮城 早坂 秀悟 90 宮城
菅田 壱道 91 宮城 小野 大介 91 福島
関東 杉森 輝大 103 茨城 山岸 佳太 107 茨城 稲村 成浩 69 群馬
木暮 安由 92 群馬
南関東 中村 浩士 79 千葉 岩本 俊介 94 千葉 成田 健児 75 神奈川
勝瀬 卓也 84 神奈川 桐山 敬太郎 88 神奈川 東 龍之介 96 神奈川
渡辺 晴智 73 静岡 渡辺 雄太 105 静岡 簗田 一輝 107 静岡
中部 金子 貴志 75 愛知 柴崎 淳 91 三重 伊藤 裕貴 100 三重
近畿 鷲田 佳史 88 福井 野原 雅也 103 福井 中井 俊亮 103 奈良
前田 拓也 71 大阪
中国 三宅 達也 79 岡山 工藤 文彦 97 岡山
四国 香川 雄介 76 香川 池田 憲昭 90 香川 原田 研太朗 98 徳島
小川 真太郎 107 徳島
九州 野田 源一 81 福岡 大坪 功一 81 福岡 坂本 健太郎 86 福岡
松川 高大 94 熊本
S2 地区 選手名 府県 選手名 府県 選手名 府県
北日本 中村 弘之輔 109 北海道 佐々木 省司 86 青森 新山 将史 98 青森
磯島 康祐 105 青森 高木 翔 105 岩手 安部 貴之 92 宮城
竹村 勇祐 96 秋田 根本 哲吏 97 秋田 金成 和幸 88 福島
中田 雄喜 97 福島 小酒 大勇 103 福島
関東 小林 圭介 83 茨城 松田 優一 90 茨城 岩崎 大和 94 茨城
小坂 敏之 74 栃木 古川 尚耶 92 栃木 手島 志誠 83 群馬
宮下 貴之 81 埼玉 藤田 竜矢 88 埼玉 岸沢 賢太 91 埼玉
伊藤 亮 92 埼玉 相川 永伍 95 埼玉 黒沢 征治 113 埼玉
河村 雅章 92 東京 柴田 洋輔 92 東京
南関東 高橋 雅之 90 千葉 佐藤 清之 93 千葉 荻野 哲 75 神奈川
松坂 洋平 89 神奈川 副島 和人 105 神奈川 堀内 俊介 107 神奈川
中井 達郎 74 静岡 土屋 裕二 81 静岡 大木 雅也 83 静岡
大石 剣士 109 静岡 格清 洋介 111 静岡 菊池 竣太朗 111 静岡
中部 島野 浩司 62 愛知 三浦 稔希 76 愛知 水谷 将司 105 愛知
吉村 和之 80 岐阜 谷田 泰平 93 岐阜 堀 兼寿 105 岐阜
山田 諒 113 岐阜 西村 光太 96 三重 若松 孝之 96 三重
近畿 渡辺 十夢 85 福井 丹波 孝佑 98 大阪 北川 大五郎 103 大阪
岸川 哲也 105 大阪 真田 晃 86 兵庫 角 令央奈 98 兵庫
中国 田中 勇二 95 岡山 郡 英治 68 広島 前反 祐一郎 81 広島
大瀬戸 潤一郎 95 広島 木村 幸希 109 広島
四国 米沢 大輔 73 徳島 木村 隆弘 91 徳島 吉川 嘉斗 105 徳島
梶応 弘樹 57 愛媛 栗田 貴徳 93 愛媛
九州 中園 和剛 89 福岡 松尾 透 96 福岡 原口 昌平 107 福岡
国武 耕二 66 佐賀 山口 貴弘 92 佐賀 好永 晃 98 佐賀
島田 竜二 76 熊本 森山 智徳 98 熊本

ブロックセブン

S1 地区 選手名 府県 選手名 府県 選手名 府県
南関東 山中 秀将 95 千葉
四国 高原 仁志 85 徳島
S2 地区 選手名 府県 選手名 府県 選手名 府県
北日本 山田 敦也 88 北海道
関東 岡田 征陽 85 東京
中部 森川 大輔 92 岐阜
近畿 西本 直大 92 大阪
九州 瓜生 崇智 109 熊本

※12月21日現在に取得した情報となります。閲覧時の正確な情報と異なっている可能性がございますのでご了承ください。

シリーズ展望・記者の推しメン

2019年12月19日時点の記事です。

開設69周年記念 椿賞争奪戦

 伊東競輪場開設69周年記念「椿賞争奪戦」は12月21日~24日の日程で開催される。今シリーズは三谷竜生、村上義弘、武田豊樹のS班3名に加え、柴崎淳、菅田壱道、原田研太朗、木暮安由ら各地区から強豪が参戦。迎え撃つ南関勢も地元の渡邉雄太、簗田一輝をはじめ岩本俊介、中村浩士、桐山敬太郎と豪華な顔ぶれだ。今年の記念開催もいよいよオーラス。最後のG3を制すのは果たして誰か。また、最終日第6レースにてS級ブロックセブンが一発勝負で行われる。こちらも注目だ。

力強さが甦った三谷竜

三谷 竜生
柴崎 淳
渡邉 雄太

 今年の前半戦は落車負傷の影響で低空飛行が続いた三谷竜生だが、10月千葉記念in松戸で今年の初Vをゲットすると、寬仁親王牌の決勝は逃げて準V。タイミング良く仕掛けたレース勘、別線を沈黙させたスピードともに申し分なかった。その後も11月防府記念4133着の決勝は逃げて粘っているし、競輪祭は準決に進出していて、かなり調子を戻してきた。上昇カーブを描いているので、更に調子の上積みが見込めるはず。今年の最終戦をVで締めるとみて中心視した。三谷とタッグを組む村上義弘も今年はなかなか調子が上がらなかった。5月宇都宮記念で優勝したものの、ビッグレースでの優参はなく、勝ち切れないレースも散見した。しかし、12月佐世保記念では準決を快勝と兆しは見えてきており、三谷の仕掛け次第では勝機をつかむ可能性はある。また、12月佐世保記念で優参など上昇一途の野原雅也が加われば、近畿勢優位の流れは更に揺るぎないものとなる。
 自慢のスピードに一段と磨きがかかった印象がある柴崎淳も有力な優勝候補だ。ここ5場所は21走して10勝、2着5回。Gレースで上位クラスの競走ばかり走って連対率7割超は高く評価できる。競輪祭の準決は、最終4角で接触するアクシデントがあって5着に敗れたものの、快速まくりを連発していてデキは素晴らしかった。豪快な一撃を決めてのV奪取は十分。最近の金子貴志は一息不足の成績だが、柴崎との連係が叶うようなら連食い込みが望める。
 強大な勢力を誇る南関勢も好勝負が見込める。地元の渡邉雄太、簗田一輝に、岩本俊介、中村浩士の千葉勢。更に桐山敬太郎と自力型がズラリとそろっている。中でも期待がかかるのは昨年にこの大会を制している渡邉だ。今年はウィナーズカップ、ダービーで決勝に進出、サマーナイトフェスティバルはオール2着の準Vとビッグレースで大活躍。その後は優参こそないものの、寬仁親王牌2161着、競輪祭41516着と勝ち星は多い。南関勢が好連係を決めて渡邉が当所記念連覇を達成する場面は大いにあろう。デキの良さなら岩本も文句なし。切れ味抜群のまくりを主武器に好成績を残していて、12月別府記念では準Vと好走している。
 勝率高い原田研太朗の一発にも警戒が必要だ。今年は2V含む43勝を挙げていて、勝率は4割超。12月別府記念の初日特選は上がり11秒2の快速まくりで浅井康、渡邉一、岩本らの強豪を撃破するなど調子も良好。仕掛けがツボにはまると単浮上も。
 攻め口多彩な木暮安由も動き鋭い。寬仁親王牌、競輪祭とG1大会で続けて優参を果たしていて、しかも勝ち上がり戦はオール確定板入り。その後も12月別府記念は準決を1着でクリアと好調子を維持している。持ち味の自在戦が奏功すれば勝ち負けになる。
 菅田壱道はあっせん停止で2カ月以上、実戦から遠ざかったが、復帰戦の12月広島記念を9132着。心配されたレース勘も問題なく、有力なV候補の一人となる。
 

S級ブロックセブン

レベルが違う山中秀将

山中 秀将

 実力断然の山中秀将が期待に応える。全日本選抜での落車が響いた一年だったが、夏頃からは調子も着実に上向いてきて、競輪祭の一次予選2では逃げ切りで勝っている。快速まくりを連発し、太田竜らを撃破と、続く12月佐世保記念での動きも上々。ここはメンバー的に先行主体の走りで力の違いを示す。岡田征陽、山田敦也が山中に続く。岡田も最近は怪我もなく、切れ味が戻ってきている。山中の仕掛けにも付け切りゴール前勝負を演じよう。
 瓜生崇智の前々自在な走りに乗って高原仁志が浮上を狙う。失格点で来年1年間はA級暮らしの瓜生は、この今期最終戦で爪痕を残したいはず。11月平の予選で、新鋭・高橋晋をまくった森川大輔も軽視禁物だ。

開設69周年記念 椿賞争奪戦

堀内 俊介【神奈川/107期/S2】

堀内 俊介

 今期は2班ながらG1大会で好走していて動きは悪くない。オールスターで2着2回、寬仁親王牌では1681着と2勝、競輪祭でも2着2回と連がらみが多い。上位戦でも仕掛けがツボにはまると一発怖い。

河村 雅章【東京/92期/S2】

河村 雅章

 ここのところ十八番のまくりがビシビシ決まっている。10月京王閣記念で1224着と好走すると、11月四日市記念は二次予選Bで勝ち星ゲット。更に同月平塚では連勝で優参している。混戦模様のレースは目が離せない。

選手インタビュー

2019年12月9日時点の記事です。

開設69周年記念 椿賞争奪戦

大石 剣士【静岡/109期/S2】

大石 剣士

 4月にG3(トラック競技支援競輪)を走ったときよりも力が付いてるし、状態もいい。あのときは成績もダメだったので、今回はそのリベンジができるかな。地元地区のS級選手は全員呼ばれたんで、僕もその一員としてしっかり頑張りたい。

格清 洋介【静岡/111期/S2】

格清 洋介

 今は先行して脚を付けている時期ですけど、脚力不足を痛感しています。今のままで走ってもいい成績は残せないと思っているし、時間はないけど記念に向けて練習しています。初の地元記念で何もせずに終わりたくないし、何とか見せ場を作りたい。

チャージで楽天ポイント3%還元CP

新規会員登録

ロイヤルメンバーズサービス

エントリーはこちら

現在の払戻総額トップ

  • K3

    函館

    150

K5

函館 五稜郭杯争奪戦

  • 4720

    0キャリー

Dokanto!発売中

函館競輪五稜郭杯争奪戦

  • 18471900

    18426900キャリー

  • 629100

    619950キャリー

ページの先頭へ戻る