広島競輪 レース展望・推奨選手情報

2018年12月06日~2018年12月09日 レース展望・推奨選手情報

2018年11月30日時点の記事です。

開設66周年記念 ひろしまピースカップ

 広島競輪開設66周年記念「ひろしまピースカップ」が12月6日~9日の日程で開催される。S班2名をはじめ、競走得点110点を超える選手が顔をそろえるハイレベルなシリーズ。ライバルは強力だが、松浦悠士、池田良の地元勢は強い気持ちで記念初優勝を狙う。最終日6RのS級ブロックセブン(展望は裏面に掲載)にも井上昌己、守澤太志ら好メンバーがそろった。

近畿勢が強力布陣

松浦 悠士
三谷 竜生
諸橋 愛

 三谷竜生、稲垣裕之に追加参戦の藤木裕と機動型がそろった近畿勢が優勝争いをリードする。三谷はグランプリを前に、これが最後の実戦。まくり不発に終わった昨年のグランプリの悔しさをバネに、今年は昨年以上の成績を残した。2月高松の初優勝から記念を3連覇し、ダービー、高松宮記念杯とG1連覇も飾った。村上博幸、清水裕友とグランプリメンバーが続々と欠場するなか、参戦を決めたのは実戦の感覚を鈍らせないために他ならない。ここでしっかりと結果を残して暮れの大一番に向かう。稲垣は3月小倉での落車からかみ合わない状態が続いていたが、10月豊橋記念で優出すると、続く取手記念でも2勝を挙げるなど徐々に立て直してきている。三谷、藤木に中西大と今シリーズは前を任せる頼もしい後輩がそろったチャンスのあるシリーズ。ここを制して完全復活をアピールしたい。差し脚戻った諸橋愛
 諸橋愛も好勝負に持ち込めるだけの状態にある。今年前半までは落車も続き、苦しい時期が続いたが、後半戦に入りようやく鋭い差し脚が戻ってきた。吉澤純平に天田裕輝と関東の機動型も豊富。今年ここまでにたまったうっ憤を終盤戦で晴らしたい。神山拓弥にとっても条件は同じ。むしろ勝ち上がれば栃茨で吉澤の番手もあるだけに、是が非でも勝ち上がりたい。吉澤は昨年大会でも決勝に勝ち上がるなど広島との相性がよく、天田も今年中盤から動きがよくなっている。一枚岩で結束できれば他地区にとっても脅威だ。悲願に挑む地元勢
 今年こそ。その強い思いを胸に松浦悠士、池田良は悲願の地元記念制覇に挑む。一昨年は竹内雄の逃げに乗った松浦だが原田研にまくられ決勝5着。昨年大会では準決勝で敗れている。その悔しさを晴らすべく、松浦はこの1年で確かな成長を遂げた。7月サマーナイトフェスティバルでは初めてビッグの決勝も経験。記念でもコンスタントに優出し、優勝争いに加わっている。グランプリ出場を決めた清水の欠場は痛すぎるが、今の松浦ならやってくれるはずだ。池田良も地元記念は一昨年に決勝3着、昨年は準優勝と着実に優勝に近づいている。乗り切れない近況ではあるが、鋭い差し脚は健在。地元記念に向けて、きっちり仕上げてくるだろう。
 今年は記念3Vの実績がある中川誠一郎も侮れない。持ち前のスピードは健在。ハイレベルなメンバーがそろい、レースが激しくなればなるほど、中川にはとっては好都合だ。
 小松崎大地、松谷秀幸も争覇級の自力型だ。小松崎は寬仁親王牌でG1初優出し、11月川崎では古性優らを破って優勝と近況好調。松谷も記念出場の機会が少ないだけで、11月取手記念の決勝2着など底力は健在だ。北日本勢は山崎芳仁、阿部拓真の追加参戦が決まり、なかなかの戦力になった。南関も桐山敬太郎の追加が決まるなど、ともに侮れない存在となっている。

開設66周年記念 ひろしまピースカップ

三宅 伸【岡山/64期/S1】

三宅 伸

 5月川崎の落車で2カ月近く実戦を離れたが、今は復調どころか落車前より調子を上げている印象だ。今シリーズも中四国の機動型は豊富。地元勢をアシストしつつ、ここもベテランの存在感を見せる。

鈴木 謙二【東京/97期/S2】

鈴木 謙二

 今期から積極的にバックを取る競走が増えている。大きな着も目立つものの、10月別府からは3場所連続で勝ち星を挙げるなど実戦で長い距離を踏む成果は随所に結果に表れている。穴党は注目の一車だ。

増原 正人【広島/98期/S2】

増原 正人

 今回は2年ぶり2度目の地元記念。今期序盤に落車が続き、状態はひと息の印象こそあるが、ここに向けてきっちりと仕上げてくるだろう。S級点もボーダーライン付近で色んな意味で結果を残したい大会だ。

新規会員登録

ロイヤルメンバーズサービス

エントリーはこちら

現在の払戻総額トップ

  • K3

    立川

    7270

  • K5

    立川

    2100

Dokanto!発売中

発売中

伊東競輪椿賞争奪戦

  • 62182200

    61917900キャリー

  • 10192800

    10054500キャリー

ページの先頭へ戻る