防府競輪 レース展望・推奨選手情報

2017年11月02日~2017年11月05日 レース展望・推奨選手情報

2017年10月20日時点の記事です。

開設68周年記念 周防国府杯争奪戦

 防府競輪開設68周年記念「周防国府杯争奪戦」が11月2日~5日の日程で開催される。S班3名を筆頭に強豪がそろったシリーズだが、注目は年末のグランプリ出場をかけた賞金レース。今シリーズも8位の諸橋愛をはじめランキング上位の選手が数多く参戦する。ランク9位の桑原大志も地元記念でさらに気合が入るところだ。なお、最終日9RにはS級ブロックセブンも開催される。

中部、近畿勢の争い

浅井 康太
村上 義弘
金子 貴志
諸橋 愛

 寬仁親王牌の初日に落車した平原康が欠場。それでもS班3名を中心にハイレベルなシリーズになることは間違いない。
 優勝争いをリードするのは中部、近畿の2大勢力だ。先の寬仁親王牌でも決勝に駒を進めた浅井康太、金子貴志の中部コンビ。今シリーズの中部勢には深谷知や竹内雄といった本格的な自力タイプこそ不在だが、ともに自力を兼ね備えており目標不在のメンバー構成も苦にしない。浅井の寬仁親王牌勝ち上がりは3日間番手、3番手を回ってのものだが、本人も口にしていたように仕上がりはよかった。金子は今期に入って自力のレースが増えており、自力のレース勘に不安はない。こちらも寬仁親王牌で好調を示唆。高い総合力で強豪と対峙する。
 対するは村上義弘率いる近畿勢だ。中部勢とは対照的にこちらは稲毛健太、松岡健介に野原雅也と機動型がズラリとそろっている。村上の17年は練習中のアクシデントも含め、怪我の多い年だった。8年連続のグランプリ出場へは競輪祭を優勝しなければ厳しい状況だが、ここで復調の手ごたえをつかんで勝負の競輪祭を迎えたい。機動型で一番点数を持っているのは野原だ。3連勝で優出した9月岐阜記念のあとはぎっくり腰で2場所欠場したが、復帰戦となった寬仁親王牌では一次予選を快勝。稲毛、松岡とそろって決勝に勝ち上がれれば、シリーズ最大の勢力になる。
 平原の欠場はあった関東勢だが、代わりに吉澤純平、さらに追加で天田裕輝も加わり、大きな戦力ダウンはなさそう。もちろん中心は諸橋愛だ。現在の賞金ランクは8位。グランプリ初出場は今シリーズ、そして競輪祭の結果で決まる。寬仁親王牌の準決勝で落車したが、幸い怪我は軽い。今期グレードレース3Vの鋭いキメ脚でここも優勝するようなら年末の大舞台へ大きく近づく。今年は落車続きだった吉澤だが、10月別府で優勝するなどその影響を全く感じさせない力強さ。天田も寬仁親王牌で2連対。今年中盤から調子を上げており、同じ33バンクが舞台なら期待できそうだ。
 地元の桑原大志にとっても大事なシリーズだ。賞金ランクは9位。下からの突き上げも激しく、まさに正念場を迎えている。それでも地元戦のアドバンテージは大きく、松浦悠士、太田竜馬に取鳥雄吾とスジの目標も豊富。地元エースとして活躍の条件はそろっている。
 中川誠一郎、山田英明に合志正臣と九州勢にも好メンバーがそろっている。中川は寬仁親王牌で2勝を挙げるなど復調気配。山田もシリーズ屈指の自在型として走りが注目される。9月函館で落車した合志はどこまで調子を戻しているかだ。
 他にも山中秀将、新山響平と力のある機動型は目白押し。防府の33バンクを舞台に激しいスピードバトルが繰り広げられることは間違いない。

開設68周年記念 周防国府杯争奪戦

伊藤 成紀【大阪/90期/S2】

伊藤 成紀

 9月共同通信社杯では4日間バックを取るなど、積極的な走りも見せつつ得意のまくりではしっかり結果を残している。今年はオールスター、共同通信社杯とビッグレースも経験。そろそろ記念でヒットを飛ばしたい。

山下 一輝【山口/96期/S2】

山下 一輝

 10月広島では中団まくりでS級初優勝を飾るなど調子は良好。地元戦の成績もよく、記念は過去3度の参戦で一次予選は2勝を挙げている。早い段階の追加なら準備万端で臨んでくるはずだ。

谷口 明正【三重/103期/S2】

谷口 明正

 落車が上昇を阻んでいる印象だが、9月平塚、10月小松島で優出するなど再び状態は上向いてきた。小松島の準決勝は高久保雄、佐伯辰らを単騎まくりで飲み込んだ。短走路のここも一発ありそう。

本気の競輪TV

いわきSNF

新規会員登録

ロイヤルメンバーズサービス

エントリーはこちら

現在の払戻総額トップ

  • K3

    名古屋

    70

K5

大垣 ヤマコウカップ・日刊スポーツ杯

  • 235900

    0キャリー

Dokanto!発売中

大垣競輪ヤマコウカップ・日刊スポーツ杯

  • 201664640

    0キャリー

  • 7134450

    7134450キャリー

ページの先頭へ戻る