防府競輪 レース展望・推奨選手情報

2019年03月15日~2019年03月17日 レース展望・推奨選手情報

2019年3月13日時点の記事です。

第8回 国際自転車トラック競技支援競輪

 防府競輪場を舞台に、国際自転車トラック競技支援競輪が、3月15日~17日の日程で開催される。今大会も第8回目。S班こそ不在だが、地元の桑原大志、小川真太郎、和田健太郎と強豪が参戦。113期生のトップに立ったばかりの地元のスーパールーキー宮本隼輔も加わって3日間、熾烈なV争いを繰り広げる。また、ガールズケイリンも同時に開催。高木真備、佐藤水菜、長澤彩、大久保花梨ら特別レースでも争覇級の実力者たちがシリーズの中心となる。

熾烈なV争い

桑原 大志
和田 健太郎

 S班が不在で混戦模様だが、桑原大志に期待。S班として戦った昨年はビッグでの優出はなし。しかしながら、9月岐阜で記念を初制覇など、随所で底力を見せた。その後は10月親王牌の落車で調子を落としていたが、2月奈良記念で1151着と3勝。二次予選では切り替えてからのまくり追い込みで新山響らから白星を奪取した。「自分のステージを考えた時に、外を踏めないと戦っていけない。今はそれが自分の中のテーマ」と先を見据えた走りで結果を出した。小川真太郎や河端朋之を好操縦し、地元の意地を見せる。小川は年初の平塚を完全Vとスタートダッシュに成功。その後も同月和歌山記念、2月の高松記念を優出と乗れている。全日本でも強気な走りで2勝と、ひとつステージを上げた印象だ。攻撃的な組み立てでライバルを圧倒しよう。河端は昨年の世界選手権ケイリンで銀メダルを獲得。さらに1月香港でのW杯でも銀メダルと世界の強豪達と互角に渡り合っている。競技と競輪とのギャップを克服できれば、強烈なダッシュでV獲りも十分だ。
 今年から自力への転向を宣言した和田健太郎。初戦平塚での準V以降は目立った活躍こそないが、奈良記念の最終日では井上昌らをまくって白星。今シリーズも桐山敬太郎との連係があってもなくても連候補から外せない。桐山は、1月立川記念を1524着。さらに2月静岡記念も優出と状態が上がってきている。自力、番手と任された位置で持てる限りの力を発揮しよう。
 近畿勢も粒ぞろい。中でも山本伸一は12月四日市記念で準V。その後も1月伊東を制すなど、俊敏な動きを見せている。他の機動型に松岡健介、援護陣も稲川翔、南修二と職人気質な面々がそろう。1枚岩で結束なら、本線にも十分対抗できる。
 関東は山岸佳太、牛山貴広の茨城勢が軸。山岸は先行基本の競走で着実に実力アップ。2月取手では逃げて川村晃らからVを奪取している。落車明けの牛山はまだ本調子とは言えないが、2月奈良記念で準決に進出と徐々に状態を戻している。
 自力兼備の荒井崇博やS級に復帰した島田竜二は、吉本卓仁、坂本健太郎らが優出なら勝機拡大。一発まくり脚ある佐藤博紀や、竹内智彦らの北日本勢も軽視禁物だ。

第8回 国際自転車トラック競技支援競輪

高久保 雄介【京都/100期/S2】

高久保 雄介

 昨年の夏から徐々に調子を戻すと、2月伊東では圧巻の完全V。全日本直前で上位陣は不在も、阿部拓らを後方からのロングまくりで一蹴した。さらに続く西武園も優出と好調を維持している。

宮本 隼輔【山口/113期/S2】

宮本 隼輔

 1月に9連勝でS級レーサーの仲間入り。初戦の当所でいきなり優出すると、続く2月松戸は132着。前々に攻める組み立てでヒットを飛ばしている。初めて参戦する地元のGレースでも存在感を示すか。

伊藤 信【大阪/92期/S2】

伊藤 信

 仕掛けがハマった時の威力は抜群。2月岸和田は無傷で優出すると、決勝は3コーナーからまくってあわやの準Ⅴ。同月佐世保準決勝は、打鐘の2センターからカマして別線を沈黙させた。一発には注意したい。

新規会員登録

ロイヤルメンバーズサービス

エントリーはこちら

現在の払戻総額トップ

  • K3

    岸和田

    38100

K5

岸和田 名輪会C石田雄彦記念杯S大阪C

  • 750

    0キャリー

Dokanto!発売中

松山競輪全プロ記念競輪

  • 17478750

    17253300キャリー

  • 5779500

    5610000キャリー

ページの先頭へ戻る