Kドリームス サポート

閉じる

伊東競輪 シリーズ展望・記者の推しメン情報

F1 ニッカン・コム杯

ドカント結果一覧

開催日:
初 日:
  • ライブ映像
  • 発売終了
2日目:
  • ライブ映像
  • 発売終了
最終日:
  • ライブ映像
  • 発売終了

2019年08月28日~2019年08月30日 シリーズ展望・記者の推しメン情報

2019年8月19日時点の記事です。

伊東競輪場F1シリーズ

外国勢がスピードで圧倒

シェーン パーキンス

 中心はやはりパーキンス、ボティシャーの外国コンビだ。パーキンスは今年7月を終えた段階で優勝4回。すべて外国勢の番手を回ってのも結果だが、たとえ自力でもそのスピードは健在だ。ボティシャーは失格した6月宇都宮決勝をのぞけば、今年ここまで連対を外していない。どういう連係になっても、この2人が圧倒的なスピードを発揮するだろう。
 外国勢に太田竜馬がどれだけ抵抗できるかが、今シリーズ見どころのひとつ。7月小松島記念で完全優勝するなど、スピードは日本勢では随一。外国勢のいるシリーズなら別線の警戒心も少なくなるはずだ。岩津裕介もキメ脚健在で、太田という好目標があるここはチャンスだ。
 石塚輪太郎が勝ち上がれば南修二、三谷将太と近畿勢は強力なラインが完成。東日本勢では戦法多彩な桐山敬太郎や神山拓弥、志村太賀のキメ脚が争覇圏内だ。

伊東競輪場F1シリーズ

藤木 裕【京都/89期/S2】

 誘導の早いペースにも慣れ、7月高松、8月川崎G3と連続優出。7月小倉では逃げて2勝を挙げるなど機動力も健在だ。

佐藤 雅春【宮城/94期/S2】

 ここ3場所連続で初日予選を突破するなど動きはいい。バック本数も増え、戦法も多彩。短走路のここなら大駆けが期待できる。

新規会員登録

ロイヤルメンバーズサービス

エントリーはこちら

現在の払戻総額トップ

  • K3

    岐阜

    3370

K5

岐阜 Kドリームス杯ガールズケイリン

  • 150

    0キャリー

Dokanto!発売中

高知競輪よさこい賞争覇戦

  • 15804600

    15804600キャリー

  • 3072750

    3072750キャリー

ページの先頭へ戻る