京王閣競輪 レース展望・推奨選手情報

F1 後閑信一杯&報知新聞社杯

2019年01月01日~2019年01月03日 レース展望・推奨選手情報

2018年12月27日時点の記事です。

京王閣競輪場ナイター

新春Vを飾るか吉田拓

吉田 拓矢

 今節の上位陣で仕掛け早い自力型は吉田拓矢しか見当たらない。最近の吉田は積極的なレースを演じている。競輪祭の準決は9着大敗も脇本雄を相手に果敢に逃げているし、12月四日市記念の準決は、最終ホーム過ぎに稲毛健を叩いて先頭に躍り出ると、完全マークの岡村潤を余裕で振り切った。このメンバーなら主導権を握って押し切るとみて本命視した。同県の芦澤大輔が吉田の後ろを固める。12月岐阜の初日特選は逃げ切った新山響をマークも3着など、やや詰めの甘さ見せることもある芦澤だが、相変わらず援護は手厚い。茨城ワンツーは十分だ。
 流れに乗って力強い走りを披露している松岡貴久も有力な優勝候補。直近5場所はすべてF1戦ながらオール優参して3V、準V1回と素晴らしい成績だ。逃げて連にからんでいるのも好調の証しだろう。好発進を決めれば単可能。
 駒数豊富な南関勢はどう出るか。千葉勢と神奈川勢が一枚岩になるなら怖い。

京王閣競輪場ナイター

庄子 信弘【宮城/84期/S2】

 前期はデビュー18年にして初のS級昇格。S級に慣れてきた後半は11月取手7721着、12月四日市2167着と記念でも活躍した。

中本 匠栄【熊本/97期/S2】

 まくりのスペシャリストと化していて、直近4カ月の連対は8割超がまくり。勝率が高く同格戦のみならず準決でも目が離せない。

新規会員登録

ロイヤルメンバーズサービス

エントリーはこちら

現在の払戻総額トップ

  • K3

    名古屋

    17850

  • K5

    名古屋

    1270

Dokanto!発売中

発売中

奈良競輪春日賞争覇戦

  • 203873250

    202452750キャリー

  • 894000

    832950キャリー

ページの先頭へ戻る