Kドリームス サポート

閉じる

岸和田競輪 シリーズ展望・記者の推しメン情報

F1 ニッカン・コム杯争奪SD賞

2021年12月31日~2022年01月02日 シリーズ展望・記者の推しメン情報

2021年12月28日時点の記事です。

岸和田競輪場 ニッカン・コム杯争奪SD賞

新たな戦いの始まりは岸和田から

稲川 翔
山田 庸平
取鳥 雄吾

 一年の計は元旦にあり、いや岸和田競輪では大晦日から年越しを跨ぐ、この開催から新期が始まる。地元の顔になるのは勿論、稲川翔。競輪祭を勝って、グランプリに出場する古性優作から刺激を受け、内に静かに闘志を燃やす筈。岡崎智哉、北川大五郎、福永大智ら若手のリーダー格として、新期の一戦に臨もう。
 2021年後半で大きく株を上げたのは山田庸平と取鳥雄吾だ。特に山田は寛仁親王牌優参と、兄英明に優るとも劣らない自在脚、勝負強さを示し、新たなコンテンダーとして認識される。取鳥はグレードレースで先行で押し切るほどパワーを増し、勝ち星を量産、自力型として一皮剥けた。この二人、新シーズンでどれだけ活躍するか楽しみだ。
 他に久々にGⅠ決勝の舞台に立った園田匠、それに追加で入った嘉永泰斗も西国勢の主力となるし、中部は金子貴志と名のある選手が近畿勢と火花を散らす。

A級1・2班5レース(3日制) (7車立)

仲野 結音【大阪/117期/A2】

仲野 結音

長距離を踏み抜くスタミナが持ち味。優勝を争えるレベルまで脚力を付けるが、今期はまだA級2班の格付け。初日は予選スタートとなり、実力的には1着の確率が高い。頭固定で買う本命党には嬉しい存在だ。まだまだ若く、伸びしろに限界点は見えない地元の上昇株に注目したい。

新規会員登録

ロイヤルメンバーズサービス

エントリーはこちら

現在の払戻総額トップ

  • K3

    立川

    31800

K5

次回 2022年1月29日

久留米 日本名輪会カップ戸上守杯

  • キャリーオーバー
    0

Dokanto!発売中

高松競輪玉藻杯争覇戦

  • 247950

    201300キャリー

  • 1876950

    1715100キャリー

ページの先頭へ戻る