高知競輪 レース展望・推奨選手情報

G2 第34回共同通信社杯

2018年09月14日~2018年09月17日 レース展望・推奨選手情報

2018年8月31日時点の記事です。

第34回 共同通信社杯競輪

 第34回「共同通信社杯」が今年は高知競輪場で開催される。先のオールスターを制した脇本雄に新田祐、渡邉一、深谷知のナショナルチームメンバーは不在だが、S級S班6名をはじめ強豪が一堂に集結する。また今大会は若手の登竜門ともいえるシリーズ。南潤、山崎賢人ら若手機動型の活躍にも期待がかかる。

戦力充実の関東勢

平原 康多
三谷 竜生
原田 研太朗

 平原康多、武田豊樹の2枚看板を軸に関東勢が優勝争いをリードする。ともにオールスターで落車しているが、大きな怪我はなさそう。ここまでには戻してくるだろう。平原はスピード競輪に対応すべくフレームや練習を見直した成果が弥彦記念、オールスターの走りに表れていた。武田もオールスターのドリームレースで平原のまくりを交わしている。昨年度覇者の諸橋愛は7月弥彦記念の優勝からようやく好転してきた。昨年後半のVラッシュもやはり弥彦から。ここから昨年の再現を見せたい。ナショナルチームメンバーを欠く他地区に対し、関東勢に戦力ダウンはない。吉澤純平、吉田拓矢に木暮安由と充実の戦力で他地区を圧倒する。
 近畿勢は三谷竜生、古性優作と脇本不在の穴を埋めるだけの機動型がそろっている。三谷は今年、ダービー、宮杯とG1を連覇。いずれも脇本の番手を回ってのものだが、自力でも優勝を狙える強さはある。古性も今年は全日本選抜、オールスターで優出と前々自在に戦歴は高いレベルで安定している。三谷、古性に稲垣裕之と個性豊かな機動型をたばねるのが村上義弘だ。
 中四国勢は原田研太朗を筆頭に若手機動型をズラリとそろえて他地区を迎え撃つ。4名が優出した3月ウィナーズカップからはビッグで苦戦が続いているが、地区別では最多の19名が参戦し、うち10名が自力タイプ。桑原大志、小倉竜二と追い込み陣にも実力者は多く、決勝まで数的優位を生かせれば。
 中部勢はオールスター決勝でも連係した浅井康太、竹内雄作が中心となる。ともに調子は上向き。現在賞金ランク4位の浅井はここで結果を出せればグランプリへ大きく前進する。
 少数ではあるが山田英明、中川誠一郎と九州勢は精鋭ぞろいだ。山田の自在戦に中川のスピード。さらにオールスターでビッグ初出場、初優出した山崎賢人の走りにも注目が集まる。
 ビッグレースでも存在感を増す菅田壱道。南関勢では郡司浩平が反撃の機をうかがう。

第34回 共同通信社杯競輪

飯野 祐太【福島/90期/S1】

 オールスターは一次予選で敗退と残念な結果に終わってしまったが、地元ビッグに向けて調子は上げてきていた。番手回りとはいえ今年3月のF1戦で優勝し、過去には記念優出もあるなど、高知の相性も良好だ。

柴崎 淳【三重/91期/S1】

 5月あたりから成績を落としていたが、「原因はわかってるし、修正できるようにやってきた」の言葉どおりオールスターでは2勝を挙げた。出足に切れが戻り、今シリーズも活躍が期待できそうだ。

新規会員登録

ロイヤルメンバーズサービス

エントリーはこちら

現在の払戻総額トップ

  • K3

    弥彦

    262050

  • K5

    西武園

    900

Dokanto!発売中

2018年9月27日(木)

青森競輪みちのく記念 善知鳥杯争奪戦

  • キャリーオーバー
    8699250
  • キャリーオーバー
    15185550

ページの先頭へ戻る