久留米競輪 レース展望・推奨選手情報

F1 KEIRINフェスティバル

2019年11月19日~2019年11月21日 レース展望・推奨選手情報

2019年11月11日時点の記事です。

久留米競輪場F1シリーズ

横一線の優勝争い

横山 尚則

 実力拮抗の優勝争いだが、横山尚則の機動力を中心視する。横山は今年前半には体調を崩し、6月小田原で落車と波に乗り切れなかったが、8月和歌山、9月取手で優出するなど着実に調子を上げてきている。9月向日町記念でも車体故障による落車があったが、幸い怪我は軽傷。昨年11月取手以来となる1年ぶりの優勝も狙える状態とメンバー構成だ。ベテランの稲村成浩もレース運びは堅実。9月向日町記念で落車した影響は気がかりだが、ここまでには時間があるだけに立て直してくるだろう。
 飯野祐太も負けてはいない。Gレースでは苦戦が続いているが、F1戦ではコンスタントに決勝に勝ち上がっている。北日本勢では渡部幸訓が乗れている。同県の飯野という好目標がある今シリーズはS級初優勝のチャンスだ。
 上位の機動型で唯一、直近の優勝があるのは高橋和也だ。大きな着も目立つが、優勝した10月取手のように勝ちパターンに持ち込めば強い。高橋が持ち味を生かせば同県の笠松信幸や柴崎俊光も優勝争いに加わってきそう。
 実績随一の海老根恵太だがスジの目標が手薄。嶋津拓弥が勝ち上がってくればチャンスはありそうだが…。

久留米競輪場F1シリーズ

山下 渡【茨城/91期/S2】

山下 渡

 今期はここまで6勝と同格戦を中心に勝負強さを見せている。横山尚に伊早坂駿と同県の機動型が豊富な今シリーズも出番がありそうだ。

新山 将史【青森/98期/S2】

新山 将史

 兄弟ワンツーを決めた9月青森記念以来、目立ったヒットこそないが成績は安定している。多彩な戦法を駆使して上位進出を目指す。

本気の競輪TV

新規会員登録

ロイヤルメンバーズサービス

エントリーはこちら

現在の払戻総額トップ

  • K3

    西武園

    80920

K5

西武園 テレ玉杯

  • 135450

    33000キャリー

Dokanto!発売中

広島競輪ひろしまピースカップ

  • 299610000

    295663350キャリー

  • 499050

    285600キャリー

ページの先頭へ戻る