Kドリームス サポート

閉じる

前橋競輪 シリーズ展望・記者の推しメン情報

2021年10月14日~2021年10月17日 シリーズ展望・記者の推しメン情報

2021年10月3日時点の記事です。

前橋競輪場 ドームスーパーナイトレース

ドームスーパーナイトレース(GⅢ)が前橋競輪場(YAMADAグリーンドーム前橋)でS級9レース、ガールズ3レースの計12レース制で、10月14日~17日の日程で開催される。S級S班の参戦こそないが、タイトルホルダーの仲間入りを果たした宿口陽一、スピード自慢の柴崎淳、アキレス腱断裂から復活した吉澤純平といった自力型がレースを引っ張り、地元からは稲村成浩、小林大介、天田裕輝、稲村好将、矢口啓一郎、佐々木悠葵の6名が迎え撃つ。そしてガールズ開催には東京五輪を終えた、小林優香が参戦して注目を集める。

高松宮記念杯(G1)を制した宿口陽一がシリーズリーダー

宿口 陽一
吉澤 純平

 吉田拓矢の捲りに付けて外を踏み込むと、イエローラインの上にVロードが重なっていた。豪快に突き抜けG1高松宮記念杯(岸和田)を制したのは宿口陽一。感動のG1初制覇から約4ヶ月。宿口が前橋ドームに参戦だ。平オールスターは二次予選敗退もシリーズ4勝。松阪記念では決勝に進出とG1制覇がフロックではないことを証明する活躍。今回はS級S班の参戦がないだけに、自ずと活躍に期待が集まる。
 今開催の関東二枚看板のもう1人は吉澤純平だ。アキレス腱断裂で4月から7月まで欠場を余儀なくされたが、復帰場所の函館サマーナイトフェスティバルこそ苦戦したものの、続く川崎G3ナイターでは優勝を飾り完全復活をアピール。宿口との前後はどうなるのか。いずれにしても2人の連係は強力だ。
 この関東ラインに挑戦状を叩きつけるのは柴崎淳だ。スピードは間違いなく輪界トップクラス。ダッシュ系の脚質はドームバンク向きなはず。中部、近畿の援軍は豊富とは言えないが、それでも柴崎の脚力があるのなら、必ずやV争いに加わってくるはず。

前橋競輪場 ドームスーパーナイトレース

佐々木 悠葵【群馬/115期/S2】

佐々木 悠葵

 5月に開催された前橋競輪 開設71周年記念三山王冠争奪戦では惜しくも準決4着で決勝進出はならなかった。もちろんリベンジに燃えての参戦だ。8月の平オールスター競輪(G1)で落車失格。そのダメージで1ヶ月半の欠場を経て復帰した松戸では1着1着で決勝に進出。決勝は単騎のレースとなってしまい、持ち味を出せず終いで6着。まだまだ組み立ては荒削りだが、それだけ底を見せていないパワーは伸びしろしかない。師匠の矢口啓一郎と同時参戦となったのはプラス材料だ。

松本 秀之介【熊本/117期/S2】

松本 秀之介

久留米、小倉、佐世保で3場所連続完全優勝を飾り6月にS級特別昇級。まだS級での優出はないが、予選は確実に突破するパワーの持ち主。徹底先行ではなく、流れに応じての仕掛けになるが、ドームではワンテンポ、ツーテンポ早い仕掛けが望まれる。前々に攻め込むレーススタイルはドーム向きと言えるはずだ。青森、久留米に続き3場所連続G3登場。もう9車立てのレースは慣れたもの?

本多 優【群馬/120期/L1】

本多 優

 スピードスケートから輪界に転身。適性出身のために自転車経験は少なく、実戦では苦戦を続けているが、ダッシュ力には非凡なものがある。まだ勝ち上がりでの1着はないが今回は地元戦。本格デビューの地でもある前橋は7着6着6着の苦いデビュー戦の思い出。今開催は必ずや活躍の場所としてくれよう。

新規会員登録

ロイヤルメンバーズサービス

エントリーはこちら

現在の払戻総額トップ

  • K3

    函館

    29920

K5

函館 楽天・Kドリームスカップ

  • 22720

    0キャリー

Dokanto!発売中

松阪競輪チャリロト杯 マックマッキー賞

  • 36493350

    35310300キャリー

  • 49350

    0キャリー

ページの先頭へ戻る