松山競輪 レース展望・推奨選手情報

F1 日刊スポーツ杯争奪戦

ドカント結果一覧

開催日:
初 日:
  • ライブ映像
  • 発売終了
2日目:
  • ライブ映像
  • 発売終了
最終日:
  • ライブ映像
  • 発売終了

2019年02月09日~2019年02月11日 レース展望・推奨選手情報

2019年1月25日時点の記事です。

松山競輪場ナイター

奈良の同期コンビに注目

中井 俊亮

 各地区に若手の機動型がそろい激戦ムードが漂うが、中井俊亮と栗山俊介の奈良同期コンビに期待したい。中井は、10月福井からのF1戦を9場所中7回、決勝に進出。さらに、好メンバーがそろった1月防府では、中川誠のまくりに乗って準Vの成績を残した。この良い流れのまま今回もV争いの軸となろう。栗山も近況は、持ち前の先行策で随所に連対を果たしている。年若い中井は冷静なレース運びとまくりが主武器で前後は微妙だが、両者で組めばやはり強力だ。
 昨年末のヤンググランプリに出場した竹内翼も侮れない。1月奈良の準決勝では、中井より先まくりを決めて白星を挙げている。今回は、1月別府を133着にまとめた筒井敦史を連れて、近畿勢に挑む。
 スジの援軍は手薄でも、山岸佳太や松岡篤哉の機動力は見逃せない。また、単騎は問題にしない野田源一の一撃や、北日本勢の軸となる竹内智彦も鋭い差し脚でV争いに加わりたい。

松山競輪場ナイター

市橋 司優人【福岡/103期/S2】

 まくりに構える場面が多かったが、1月大宮記念最終日に先行で2着に粘った。自信を付けた様子で、ここも大駆けがあるか。

伊藤 慶太郎【埼玉/107期/S2】

 今年からS級初挑戦。大きな着も目立つが、先行を貫いており、立川記念では2連対と奮戦した。ここも先手は譲らず見せ場を作る。

新規会員登録

ロイヤルメンバーズサービス

エントリーはこちら

現在の払戻総額トップ

  • K3

    名古屋

    19720

  • K5

    名古屋

    1270

Dokanto!発売中

発売中

奈良競輪春日賞争覇戦

  • 203892750

    202452750キャリー

  • 894150

    832950キャリー

ページの先頭へ戻る