小田原競輪 レース展望・推奨選手情報

F2 小田原コロナワールド杯

ドカント結果一覧

開催日:
初 日:
  • ライブ映像
  • 発売終了
2日目:
  • ライブ映像
  • 発売終了
最終日:
  • ライブ映像
  • 発売終了

2017年01月12日~2017年01月14日 レース展望・推奨選手情報

2016年12月30日時点の記事です。

小田原競輪場FⅡシリーズ

北勢が中心も激戦

中村 敏之輔

 実力拮抗したシリーズだが、中心は北日本勢か。ラインの先頭となりそうな井上公利が充実一途。11月川崎、12月前橋と連勝で決勝に勝ち上がっている。その井上と連係なら中村敏之輔がVに最短。落車に失格で今期はA級落ちとなってしまったが、昨年後半からは調子を戻し10月当所などF1戦での優出もあった。ここに佐々木省司も加われば強力な北日本ラインが完成する。
 本来ならシリーズをリードするはずの南関勢だが、伊藤彰規が乱調。9月に連続Vを飾ったころの強さが影を潜めている。ただ同県の旭啓介に実績最上位の和泉田喜一や山内大作と南関勢は追い込み陣の層が厚い。伊藤の状態さえ戻れば全く不安はない。
 関東勢はやはりS降りの北村貴幸が軸になる。S級では苦戦したが、ここなら勝ち負けを争える差し脚がある。12月大宮を途中欠場した川上真吾だが状態に不安はなさそうで、他地区の強豪に一矢報いるか。

小田原競輪場FⅡシリーズ

大泉 英則【宮城/89期/A1】

 11月西武園から5場所連続で予選を突破。12月前橋では決勝にも勝ち上がっている。差し脚は好調で、同県の井上公に金野俊と北日本の機動型が豊富なここもチャンスだ。

齋藤 和伸【埼玉/91期/A1】

 同格戦が中心とはいえ、2連対率4割の数字は魅力。10月川崎では菅谷隆のまくりを差して優勝の実績もある。同県の笠松将、埼京で川上真とスジの目標が豊富な点も強みだ。

金野 俊秋【岩手/92期/A1】

 11月伊東では三浦翔の逃げに乗って優勝。結果待ちではあるが、来期S級圏内へ大きくジャンプアップした。自力自在に勝ち星は多く、短走路も苦にしない安定感が魅力だ。

新規会員登録

ロイヤルメンバーズサービス

エントリーはこちら

現在の払戻総額トップ

  • K3

    名古屋

    98170

  • K5

    西武園

    7570

Dokanto!発売中

2017年2月25日(土)

四日市競輪被災地支援 泗水杯争奪戦

  • キャリーオーバー
    236470500
  • キャリーオーバー
    21556500

ページの先頭へ戻る