小田原競輪 レース展望・推奨選手情報

F1 日刊スポーツ新聞社杯争奪戦

ドカント結果一覧

開催日:
初 日:
  • ライブ映像
  • 発売終了
2日目:
  • ライブ映像
  • 発売終了
最終日:
  • ライブ映像
  • 発売終了

2019年09月29日~2019年10月01日 レース展望・推奨選手情報

2019年9月16日時点の記事です。

小田原競輪場F1シリーズ

地元Vに燃える和田真

和田 真久留

 好調時に比べると今一つの印象がある和田真久留だが、7月大垣記念は決勝進出、8月富山記念は優参外すも3日目、最終日と連勝していて、自慢のスピードは今節最上位だ。ビッグレースで存在感を示している実力者だけに、地元のF1戦で優勝を譲る訳にはいかない。大塚玲は差し脚が冴えていて、8月川崎G3では2128着と決勝に乗っている。和田にきっちり続いての地元ワンツーは十分。
 競走得点最上位は渡部哲男だ。今年は3月松山記念を含み3V、オールスターは21着で準決に駒を進めている。今節は小川真太郎の追加参戦が決まったのが何よりもの好材料。差し脚の鋭さには定評があるので、小川が後手を踏まなければ突っ込んできそうだ。
 先陣を受け持つ林慶次郎を坂本健太郎、新井秀明が援護する九州勢も侮れない。林はデビューから徹底先行で戦っていて、9月西武園の準決2着は逃げて山崎芳に先着している。林がタイミングよく飛び出すと波乱も。

小田原競輪場F1シリーズ

宿口 陽一【埼玉/91期/S2】

 最近は決勝に乗れていないが、8月川崎G3で1461着、同月京王閣291着、9月広島271着と連対は多い。同格戦で。

佐藤 龍二【神奈川/94期/S2】

 8月川崎G3では2334着と決勝に乗っている。今節は弟弟子の和田真久留がいるので、優参を目指し気合が入る。

本気の競輪TV

競輪祭

新規会員登録

ロイヤルメンバーズサービス

エントリーはこちら

現在の払戻総額トップ

  • K3

    立川

    38550

K5

立川

  • 52500

    40200キャリー

Dokanto!発売中

次回 2019年11月19日(火)

小倉競輪朝日新聞社杯競輪祭

  • キャリーオーバー
    230121900
  • キャリーオーバー
    25794600

ページの先頭へ戻る