Kドリームス サポート

閉じる

西武園競輪 シリーズ展望・記者の推しメン情報

2021年04月15日~2021年04月18日 シリーズ展望・記者の推しメン情報

2021年4月21日時点の記事です。

西武園競輪場 ゴールド・ウイング賞

 西武園競輪場開設71周年記念「ゴールド・ウイング賞」は、4月15日~18日の日程で開催される。今シリーズは地元の平原康多、守沢太志、和田健太郎のSS班3名をはじめとして高橋晋也、渡辺一成、吉沢純平、岡村潤、村上義弘といった好メンバーが揃う。地元勢からは宿口陽一、森田優弥らが大将格の平原をサポートしながら意地を見せたい。
なお、最終日の第6Rにおいて「ガールズ フレッシュクイーン」が一発勝負で行われる。こちらも注目だ。

地元大将の平原康多が主軸

守澤 太志
和田 健太郎

 昨年の70周年記念はコロナ禍の下、開催中止となったが69周年覇者の平原康多が連覇、及び4度目の西武園記念制覇へ突き進もう。1月の大宮記念に続き宿口陽一、森田優弥がサポート役を買って出て地元勢が大いに盛り上がりを見せよう。関東勢からは木暮安由、芦沢辰弘といった追い込み陣も揃い一致団結して強敵を迎え撃つ。
 ただ3月松阪G2で抜群のカマシを披露していた高橋晋也が元気。鋭い差し脚を武器とする守沢太志にとっては松阪G2決勝で高橋との連係を外してしまったリベンジの願ってもない機会。
 昨年チャンピオンの和田健太郎はまだまだ低空飛行が続くものの野口裕史らとの連係から浮上のキッカケを掴みたい。
 近畿の精神的支柱とも言える村上義弘も、3月大宮で通算500勝を挙げた盟友・稲垣裕之と共に底力発揮といきたい。
 今年前半戦の最大の見せ場とも言える5月ダービーを控える面々が数多く揃うだけに、誰にとっても弾みを付けたい大事な一戦となってこよう。
 

西武園競輪場 ゴールド・ウイング賞

森田 優弥【埼玉/113期/S1】

森田 優弥

 1月大宮記念決勝では平原康多の引き出し役となり9着に終わったが、その後のF1戦では3V。急成長のヤングパワーで、今開催は単なる引き出し役にはならない!?

ガールズ フレッシュクイーン

尾方 真生【福岡/118期/L1】

尾方 真生

 直前の小倉では初日はカマして2着に6車身差、2日目もカマして2着に大差を付ける圧勝劇。決勝は捲りを繰り出し2場所完全Vを達成。フレッシュクイーン戴冠へまっしぐら!

チャージで楽天ポイント3%還元CP

新規会員登録

ロイヤルメンバーズサービス

エントリーはこちら

現在の払戻総額トップ

  • K3

    函館

    3520

K5

函館 五稜郭杯争奪戦

  • 8770

    0キャリー

Dokanto!発売中

函館競輪五稜郭杯争奪戦

  • 18499650

    18426900キャリー

  • 635100

    619950キャリー

ページの先頭へ戻る