立川競輪 レース展望・推奨選手情報

G3 鳳凰賞典レース

2019年01月04日~2019年01月07日 レース展望・推奨選手情報

2019年1月2日時点の記事です。

開設67周年記念 鳳凰賞典レース

 今年も立川記念「鳳凰賞典レース」からグレードレースが開幕する。初のグランプリユニフォームを身にまとう清水裕友に、グランプリ準Vの浅井康太とS班は2名が参戦するが、注目は今年から変更される勝ち上がりシステム。初日特選が1個レースとなり、一次予選からS級上位選手が激突することになる。
 最終日9Rに行われるS級ブロックセブンには古性優作、芦澤辰弘が出場。新年から熱いバトルを繰り広げる。

主役は浅井康

浅井 康太
清水 裕友

 浅井康太が主役を務める。昨年後半のは抜群の勝負強さをみせ、10月豊橋記念からグレードレースを3連覇。競輪祭では7年ぶりのG1優勝を飾った。年末のグランプリは惜しくも準Vに終わったが、実力はしっかり示した。今シリーズの中部勢は上位の機動型が手薄だが、豊橋記念では4日間自力で戦うなど目標不在を苦にすることはない。今年は年頭からロケットスタートを決める。竹内雄作は成績の波が激しく、流れをつかめないまま昨年を終えてしまった感じだが、自分の形に持ち込んだときの末脚は強じん。勝ち上がってくれば浅井にとって頼もしい目標となる。
 昨年終盤に怒とうの快進撃を続けたのが清水裕友だ。共同通信社杯からビッグ3連続優出し、11月防府では地元で記念初優勝も飾った。実績的には他のS班にかなわないが、今もっとも勢いのある若手のひとりであることは間違いない。年頭のシリーズで強豪を相手にどんな走りを見せるのかに注目だ。
 関東勢では木暮安由も好調だ。立川は10月のF1戦で完全優勝を飾ったばかり。その後も競輪祭で準決勝に、四日市記念では決勝に勝ち上がるなど安定している。自力自在に戦っても十分に強いが、今シリーズは吉澤純平との連係が望めるだけに優勝のチャンスは十分にある。吉澤は競輪祭の3走目から3連対。続く広島記念でも優出するなど乗れている。ベテラン、神山雄一郎も競輪祭最終日の1着など、随所に鋭い切れをみせている。これだけスジの目標がそろったならチャンスはありそうだ。
 近畿勢は村上義弘が欠場したが、稲垣裕之は昨年終盤からようやく本来の力強さを取り戻していただけに、後半落車続きだった野原雅也ととも心機一転、新たな年のスタートを切りたい。
 北日本勢は寬仁親王牌でのG1初優出から進境著しい小松崎大地に底力ある山崎芳仁が追加で入った。南関勢は自力が豊富な利点を生かしたい。

開設67周年記念 鳳凰賞典レース

佐々木 孝司【青森/84期/S2】

佐々木 孝司

 前期、S級に復帰してからは白星を量産。9月青森、11月小松島では準決勝1着で決勝に勝ち上がっている。勝ちパターンがまくりという点も直線の長い当所向き。格上相手でも一発ありそうだ。

戸田 康平【香川/101期/S2】

戸田 康平

 もともと脚はある選手。戦う気持ちが戻り、9月青森記念では9223着と立て直しの兆しを見せていた。10月千葉記念の落車で上昇ムードに水を差された感はあるが、期も新たにここから攻めのレースを見せる。

新規会員登録

ロイヤルメンバーズサービス

エントリーはこちら

現在の払戻総額トップ

  • K3

    大宮

    49420

  • K5

    大宮

    21300

Dokanto!発売中

発売中

大宮競輪東日本発祥倉茂記念杯

  • 130342800

    129729900キャリー

  • 71492400

    70929150キャリー

ページの先頭へ戻る