伊豆ベロドローム, インフィールドツアー, 2024ジャパントラックカップ チーム楽天Kドリームス 応援バスツアー

選手エリアへ潜入!目の前に広がる別世界/「チーム楽天Kドリームス 応援バスツアー」in 2024ジャパントラックカップ

2024.05.17

2024年5月9日〜5月12日の4日間、伊豆ベロドロームにて行われた『JAPAN TRACK CUP*』。本大会最終日となる5月12日、『チーム楽天Kドリームス 応援バスツアー』が実施されました。

今回のバスツアーは、大好評の「伊豆ベロドローム バックヤードツアー」と、初開催の「伊豆ベロドローム インフィールドツアー」の2本立てで実施。

普段は「立入禁止」のエリアに特別に潜入させていただきました。現地ツアーの様子をレポートします!

『伊豆ベロドローム インフィールドツアー』とは?

太田海也

『2024 ジャパントラックカップ』が開催された伊豆ベロドロームは、最高水準(UCI国際規格)の設備を備えたベロドローム。そしてこのベロドロームには、「インフィールド」と呼ばれるエリアがあります。

2023ジャパントラックカップⅡ 女子オムニアム 内野艶和

「インフィールド」とは、バンク(走路)の内側に設けられた広いスペースのことで、選手たちがウォーミングアップ・クールダウンを行ったり、機材を保管・調整することができるエリア。このような性質上、関係者以外立ち入りは禁止されています。

今回初めて開催した『伊豆ベロドローム インフィールドツアー』は、選手エリアである「インフィールド」にお客様を特別に招待する企画でした!

目の前に広がる「別世界」

伊豆ベロドローム, インフィールドツアー, 2024ジャパントラックカップ チーム楽天Kドリームス 応援バスツアー

観客席から専用ルートを通って一度バンクの下に潜り込み、インフィールドに到着した参加者たち。

待ち構えていたのは、観客席とは全く別の視点から見る伊豆ベロドローム。

伊豆ベロドローム, インフィールドツアー, 2024ジャパントラックカップ チーム楽天Kドリームス 応援バスツアー

インフィールドから見た最大傾斜45度の板張りバンクは、いつにも増して反り立つ壁のように見えました。

2024ジャパントラックカップ 男子ケイリン 中野慎詞 小原佑太 太田海也 山﨑賢人

そしてその”壁”を何度も高速で走り去っていく選手たち。頭上を360度走り回る選手たちをカメラに収めるのは大変でしたが、今までにない角度からの撮影に大興奮でした。

伊豆ベロドローム, インフィールドツアー, 2024ジャパントラックカップ チーム楽天Kドリームス 応援バスツアー

「レース直前・直後」の選手が目の前に

2024ジャパントラックカップ 女子スプリント 梅川風子

「インフィールド」だからこそ見られるのは、別角度からのレースだけではありません。レース直前・直後の選手たちを目の前で見ることができるのも「インフィールドツアー」ならではの特権です!

決戦を控える選手が独り精神統一を行なっていたり、気合いをあらわにしてバンクへ入場していく様子。

2024ジャパントラックカップ 男子ケイリン 太田海也

レースを終えクールダウンしている選手や、チームメイトのレースを見守る選手の様子を間近で観られたのも今回の「インフィールドツアー」ならではでした。

熱戦の最中、板張りバンクの真下へ潜入

伊豆ベロドローム

『2024ジャパントラックカップ』でのバスツアーは、「インフィールドツアー」と「バックヤードツアー」の2本立て。2023年のジャパントラックカップにて初めて実施した「バックヤードツアー」が大好評だったため、今回も日本サイクルスポーツセンターの協力のもと開催しました!

伊豆ベロドローム バックヤードツアー

板張りバンクの真下に広がる「秘密のトンネル」への扉

ただし前回同様、伊豆ベロドロームのバックヤードは”極秘エリア”となっているため、撮影は一歳NG。まさにツアーに参加した人のみぞ知ることができる特別企画なんです。

そのためこのレポートでは「文字のみ」でその内容をご紹介します。

2024ジャパントラックカップ 女子ポイントレース 垣田真穂 内野艶和

今回のバックヤードツアーが実施されたのは大会最終日、女子エリートポイントレースの真っ最中。15人の選手がバンクを80周する過酷なレースの最中、バックヤードツアーの一行は、板張りバンクの真下に広がる暗いトンネルへ潜入していました。

2024 Japan Track Cup チーム楽天Kドリームス 応援バスツアー バックヤードツアー

バックヤードツアーの醍醐味の1つは、実施中のレースを”聞く”ことができるところ。頭上の数センチ先を何周にも渡って走り行く選手たちの轟音を堪能しました。

いつでもすぐに出動!伊豆ベロドローム専属の忍者部隊

2024ジャパントラックカップ 女子ケイリン 梅川風子 佐藤水菜

そしてもう1つ、今回のバックヤードツアーの注目ポイントは「バンク修繕方法」の解説があったこと。

あいにく『2024ジャパントラックカップ』は落車の発生数が多かった大会。落車の際に選手や機材が板張りバンクと強く衝突すると、表面に傷ができてしまいます。最速80km/hを超えるトラック競技では、微量な傷でもアクシデントの再発に繋がりかねません。

そこで頼りになるのが、伊豆ベロドロームの忍者部隊、日本サイクルスポーツセンターの職員さんたち。

『2024ジャパントラックカップ』でも落車が起こると、すぐさまバンクの状態をチェックし、必要に応じて修繕措置を実施。レースとレースの間には応急処置を施し、プログラム終了後にはパテなどで入念に修繕。最大45度の傾斜も忍者のように軽々登っていきます。まさに日本のトラック競技を支える職人技です。

職人技を目の当たりにし、その技が施された板張りバンクの真下を”忍者本人”の解説付きで探索。伊豆ベロドロームやトラック競技への興味関心が高まるツアーとなりました!

『2023ジャパントラックカップ』で実施された「第1回 伊豆ベロドローム バックヤードツアー」のレポートはコチラ

パリまで残りわずか!

2024ジャパントラックカップ 太田海也 小原佑太 山﨑賢人 中野慎詞 水谷彩奈 池田瑞紀 酒井亜樹 佐藤水菜 垣田真穂 岡本美咲 梅川風子 内野艶和

『2024ジャパントラックカップ』にて、豪華ツアーとともに開催されたチーム楽天Kドリームスの応援バスツアー。大会最終日にツアーが開催されたこともあり、全プログラム終了後には、チームメンバーが応援席に駆けつけてくれました。1人1人と握手を交わし、写真も撮影。ファンサービス満点の締めくくりとなりました。

2024 Japan Track Cup チーム楽天Kドリームス 応援バスツアー

『2024ジャパントラックカップ』はパリ2024オリンピック前、日本選手が出場する最後のトラック競技大会。2024年5月16日時点で、まだ日本代表メンバーは発表されていませんが、日本が獲得した暫定出場枠数を考慮すると、チーム楽天Kドリームスメンバーからの出場はほぼ確実。

パリの頂点を共に目指し、これからもチーム楽天Kドリームスを応援よろしくお願いします!

パリ2024オリンピックに向けたチーム楽天Kドリームスの特設ページはコチラ

NEWS

COLUMN