Women's Sprint Qualifying / 2021 Track Cycling World Championships, Roubaix, UMEKAWA Fuko(JPN)梅川風子

女子スプリント、梅川は1回戦敗退 次への糧に

2021.10.22

2021年10月21日、フランス・ルーベで開催中の『2021世界選手権トラック』、女子スプリント準々決勝までが実施。日本からは太田りゆと、チーム楽天Kドリームス所属・世界選手権初参戦の梅川風子が出場しました。

Women's Sprint Qualifying / 2021 Track Cycling World Championships, Roubaix, UMEKAWA Fuko(JPN)梅川風子

スプリントとは?

予選/200mフライングタイムトライアル→1回戦(予選9位~24位)→2回戦(予選トップから8位まではシード)→準々決勝(ここから2本先取)→準決勝→決勝

女子スプリントには、計24人の選手が出場。東京オリンピックの金メダリスト、ケルシー・ミシェル(カナダ)、2020年世界選手権のチャンピオン、エマ・ヒンツェ(ドイツ)、地元フランスの国際大会で表彰台常連のマチルド・グロなどが参戦しました。

梅川の挑戦

Women's Sprint 1/16 Finals / 2021 Track Cycling World Championships, Roubaix, UMEKAWA Fuko(JPN)梅川風子, VERDUGO OSUNA Yuli(MEX)ユリ・ベルドゥゴ

大会直前のインタビューでは「『経験』のフェーズは終わっていると思うので、存在感を世界に示す大会にしたいです」と語っていた梅川。

予選を11秒016、全体の17位で通過し、続く1回戦では予選16位のユリ・ベルドゥゴ(メキシコ)と対戦となりました。

Women's Sprint 1/16 Finals / 2021 Track Cycling World Championships, Roubaix, UMEKAWA Fuko(JPN)梅川風子, VERDUGO OSUNA Yuli(MEX)ユリ・ベルドゥゴ

残り1周を前に梅川が仕掛けたものの、この動きにしっかり反応したベルドゥゴの前に出ることが出来ず、1回戦で敗退の結果に。

Women's Sprint 1/16 Finals / 2021 Track Cycling World Championships, Roubaix, UMEKAWA Fuko(JPN)梅川風子, VERDUGO OSUNA Yuli(MEX)ユリ・ベルドゥゴ

レース後には

「自分なりの精一杯でしたけど力の差を実感した、という感じでした。

予選のタイムについては、同じトレーニングをしている太田選手が速く、自分は悪かったので、正直に結果を受け止めています。チームスプリントの影響もあったかもしれませんが、もう少し深く反省したいなと思います。

まだこれからスプリントの勉強をしたいと思いますが、自分のメンタルの持っていき方となど、今回の大会で学べたので、そういうメンタルの部分では少し良いものが得られたと思います」

とコメント。

Women's Sprint Qualifying / 2021 Track Cycling World Championships, Roubaix, UMEKAWA Fuko(JPN)梅川風子

世界選手権特設ページへ

NEWS

COLUMN