取手競輪 レース展望・推奨選手情報

F1 スポーツニッポン杯

2018年11月30日~2018年12月02日 レース展望・推奨選手情報

2018年11月16日時点の記事です。

取手競輪場F1シリーズ

地元Vは譲れぬ横山尚

横山 尚則

 実力互角のメンバー構成で優勝のゆくえは混とんとしている。ならば地元の横山尚則を中心する手だろう。横山は10月熊本記念in久留米1739着と優参、初日特選は新山響の逃げをまくった古性優をさらにまくって勝っている。自力で十分に優勝が狙える状態だが、メンバー次第では関東で金子哲大との連係もあるか。関東自力型のガード役は稲村成浩だ。直近4カ月は勝ち星こそ無いものの、親王牌2483着など堅実な走りを披露している。
 飯野祐太、伏見俊昭、渡部幸訓の福島トリオに阿部拓真を擁する北日本勢も怖い。飯野は9月共同杯の一次予選、親王牌でも敗者戦ながら勝ち星をゲットしている。その親王牌最終日に落車した後遺症があるのか、2場所欠場後の11月立川は動きが今一つだったが、体調さえ戻れば単可能。
 内藤秀久は10月西武園、平塚を連覇。位置取りは強気なのでスジの目標不在でも目が離せない。中井俊亮、近藤龍徳の中近勢にも注。

取手競輪場F1シリーズ

岡本 総【愛知/105期/S2】

 落車負傷で調子を落としていたが、10月豊橋記念は準決進出、11月富山251着と徐々に調子を戻している。上位戦でも軽視禁物。

吉田 昌司【茨城/111期/S2】

 S級では初の地元戦だけにハッスル必至。10月平から11月松戸まで予選は4場所続けて2着でクリア。今節は優参の期待がかかる。

新規会員登録

ロイヤルメンバーズサービス

エントリーはこちら

現在の払戻総額トップ

  • K3

    名古屋

    11400

  • K5

    名古屋

    31420

Dokanto!発売中

発売中

向日町競輪 名輪会カップ第28回中井光雄杯

  • 313067400

    313067400キャリー

  • 29278500

    29278500キャリー

ページの先頭へ戻る