取手競輪 レース展望・推奨選手情報

2019年06月01日~2019年06月04日 レース展望・推奨選手情報

2019年5月30日時点の記事です。

開設69周年記念水戸黄門賞

 取手競輪場開設69周年記念「水戸黄門賞」が6月1日~4日の日程で開催される。優勝争いをリードするのは充実一途の松浦悠士だろう。唯一人のS班となった村上博幸も強い責任感でV争いを演じる。地元勢は吉田拓矢、吉澤純平の機動型2枚で他地区の強豪を迎え撃つ。なお、最終日の9レースにレインボーカップA級ファイナルが争われる。

総合力高い松浦悠士

松浦 悠士
村上 博幸

 競技規則が一部改正となって初めて行われるグレード開催。仕掛けのポイント等レースが変わってくるのかも注目される。見逃せないシリーズは、松浦悠士がV候補の筆頭だ。今年は2月別府の全日本選抜でのG1初優出に始まり、3月大垣のウィナーズカップ、そして5月松戸の日本選手権とビッグで3場所連続のファイナル進出を果たした。先行から追い込みまで何でもできるオールラウンダーとして、完成の域に達している。今シリーズは変幻自在の立ち回りで混戦を断ち切る。池田良も松浦の番手なら力が入る。目立つヒットは見られない近況ながら、5月宇都宮記念でも2連対と自慢の差し脚は健在だ。格上の岩津裕介は今年に入って落車、失格が続いて流れが悪かったが、日本選手権で3度の確定板入り。調子、戦歴ともに上向いてきた。両者で連係実績豊富な松浦をアシストして、しっかりラインで決める。
 村上博幸は今年に入って記念2V。高いレベルで戦歴は安定している。スピード競輪に対応すべく、タテ脚を磨いた成果がしっかり出ている。村上が頼りにするのは山田久徳だ。最近は番手戦も増えてきたが、機動力に陰りはない。山本伸一は成績の波が激しいものの、力は見劣りしない。村上後位も三谷将太がガッチリと近畿勢もなかなかの布陣だ。
 地元勢は大黒柱の武田豊樹が欠場。しかし、後輩の機動型が代わりに奮起しよう。吉澤純平は2月全日本選抜で決勝3着と好走。その後はパッとしないが、地元記念に向けて仕上げてくるだろう。一昨年の67周年記念では地元記念初制覇。師匠の武田とワンツーを決めている。今年は吉田拓矢との連係が叶えば、番手回りからきちっと大役を果たす。調子を上げていた吉田は5月松戸ダービーで落車。同月宇都宮記念はその影響が残っていたが、地元記念までには立て直してこれるだろう。
 原田研太朗に小倉竜二、渡部哲男の四国勢も戦力は引けを取らない。原田は昨年、グランプリ出場の権利を最後まで争ったことで、精神的に大きく成長した。終盤戦はスランプに陥ったが、練習内容を見直して調子、戦歴ともV字回復している。小倉は2月全日本選抜で約8年ぶりのG1優出。その後も好調を持続している。渡部哲男は3月の地元松山で10年ぶりとなる記念優勝。昨年の大ケガから完全復活を遂げている。
 松岡貴久を筆頭に、中本匠栄、野田源一と九州勢は曲者がそろう。松岡は3月高松F1の落車からリズムを崩したが、4月川崎ナイター記念で久しぶりにらしさを発揮して決勝に進出した。5月平塚記念でも優出するなど流れは好転している。
 南関勢では和田健太郎、小原太樹の2人が競走得点110点を超えている。和田は自力勝負を交えた走りで奮闘している。小原は鋭い決め脚を武器に安定した戦いぶりだ。日本選手権でも3度の確定板入りを果たすなど、抜群の存在感を放っていた。

大阪トリオが中心

大石 崇晴

 最終日の9レースにレインボーカップA級ファイナルが行われる。このレースで3着以内に入ればS級特進が決まる。
 3車で結束する可能性が高い大阪トリオが総合力で優っている。大石崇晴、山本巨樹、松村友和の順で並ぶと考えるのが自然だろう。大石、山本の2人は来期A級予定で、勝負駆けのレースになる。好調な大石が自慢のスピードで山本とのマッチレースに持ち込もう。松村は3番手で援護に回る。
 小林泰正、藤原憲征の関東コンビも強力だ。来期はA級2班の予定の小林はここで決めたい。藤原は格上の決め脚を披露している。
 矢口大樹は直近4カ月の競走得点98点台とメンバートップだ。ここも攻めのスタイルは崩さない。

開設69周年記念水戸黄門賞

森田 優弥【埼玉/113期/S2】

森田 優弥

 埼玉のホープは順調に出世街道を歩んでいる。今年1月にA級で9連勝してS級特進。4月伊東トラック支援ではG3初出場で決勝進出を果たした。今シリーズも関東勢のけん引役として期待がかかる。

庄子 信弘【宮城/84期/S2】

庄子 信弘

 2年前にA級3班のチャレンジまで陥落したが、どん底から這い上がってきた。昨年7月にS級初昇格。不惑を迎えた今年は4月函館で待望のS級初優勝を飾った。まくり兼備のタテ脚に磨きがかかっている。

吉田 昌司【茨城/111期/S2】

吉田 昌司

 地元のホープはS級に上がって伸び悩んでいる印象だが、徐々に本領を発揮し始めている。5月前橋では今年初優出。準決勝はまくりで強豪を相手に金星を挙げた。初の地元記念でファンにアピールする。

新規会員登録

ロイヤルメンバーズサービス

エントリーはこちら

現在の払戻総額トップ

  • K3

    現在発売中のK3はありません

K5

次回 2019年6月22日

函館 五稜郭杯争奪戦

  • キャリーオーバー
    478500

Dokanto!発売中

小田原競輪ジャパンカップ・報知新聞社杯

  • 31522500

    31522500キャリー

  • 27550800

    27550800キャリー

ページの先頭へ戻る