取手競輪 レース展望・推奨選手情報

2019年06月13日~2019年06月15日 レース展望・推奨選手情報

2019年6月3日時点の記事です。

取手競輪場F2シリーズ

豊富な戦力誇る関東勢

 関東勢の戦力が充実している。ラインの核になるのは小林令だ。5月奈良の決勝は中団キープから力強くまくって、今年初優勝を飾った。決め脚は冴えている。今シリーズは先行力ある隅田洋介を目標に鋭く抜け出そう。その隅田も徹底先行のスタイルを貫き、高いレベルで安定している。ここもラインの先頭で攻めるのみ。土屋仁は地元のアドバンテージを生かして勝ち上がる。高橋昇平、平原啓多の埼玉勢まで加われば、ラインの厚みが増す。
 柴田竜史は今年に入って優勝3回。今期の競走得点は94点オーバーとメンバー最上位だ。ここは坂木田雄介とのタッグで勝機を見出す。
 北日本勢は棟方次郎に、三澤康人、開坂秀明らいぶし銀のマーカーがそろっている。

取手競輪場F2シリーズ

山崎 悟【茨城/92期/A1】

山崎 悟

 3月平塚で落車してからピリッとしないが、この地元戦に照準を合わせて立て直してくるだろう。地の利を生かして結果を出す。

菱沼 元樹【埼玉/111期/A2】

菱沼 元樹

 2班に上がってからやや伸び悩んでいる印象だが、徐々に力はついている。壁になっている準決勝を突破できるか。

本気の競輪TV

新規会員登録

ロイヤルメンバーズサービス

エントリーはこちら

現在の払戻総額トップ

  • K3

    岐阜

    16270

K5

岐阜 長良川鵜飼カップ

  • 327520

    303525キャリー

Dokanto!発売中

岐阜競輪長良川鵜飼カップ

  • 129964950

    129813600キャリー

  • 85493700

    85268700キャリー

ページの先頭へ戻る