Kドリームス サポート

閉じる

取手競輪 シリーズ展望・記者の推しメン情報

F2 サテライトしおさい鹿島杯

2021年03月11日~2021年03月13日 シリーズ展望・記者の推しメン情報

2021年3月8日時点の記事です。

常磐レジェンドカップ・サテライトしおさい鹿島杯

地元の佐藤礼を抜てき

佐藤 礼文

 12月広島のレインボーカップチャレンジファイナルで特別昇班を決めた佐藤礼文は今期ここまで4戦で優勝2回の活躍。1月当所の準決勝での落車はあったが、その後は2月川崎、当所を連覇しており体調の不安もない。1・2班戦の方が肌に合っている印象で、好メンバーがそろったここでもシリーズリーダーに抜てきする。5年半ぶりのA級戦となる石川裕二は、今期ここまで4戦全てで優出と力上位の存在。佐藤、山口翼と同県の目標が豊富なここもチャンスだ。武田亮も関東勢にとっては頼りになる機動型。2月伊東は同門の山本勝マークからの優勝だったが、自力でも優勝を狙える力はある。
 北日本勢には争覇級の自力タイプがそろっている。酒井雄多は昨年夏場に腰痛を発症。9月から2カ月近い欠場があったが、復帰後は優勝2回。優出を逃したのは一度だけと乗れている。昨年10月にチャレンジから特別昇班した坂本紘規。まだ1・2班戦での優勝こそないが、若手らしいスピードあふれるレースで決勝進出は多い。今期初戦の落車でひと息の感はある尾形鉄馬だが、北日本の機動型がそろったここで流れを変えたい。
 南関勢は調子を上げている関根健太郎の存在が頼もしい。今期はほとんど確定板を外していないし、仕掛けも積極的。関根、渡邉直弥とスジの後輩を目標にできる柏木伸介にも、もちろん勝機がある。

常磐レジェンドカップ・サテライトしおさい鹿島杯

樋口 瑛土【東京/109期/A1】

樋口 瑛土

 12月京王閣では展開にも恵まれたが、1・2班戦初優勝。2月西武園でも連勝で決勝に勝ち上がっている。タテ脚好調で、関東の機動型が豊富なここも出番がありそう。

相樂 修【千葉/78期/A2】

相樂 修

 1月当所では中団から鮮やかにまくって予選を快勝、続く2月西武園では決勝に勝ち上がっている。今シリーズも好調なタテ脚に注目だ。

競輪TV

新規会員登録

ロイヤルメンバーズサービス

エントリーはこちら

現在の払戻総額トップ

  • K3

    大垣

    70

K5

次回 2021年4月12日

宇都宮 報知新聞社杯

  • キャリーオーバー
    0

Dokanto!発売中

川崎競輪桜花賞・海老澤清杯

  • 380400

    376800キャリー

  • 4801800

    4760250キャリー

ページの先頭へ戻る