Kドリームス サポート

閉じる

富山競輪 シリーズ展望・記者の推しメン情報

F2 オッズパーク杯

2021年10月07日~2021年10月09日 シリーズ展望・記者の推しメン情報

2021年10月6日時点の記事です。

富山競輪場 オッズパーク杯

渡邉雅也と小笠原光が同期で激突!

小笠原 光
渡邉 雅也
堀 兼壽

 渡邉雅也はデビュー2年目の20歳。あの渡邉晴智の息子。昨年末のレインボーカップ1着で特別昇班を決めると、ここまでA級1・2班戦の優勝が5回(9月6日現在)。先行基本に直近の連対率は8割。同県の渡邉豪大には7月取手の決勝で前を任された。神奈川の植木和広はS降級組で点数上位だ。きっちり追走して好連係を決めるか。

 岩手の小笠原光は渡邉雅也との同期対決に意欲。渡邉より早く昨年10月に特別昇班した小笠原。カマシ捲りでA級上位戦の優勝はここまで4回。直近の勝率66%は今開催一番だ。小笠原の追走は前期S級の三浦翔大。三浦は7月富山で連勝の勝ち上がり。初日は飛び付いて直線強襲。準決勝は1周先行押し切りで決めた。

 飯嶋則之は今期19年ぶりのA級だ。8月富山の準決勝は競り勝ち2着で本領発揮。まだ大きい着が多いものの気力は十分。そんな飯嶋の前は馬場和広。馬場は7月の落車が心配。

 3年目の張野幸聖は前期S級で6勝をマーク。6月静岡の最終日は隊列後方の外並走から、もう一回踏んで捲り1着。降級の今期は初戦から7月地元和歌山V。8月佐世保の優勝も力上位の証だ。当地富山では昨年11月のA級戦で菊池岳仁とのモガき合いを制した。

 中部勢の中心は堀兼壽。4月松阪のA級戦では別線の藤井侑吾を捲って優勝した。7月には2場所連続Vを決めて点数急上昇の堀だが、富山との相性は今ひとつ。8月の欠場も不安材料。堀の援護は地元富山支部の2人。八日市屋浩之は前期S級でGⅢでの白星もあった。選手会支部長の宮越大は7月富山で3日間、橋本優己に付けて223着。今回は堀追走で交わしたい。

ガールズケイリン2レース(3日制)

太田 美穂【三重/112期/L1】

太田 美穂

 太田美穂が今年8月まで5度の優勝で才能開花。5月には初めてガールズケイリンコレクションに出走。打鐘過ぎから逃げて最終3コーナーまで風を斬った。7月前橋は東京の石井貴子との主導権争いに勝利して完全V。先行が持ち味の太田は中部地区の新たなエースだ。

新規会員登録

ロイヤルメンバーズサービス

エントリーはこちら

現在の払戻総額トップ

  • K3

    函館

    27370

K5

函館 楽天・Kドリームスカップ

  • 22570

    0キャリー

Dokanto!発売中

松阪競輪チャリロト杯 マックマッキー賞

  • 36303150

    35310300キャリー

  • 44550

    0キャリー

ページの先頭へ戻る