宇都宮競輪 レース展望・推奨選手情報

2019年05月16日~2019年05月19日 レース展望・推奨選手情報

2019年5月9日時点の記事です。

開設70周年記念 宇都宮ワンダーランドカップ

 開設70周年宇都宮記念「ワンダーランドカップ」が今年は5月16日~19日の日程で開催される。平原康多、浅井康太、村上義弘のS班3名に、ダービーで決勝に乗った菅田壱道、渡邉雄太、原田研太朗ら全国のトップスターが集結してのシリーズ。季節も身体が動く初夏を迎え、戦いは文字通りヒートアップしよう。
 なお、最終日6RではS級ブロックセブンも行われる

平原康が軸の関東勢!!

平原 康多
浅井 康太
中川 誠一郎

 平原康多が軸の関東勢が、全国各地から集った強敵を迎え撃つ。ダービーではまたも準決4着でビッグ優参に失敗した平原だが、戦前から話していた“松戸バンク攻略の難しさ”にハマっただけで、調子自体は4月武雄記念から着実に上がってきている。脚を使って中団キープから鋭くまくった初日特選の走りを見ても、主役を張るにふさわしい。いつも通り、吉澤純平、吉田拓矢を盛り立てながら抜け出しを図る。これまた例年通り、長島大介、金子幸央の機動型に、神山拓弥、神山雄一郎と役者をそろえた地元勢も黙っていない。今期は失格3回でA級陥落の危機が迫る神山雄は文字通り勝負駆けだ。
 今年は落車禍に苦しむ浅井康太は、ダービーでは二次予選の1勝のみ。本調子とはさすがに言えないが、戦える状態には仕上げてきた。大一番の後の中10日では大きな上積みは望めないものの、500走路という舞台はオールラウンダーぶりを発揮しやすいし、ダービーでは先行力を改めてアピールした竹内雄作を目標ならなおのこと走りやすい。やはり有力なV候補だ。
 見逃せないのが、中川誠一郎、北津留翼、園田匠と過去3大会の覇者が集った九州勢。中でも怖いのが中川だ。昨年大会では初日に上がり13秒1のバンクレコードを更新して勢いに乗ると、決勝もモツれる展開を豪快にまくった。ダービーでは短走路で流れに乗れず後方に置かれる展開で準決敗退に終わったが、この宇都宮なら快速ぶりを発揮できる。今年の全日本選抜を逃げ切りVの実力を示すか。
 村上義弘は、ダービー一次予選を逃げ切った南潤や、ダービーでも連係あった稲垣裕之と呼応してのレース。村上も2月の落車の影響を引きずった状態だが、ダービー二次予選は石塚輪の先行を利して1勝。南の先制有力なここも展開が向けば逃さない。
 キレ味鋭いタテ攻撃が復活し、ダービーでは決勝進出を果たした原田研太朗。二次予選を逃げ切り、準決は脇本に合わせてのまくりで2着と思う通りに動けていただけに一発ムードが漂う。ダービーでは負け戦ながら3勝の渡部哲男との四国コンビも侮れない。
 渡邉雄太もウィナーズカップに続き、ダービーでも優参と着実にランクアップを遂げる。近藤隆司、和田健太郎ら南関は千葉勢も戦力が整うが、ラインのけん引役として存在感を示そう。最近は冷静なレース運びが光っており、ダービー準決でも好位確保からのまくりで深谷知に迫った。
 菅田壱道、佐藤慎太郎はダービー準決に続いての連係。その準決は菅田が内に詰まる苦しい展開からかろうじて3着。佐藤は7着敗退に終わった。だが、最近の佐藤の差し脚のキレは半端ない。全日本選抜の準Vに止まらず、随所でゴール前強烈な伸びを披露している。66周年記念の覇者と当所は手の内に入っているし、あっせんが止まった4月を有効に生かした菅田が後手を踏まなければ一発怖い。

S級ブロック7

混戦も小林大介で

小林 大介

 ベテラン小林大介の首位獲りに期待だ。今年は年頭の奈良でいきなり優勝しているが、目標不発の展開から内をすくって抜け出したもので、俊敏な反応が光った。最近は決勝を外す場所も目に付くが、しっかり練習はできているなら心配はなさそう。自在に攻める櫻井正孝の動きに乗るか、7車立てなら自分でやっても面白い。櫻井も近況はピリッとしないが、毎場所連対があり戦える状態。今回の相手なら腹をくくって先行勝負も。
 高久保雄介-北野武史の中近勢は互角以上の狙い。高久保もここのところ決勝が遠いが、2月伊東で完全Vの脚は捨てがたい。タイミング良く仕掛けてスピードに乗ってしまえば、北野と決められる。
 好調な西田雅志の出方にも注目。

開設70周年記念 宇都宮ワンダーランドカップ

野口 裕史【千葉/111期/S2】

野口 裕史

 パワフル先行で売り出す注目の存在。仕掛けのタイミングを外した時のリカバリー力はまだないが、出切って自分の形に持ち込んだ時の破壊力は別格。準決を逃げ切った1月大宮記念に続くヒットはあるか。

河合 佑弥【東京/113期/S2】

河合 佑弥

 今年1月に特進を果たしたハイレベル113期勢軍団の一員。卓越したダッシュ、スピードで2月西武園、3月立川をともに113着などS級でもすぐに頭角を現した。初の記念参戦でどこまでやれるか。

伊藤 信【大阪/92期/S2】

伊藤 信

 4月佐世保ではドミトリエフ―パーキンスのロシア勢を中団先まくりで一蹴して優勝を果たす大金星。ムラはあるが、コンスタントに一発を見せており、ノーマークにするには怖い存在だ。好機に放つ一撃に警戒。

新規会員登録

ロイヤルメンバーズサービス

エントリーはこちら

現在の払戻総額トップ

  • K3

    名古屋

    14320

K5

和歌山

  • 7870

    5475キャリー

Dokanto!発売中

平塚競輪湘南クリーンサイクル杯

  • 45850500

    45850500キャリー

  • 666600

    666600キャリー

ページの先頭へ戻る