Kドリームス サポート

閉じる

宇都宮競輪 シリーズ展望・記者の推しメン情報

F2 Kドリームス杯

2022年08月06日~2022年08月08日 シリーズ展望・記者の推しメン情報

2022年7月30日時点の記事です。

宇都宮競輪場 Kドリームス杯

鈴木薫と鈴木謙二の東京コンビが本線

鈴木 謙二
飯田 辰哉

 前期のS級で優出の戦歴もある鈴木薫がシリーズリーダー。降級初戦の前橋は完全V、2走目の玉野は1着2着2着と6戦4勝、2着2回の圧倒的な戦歴を誇る。自力の脚を駆使して別線勢を翻弄する。
 鈴木薫を目標に逆転の差しを狙うのは鈴木謙二だ。鈴木薫とは東京同士。当然、番手は指定席。鈴木謙二の近況は追い込み主体に戦法をチェンジしていて、番手回りも何の不安はないだろう。
 飯田辰哉は3年半振りのA級戦。72期49歳のベテランは、S級では勝ち星に恵まれなかったが、A級では格が違うとばかりに、降級初戦の川崎準決で1着をゲット。いぶし銀の走りは健在。

A級3班 4レース(3日制)(7車立て)

大川 剛【青森/121期/A3】

大川 剛

 養成所順位は堂々の2位。大学まで自転車競技をやっていた即戦力ルーキーだ。本格デビューは地元の青森。1着2着で勝ち上がり決勝は1着とデビュー戦、しかも地元で嬉しい優勝。2走目の前橋は無傷で勝ち上がったが、決勝は3着に破れ悔しい思いをしたはず。今回、宇都宮で初の完全Vを目指す。

新規会員登録

ロイヤルメンバーズサービス

エントリーはこちら

現在の払戻総額トップ

  • K3

    宇都宮

    52120

K5

京王閣 トヨダビールカップ&スポニチ杯

  • 3600

    0キャリー

Dokanto!発売中

次回 2022年8月20日(土)

富山競輪瑞峰立山賞争奪戦

  • キャリーオーバー
    7152000
  • キャリーオーバー
    966750

ページの先頭へ戻る