Kドリームス サポート

閉じる

宇都宮競輪 シリーズ展望・記者の推しメン情報

F1 サンケイスポーツ杯・CTC杯

2022年08月17日~2022年08月19日 シリーズ展望・記者の推しメン情報

2022年8月5日時点の記事です。

宇都宮競輪場 サンケイスポーツ杯・CTC杯

参加メンバーを見渡すと東北勢が優勢

坂本 貴史
新山 将史
北井 佑季

 坂本貴史は中堅選手となり東北の若手機動型と同乗するときは番手回りを選択するが、今シリーズの勝ち上がりはメンバー的に自力でやることになりそうだ。だが、それでも問題なし。500バンクの宇都宮なら慌てることなく仕掛ければ、きっちり人気に応えそう。
 追い込みに戦法をチェンジして頭角を表してきたのは新山将史。目標がなければ、アグレッシブに番手勝負にいくなど、追い込み型としてさらなる成長を目指している。今回は同県の先輩・坂本貴史を盛り立てながらの走りになる。
 とにかく今シリーズは東北勢が充実。打倒・東北に期待したいのは、予選スタートながら北井佑季。Jリーグで9年間プレーしてから輪界に転身。32歳と年齢的には若くないが、自転車歴は浅く伸び代しかない。5月にS級特進を決めてからも走りは順調。持ち味である先行力を十二分に発揮して、別線勢を不発にさせたい。

ガールズケイリン2レース(3日制)

山口 真未【静岡/120期/L1】

山口 真未

 陸上(7種競技)からの転身で自転車歴は浅いが、自力のレースを基本に53点の競走得点を持つ。潜在能力は高く、トップクラスの仲間入りも可能。宇都宮は7月に走って3着、6着、2着。優出に失敗した上に勝ち星も挙げられなかっただけにリベンジに燃える。

新規会員登録

ロイヤルメンバーズサービス

エントリーはこちら

現在の払戻総額トップ

  • K3

    宇都宮

    54670

K5

京王閣 トヨダビールカップ&スポニチ杯

  • 4200

    0キャリー

Dokanto!発売中

次回 2022年8月20日(土)

富山競輪瑞峰立山賞争奪戦

  • キャリーオーバー
    7152000
  • キャリーオーバー
    966750

ページの先頭へ戻る