Kドリームス サポート

閉じる

和歌山競輪 シリーズ展望・記者の推しメン情報

F1 WBS和歌山放送杯

2022年11月07日~2022年11月09日 シリーズ展望・記者の推しメン情報

2022年10月29日時点の記事です。

和歌山競輪場 WBS和歌山放送杯

松岡 辰泰
中本 匠栄
石塚 輪太郎

競走得点の上位には九州勢がずらりと並ぶ今開催。和歌山バンクを乗っ取って美味しい所を頂いて帰りそうだ。エースを務めるのはパワーと勝負度胸を兼備する熊本の松岡辰泰だ。更に同県の切れ者中本匠栄や、自在戦の瓜生崇智も控える。福岡の坂本亮馬や、柳詰正宏はどうあれ熊本勢に任せる事になりそうだ。近畿は地元の石塚輪太郎と、京都の窓場千加頼が二枚看板。石塚は力勝負、窓場は横も使って活路を開く。四国勢を牽引するのは徳島の島川将貴だ。同県の先輩高原仁志や、湊聖二のガードを得て一気呵成に踏み込む。

和歌山競輪場 WBS和歌山放送杯

窓場 千加頼【京都/100期/S1】

窓場 千加頼

夏場の転倒事故で一頓挫があったが、復帰後はむしろ好調。今は勝ち星を量産中だ。軽快な捲りに加えていざとなれば飛び付きも駆使。自在戦を展開して地元の石塚輪太郎と共に遠征の面々を迎え撃つ。

新規会員登録

ロイヤルメンバーズサービス

エントリーはこちら

現在の払戻総額トップ

  • K3

    名古屋

    11470

K5

名古屋 中京スポ杯スピch×HPCJC

  • 18000

    0キャリー

Dokanto!発売中

高松競輪玉藻杯争覇戦

  • 12189300

    11645250キャリー

  • 1434600

    1214850キャリー

ページの先頭へ戻る