Kドリームス サポート

閉じる

四日市競輪 シリーズ展望・記者の推しメン情報

F2 ウィンチケット杯中京スポーツ賞

2020年07月13日~2020年07月15日 シリーズ展望・記者の推しメン情報

2020年7月6日時点の記事です。

四日市競輪場ミッドナイト

躍動感戻った大石崇

大石 崇晴

 「地区内あっせん」のため1、2班戦は中部、近畿勢のみ参戦する。
 落車負傷もあって調子を落としていた大石崇晴だが、ここに来て本来のスピードが甦ってきた。6月高知922着、同月名古屋142着と続けて2連対。名古屋の予選で神田龍らを相手に上がり11秒4の好タイムで逃げ切ったレースは力強かった。今の脚勢ならA級戦で主役の座は譲れない。同郷の原田隆も前期はS級の実力者。番手すんなりなら差し切りも。
 近畿勢では新鋭の張野幸聖にも注目したい。1・2班戦ではなかなか優勝に手が届かなかったが、6月富山121着では同期生の藤井侑らを撃破している。
 中部勢も山口聖矢、大谷靖茂らの機動型がいるので侮れない。

四日市競輪場ミッドナイト

山崎 光展【京都/93期/A2】

山崎 光展

 今期は2班に降班したが、6月福井の予選は脇本勇の逃げを差して勝っているように伸びは悪くない。準決でも軽視は禁物。

山田 隼司【岐阜/91期/A2】

山田 隼司

 マイペースに持ち込めたときはしぶとく粘る。ここのところほとんどの場所で勝ち星をゲットしており、同格戦は目が離せない。

新規会員登録

ロイヤルメンバーズサービス

エントリーはこちら

現在の払戻総額トップ

  • K3

    立川

    25500

K5

次回 2022年1月29日

久留米 日本名輪会カップ戸上守杯

  • キャリーオーバー
    0

Dokanto!発売中

高松競輪玉藻杯争覇戦

  • 246300

    201300キャリー

  • 1871250

    1715100キャリー

ページの先頭へ戻る