出走表詳細 名古屋G1 レース情報

2019年08月14日の開催レース情報一覧へもどる

名古屋競輪 オールスター競輪

  • LIVE映像
  • 発売
    終了

8R 出走表詳細(08月14日 初日)

ダイジェスト映像

予想担当記者
赤競 小山 裕哉
情報提供
競輪情報協会

捲り合戦

S級

発走予定
14:32
投票締切
14:27
勝ち上がり条件
1~3着は二次予選、以下は選抜

【誘導員】朝日 勇







選手名
府県/年齢/期別


ギヤ
倍数
直近4ヶ月の成績
競走得点 S B 1
2
3


2連
対率
3連
対率
16 1 1 近藤 龍徳
愛 知/28/101
S1 3.85 106.86 5 0 0 1 2 2 1 4 6 19 3.3 16.6 36.6
10 2 2 山崎 芳仁
福 島/40/88
S1 3.92 112.07 0 0 0 9 2 1 8 4 0 14 30.7 46.1 46.1
× 12 3 3 阿竹 智史
徳 島/37/90
S1 3.92 108.46 3 7 2 1 8 1 8 4 2 12 30.7 46.1 53.8
16 4 4 山中 貴雄
高 知/36/90
S1 3.92 106.00 2 0 0 1 2 1 3 1 4 13 14.2 19.0 38.0
14 4 5 大森 慶一
北海道/37/88
S1 3.86 110.32 5 0 0 2 5 2 5 4 5 14 17.8 32.1 50.0
16 5 6 高橋 和也
愛 知/33/91
S1 3.93 105.23 4 11 3 5 0 0 6 2 3 19 20.0 26.6 36.6
13 5 7 池田 憲昭
香 川/37/90
S1 3.92 111.10 3 1 0 1 6 4 6 5 2 18 19.3 35.4 41.9
16 6 8 神田 紘輔
大 阪/33/100
S1 3.93 105.48 2 0 0 0 3 3 1 5 3 20 3.4 20.6 31.0
16 6 9 高橋 陽介
青 森/37/89
S1 3.92 106.18 0 0 0 1 0 1 1 1 2 12 6.2 12.5 25.0
並び予想
6逃げ 1追込 8追込 2まくり 9追込 5追込 3まくり 7追込 4追込

※各項目トップの数値は赤字で表示されます。

レース評

大ギアで一時代を築いた山崎の自力脚は健在だ。番手はタテ脚兼備の高橋陽。阿竹-池田-山中の四国同期トリオも魅力。

天候 曇/風速 3.2m




選手名 着差 上り 決ま
り手
S

B
勝敗因
1 5 大森 慶一 11.6 3番手突抜
2 2 山崎 芳仁 1/4車輪 11.8 番手嵌交す
3 9 高橋 陽介 3/4車身 11.8 番手で伸欠
4 8 神田 紘輔 2車身 11.5 外踏落車避
5 6 高橋 和也 3/4車輪 12.4 B 援軍失って
6 4 山中 貴雄 大差 乗上げ落車
× 3 阿竹 智史 接触し落車
7 池田 憲昭 4角で落車
1 近藤 龍徳 S 斜行し落失

レースダイジェスト映像

ダイジェスト映像を見る
2

2=4
670円(3)
2

2=5
970円(4)
3

2=5=9
880円(2)


2=5
310円(3)
2=9
290円(2)
5=9
750円(11)
4-2
3,330円(15)
5-2
4,230円(15)
5-2-9
11,790円(38)

レース後記

レース後記写真

 阿竹智史を押さえて出た山崎芳仁が先行態勢に入るが、高橋和也も巻き返す。近藤龍徳が連結を外して、1車になった高橋を最終1センターで山崎が受けて追いかける。車間を詰めた山崎が直線の入り口で高橋をとらえると、大森慶一が中のコースをシャープに伸びた。前々回の平塚FIでS級初Vを飾り、今度はGI初勝利も挙げた。
 「山崎さんが頑張ってくれた。そのおかげで、自分にもチャンスがありました。GI(の1着)は初めてです。ホッとしました。ただ、必死すぎて後ろがどうなってるのかは、わからなかった(笑)」
 「むちゃくちゃ風が強かったけど、やるしかないなって」と、先行の腹をくくっていた山崎芳仁は、1車の高橋を受けて冷静な立ち回りでラインを上位独占に導いた。
 「(周回中に)中団を取ったんで、あそこで出させても(高橋)和也も駆けない可能性もある。(だから先行しようと思ってたけど)1車っていうのがわかった。合わせられたけど、1車ならと思った」

ページの先頭へ戻る