出走表詳細 広島G3 レース情報

2021年12月12日の開催レース情報一覧へもどる

広島競輪 ひろしまピースカップ

  • LIVE映像
  • 発売
    終了

12R 出走表詳細(12月12日 最終日)

ダイジェスト映像

予想担当記者
アオケイ 竹林 一彦
情報提供
リズム

地元連係

S級決勝

発走予定
16:20
投票締切
16:15
賞金
1着:3,810,000円、2着:2,480,000円、3着:1,651,000円、4着:1,097,000円、5着:1,001,000円、6着:905,000円、7着:819,000円、8着:744,000円、9着:683,000円

【誘導員】前反 祐一郎 S2







選手名
府県/年齢/期別


ギヤ
倍数
直近4ヶ月の成績
競走得点 S B 1
2
3


2連
対率
3連
対率
1 1 1 和田 健太郎
千 葉/40/87
SS 3.92 115.23 2 0 0 0 5 1 5 1 6 9 23.8 28.5 57.1
2 2 2 松浦 悠士
広 島/31/98
SS 3.92 113.76 1 3 0 3 5 2 5 5 4 11 20.0 40.0 56.0
× 2 3 3 野原 雅也
福 井/27/103
S1 3.92 113.89 2 9 2 4 1 0 6 1 1 11 31.5 36.8 42.1
3 4 4 大坪 功一
福 岡/44/81
S1 3.92 105.68 2 0 0 0 7 0 5 2 2 14 21.7 30.4 39.1
3 5 阿部 拓真
宮 城/31/107
S2 3.93 106.16 6 2 0 5 3 0 7 1 6 11 28.0 32.0 56.0
4 5 6 三登 誉哲
広 島/34/100
S2 3.93 99.83 0 4 3 4 2 0 8 1 1 14 33.3 37.5 41.6
3 7 阿竹 智史
徳 島/39/90
S1 3.92 109.38 3 2 1 0 7 0 7 1 2 11 33.3 38.0 47.6
3 6 8 池田 良
広 島/35/91
S1 3.92 104.40 4 1 0 1 3 3 1 6 3 11 4.7 33.3 47.6
3 9 町田 太我
広 島/21/117
S2 3.93 109.09 4 19 11 3 0 0 10 4 0 7 47.6 66.6 66.6
並び予想
5自在 1追込 9カマシ 2追込 8追込 6追込 7自在 3押え先 4追込

※各項目トップの数値は赤字で表示されます。

レース評

地元で主役の松浦が町田を再度使って勝利を引き寄せる。完全Vだ。池田−三登と続いて本線形成。野原や阿竹の混戦一撃も。

天候 曇/風速 0.5m




選手名 着差 上り 決ま
り手
S

B
勝敗因
1 2 松浦 悠士 11.4 S
2 9 町田 太我 1/4車輪 11.6 B
3 5 阿部 拓真 1車身 11.4
4 1 和田 健太郎 1車身1/2 11.4
5 4 大坪 功一 1車身 11.5
6 7 阿竹 智史 1/2車身 11.4
× 7 3 野原 雅也 2車身 11.9
8 6 三登 誉哲 3車身 11.9
9 8 池田 良 大差 13.2

レースダイジェスト映像

ダイジェスト映像を見る
2

2=6
140円(1)
2

2=9
190円(1)
3

2=5=9
3,460円(13)


2=5
1,080円(13)
2=9
140円(1)
5=9
2,610円(25)
2-6
160円(1)
2-9
230円(1)
2-9-5
4,580円(12)

戦い終わって

戦い終わって写真

 スタートで勢い良く飛び出した松浦悠士が前取りに成功。駆けられると厳しい別線は突っ張りを警戒して早めに押さえて、町田太我は後方に下げさせられる形に。打鐘手前で先頭立った野原雅也が先行態勢に入るも、町田は打鐘4コーナーからすかさず始動。最終バック手前で出切ると番手松浦が後ろ振り返って、阿部拓真が3番手に嵌ってるのを確認。睨みを利かせて計ったかの様に、ゴール前ハンドル投げで交しての優勝。地元の声援に応えて4連勝で地元記念を制した。「前からの作戦で本当は突っ張る予定だったけど、太我も引いた様な感じで挟まれる形になってしまって。結果的に後ろ2人には厳しい展開になってしまった。ワンツーは最低限で、太我にはこれを糧にして貰えたら。最後は阿部君が後ろにいたので中割られる可能性もあったし、ギリギリまで待ってハンドル投げで差すくらいの感じで踏みました。地元のお客さんの前で4日間1着で、最後に優勝する姿を見せられて嬉しい。この後はGPを控えてるが、ここに来る前にキツめに練習して来たので、キツめにはやらずに調子を整える感じで上向きで行ける様にしたい。もち論、優勝目指して。清水とワンツーなら最高ですね」。
 捲って2着の町田は「前から突っ張る作戦だったけど、相手の阿部さんが上手で自分が下手くそだった。カマシに行ったスピードが良くて優勝も夢見たけど、やっぱり後ろが強かったです。お客さんの声援が3割増しと良く言うけれど、その意味が良く分かった開催でした。この後はヤングGPがあるし、もっと地脚を強化して逃げ切れる様に引き続き練習をしっかりとやっていきたい」。
 中団からスイッチして地元ラインを追った阿部が3着。「位置取りが後ろからだったのは想定外。要所要所で動いて行ったけど、町田君のカマシは想像以上のレベルでした。あの位置から仕掛けられなかった。それでもやる事はやったし、相手が強かったです。3着での競輪祭の権利は上出来ですね」。

ページの先頭へ戻る