出走表詳細 広島G3 レース情報

2021年12月09日の開催レース情報一覧へもどる

広島競輪 ひろしまピースカップ

  • LIVE映像
  • 発売
    終了

12R 出走表詳細(12月09日 初日)

ダイジェスト映像

予想担当記者
アオケイ 竹林 一彦
情報提供
リズム

地元松浦

S級初特選

発走予定
16:20
投票締切
16:15
勝ち上がり条件
全員二予選へ

【誘導員】前反 祐一郎 S2







選手名
府県/年齢/期別


ギヤ
倍数
直近4ヶ月の成績
競走得点 S B 1
2
3


2連
対率
3連
対率
1 1 1 和田 健太郎
千 葉/40/87
SS 3.93 115.23 2 0 0 0 5 1 5 1 6 9 23.8 28.5 57.1
2 2 2 野原 雅也
福 井/27/103
S1 3.92 113.89 2 9 2 4 1 0 6 1 1 11 31.5 36.8 42.1
1 3 3 守澤 太志
秋 田/36/96
SS 3.92 116.92 0 0 0 1 3 3 4 3 3 4 28.5 50.0 71.4
2 4 4 中本 匠栄
熊 本/34/97
S1 3.92 111.85 0 0 0 0 3 4 3 4 4 10 14.2 33.3 52.3
2 5 松浦 悠士
広 島/31/98
SS 3.92 113.76 1 3 0 3 5 2 5 5 4 11 20.0 40.0 56.0
2 5 6 芦澤 大輔
茨 城/39/90
S1 3.92 110.85 5 1 0 1 5 5 5 6 4 5 25.0 55.0 75.0
× 1 7 山田 庸平
佐 賀/34/94
S1 3.93 115.95 2 6 4 5 2 0 7 4 5 8 29.1 45.8 66.6
2 6 8 村上 博幸
京 都/42/86
S1 3.92 111.13 9 0 0 0 6 3 3 6 5 10 12.5 37.5 58.3
2 9 渡邉 一成
福 島/38/88
S1 3.93 112.52 6 4 0 6 1 1 5 3 2 13 21.7 34.7 43.4
並び予想
5自在 1追込 2押え先 8追込 9カマシ 3追込 6追上 7自在 4追込

※各項目トップの数値は赤字で表示されます。

レース評

競輪は地元!松浦が変幻自在の立ち回りから首位へ。和田が続いてS級S班の好連係から。山田の捲りが単穴。守沢も怖いぞ

天候 晴/風速 0.5m




選手名 着差 上り 決ま
り手
S

B
勝敗因
1 5 松浦 悠士 11.7 追上げ一気
2 8 村上 博幸 3/4車身 11.9 番手前残り
3 1 和田 健太郎 3/4車輪 11.7 前に追付き
4 2 野原 雅也 1車輪 12.1 SB 先行保たず
5 4 中本 匠栄 1/2車輪 11.5 目標と後方
× 6 7 山田 庸平 1車身 11.5 煽り受けて
7 9 渡邉 一成 3車身 12.4 捲り不発で
3 守澤 太志 接触し落車
6 芦澤 大輔 落車巻込れ

レースダイジェスト映像

ダイジェスト映像を見る
2

4=6
1,000円(4)
2

5=8
3,020円(11)
3

1=5=8
2,220円(7)


1=5
200円(1)
1=8
1,300円(20)
5=8
540円(6)
4-6
1,750円(8)
5-8
4,000円(14)
5-8-1
13,360円(36)

戦い終わって

戦い終わって写真

打鐘3コーナーで先頭に立った近畿勢。ホーム手前から進撃開始の松浦悠士はホーム過ぎに、守沢太志との接触で失速するが、落ち着いて4番手を確保すると前の渡辺一成の動きを見つつ落ち着いてコースを見極めて、直線一気に突き抜け地元のファンの声援に応えた。「守沢さんとの接触は自転車ではなくて、太ももが当たった様な感じでした。だいぶスピードダウンしたが、あのまま行っちゃった方が良かったのかな。何とか1着取れたので良かった。久々に地元のお客さんの声援を受けて泣きそうになったし、帰って来たんだなと実感出来た。事故レースだったのであんまり喜べなかったが、明日も勝って喜びを爆発させたい。修正箇所はなくバッチリです」。
 野原雅也の番手で交しての2着は村上博幸。「雅也が前から進めたいとの事で、自分は何も言う事なく任せてました。前に付いた時よりもペース配分などが変わってて成長してるなと。自分の感触は良かったし、雅也の後ろで集中力が高まってましたよ。フレームも段々体と巧く合ってきた様な感じ」。
 和田健太郎は松浦マークで、踏み出し離れるも再度付け直して3着粘り込んだ。「今回新車で、ギアが合ってないのか踏んでる感じは良くなかった。明日はフレームを換えるかギアを換えるか考えたい。何とか前に追い付いて2着行ければ良かったんだけど、博幸さんは流石に差せなかったですね」。

ページの先頭へ戻る